円徳院



円徳院は豊臣秀吉の妻、北政所ねねが高台寺を建立した後、高台寺の三江和尚を開基に、木下家の菩提寺として開かれ、高台寺の塔頭とされました。
長谷川等伯の「冬の絵」始め数多くの襖絵があります。
巨大な岩がふんだんに置かれた北庭は必見です。(思わずロックガーデン!と言いそうになった。)

拝観 通常大人500円
高台寺・掌美術館・円徳院の共通割引拝観券は900円。

円徳院のホームページはこちら
ねねの道地図

三面大黒天・楽市ねね門前会・掌美術館



三面大黒天も美術館もお店もみんな円徳院の境内にあるのです。
お土産にも最適な京雑貨・菓子・お箸・漬物屋さん・コーヒー店などなど。
宇治茶やスウィーツで有名な祇園の都路里さんの高台寺店もここにあります。
2階には掌美術館、画廊、お食事処があります。

豊臣秀吉の出世守り本尊「三面大黒天」は大黒天、毘沙門天、弁財天の三つの顔を持った仏様です。秀吉は大名になる前からずーっと1回拝めば3つの効果があると三面大黒天を信仰していたそうです。この合理性が秀吉を出世させたと言われています。一粒300m!これは違うな。

ねね門前会のホームページはこちら




ねねの道から撮った掌美術館です。
高台寺所蔵の文化財や北政所の生活を彩った様々な蒔絵の調度品や絵画。特に蒔絵は美しい。

掌美術館のホームページはこちら
ねねの道地図

高台寺は見どころいっぱい。



豊臣秀吉の正室である北政所寧々(出家して高台院湖月尼)が秀吉の冥福を祈るため建立した寺院。とにかく見どころが多いです。
開山堂を中心に東西に広がる池庭は小堀遠州作。この方のお名前よく聞きますね。当時の人気ガーデンデザイナーだな、きっと。秋のライトアップ時にはまるで鏡のように紅葉が映ります。
ねねが秀吉を偲び月を眺めたという観月台。
龍の背に似ていることから名づけられた長〜い廊下の臥龍廊。
華麗な蒔絵が施された霊屋。
千利休の意匠による茶席で伏見城から移築された傘亭・時雨亭。
数年前に見た秋のライトアップをはまさに幽玄の世界でした。

拝観 通常 大人 600円 (掌美術館を含む)
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺、高台寺掌美術館、圓徳院)は900円。

高台寺のホームページはこちら




高台寺には南側から入るよりも寧々の道からこの階段を登って行く方が好きです。
ねねの道地図

寧々の道。道だから。



石畳とずらりと並ぶ人力車と京都市マークのマンホール。




マンホールついでに。
真ん中のマークは「京」の字をデザインした京都市章。
回りは「御所車」つまり牛車の車輪をデザインしたもの。

月真院



月真院は高台寺の塔頭のひとつです。
幕末に禁裏御陵衛士を拝命し、新撰組を離脱した伊東甲子太郎さん達がここに屯所を構えました。
衛士の皆さんは寝るときには刀をかかえて眠ったとか。また英語の勉強もしたり・・・って本当ですか。英語の勉強をしている藤堂平助をちょっと見てみたい。
油小路七条の事件で伊東甲子太郎等が新撰組に暗殺された後、御陵衛士は壊滅しました。
門前の立て札と石碑には「御陵衛士屯所跡」と書かれています。
また織田信長の弟、有楽斎が植えたとされる「有楽椿」があります。
通常、非公開です。


油小路本光寺(伊東甲子太郎絶命の地)

ねねの道地図


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM