とにかく石塀小路



京情緒が味わえるとっても風情のある石塀小路。
京都を背景にしたドラマなどでもよくロケ地として使われています。
雨でも雪でも桜の季節も、夏の日の打ち水も、とにかくオールシーズン、全天候型?いつ来ても京情緒! でもあまり大勢の人が訪れてしまうと、この風情が無くなってしまうような気がして・・やっぱりひっそりがいいです。


寧々の道から見た石塀小路入り口。ちょっと分かりにくい。
ねねの道地図

豆ちゃ



ジャンルとしては居酒屋さんかな。
数年前に訪れたのですが、居心地もお料理もサービスもとっても良かった。
お店の方も親切です。
しかも、敷居の高そうなお店が多い石塀小路の中なのに、お手ごろなお値段でした。

ねねの道地図
 

波ぎ


グラスギャラリー波ぎ
アクセサリー、グラス、花器などいっぱい並んでます。
工芸作家さんの作品が多く、春は桜、秋は紅葉と季節のガラス工芸作品にメッチャ感動。
通るたびに必ず覗いてしまうお店です。

ねねの道地図


波ぎ茶寮
和風モダンなこじんまりとしたお庭を通って店内へ。
このあたりにしてはお値段も安い方だと思います。ランチに最適。
個人的には、かやくごはん定食、お茶漬け定食がお気に入り。

波ぎ茶寮とグラスギャラリー波ぎのホームページはこちら


円徳院



円徳院は豊臣秀吉の妻、北政所ねねが高台寺を建立した後、高台寺の三江和尚を開基に、木下家の菩提寺として開かれ、高台寺の塔頭とされました。
長谷川等伯の「冬の絵」始め数多くの襖絵があります。
巨大な岩がふんだんに置かれた北庭は必見です。(思わずロックガーデン!と言いそうになった。)

拝観 通常大人500円
高台寺・掌美術館・円徳院の共通割引拝観券は900円。

円徳院のホームページはこちら
ねねの道地図

三面大黒天・楽市ねね門前会・掌美術館



三面大黒天も美術館もお店もみんな円徳院の境内にあるのです。
お土産にも最適な京雑貨・菓子・お箸・漬物屋さん・コーヒー店などなど。
宇治茶やスウィーツで有名な祇園の都路里さんの高台寺店もここにあります。
2階には掌美術館、画廊、お食事処があります。

豊臣秀吉の出世守り本尊「三面大黒天」は大黒天、毘沙門天、弁財天の三つの顔を持った仏様です。秀吉は大名になる前からずーっと1回拝めば3つの効果があると三面大黒天を信仰していたそうです。この合理性が秀吉を出世させたと言われています。一粒300m!これは違うな。

ねね門前会のホームページはこちら




ねねの道から撮った掌美術館です。
高台寺所蔵の文化財や北政所の生活を彩った様々な蒔絵の調度品や絵画。特に蒔絵は美しい。

掌美術館のホームページはこちら
ねねの道地図


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM