壬生寺 (壬生狂言と新選組ゆかりの寺院)

古くから京都三大狂言のひとつ壬生狂言や、新選組ゆかりの寺として知られている壬生寺を拝観しました。(京都三大狂言はほかに嵯峨大念仏狂言・千本ゑんま堂大念仏狂言)

 

表門正門) 寛政11年(1799)再建。

主柱と後ろに立つ控柱にも小屋根が乗る高麗門。(そう言えば蛤御門もこんな形だったなぁと調べてみれば、他にも金戒光明寺、島原大門も高麗門でした。が、何のことは無い、江戸時代以降多く築造された形式だそうで、普通に良くある門なのでしたがく〜

 

 

本堂  昭和45年(1970)に再建。

昭和37年(1962)に全焼し、本尊 地蔵菩薩像を含む多数の寺宝を失いましたが、新しい御本尊延命地蔵菩薩立像(重要文化財)が律宗総本山唐招提寺から遷され、昭和45年に落慶法要が行われたそうです。

 

 

本堂の少し側面から。とてもカラフルです。

 

 

千体仏塔  平成元年(1988)に壬生寺創建1000年を記念して建立されました。明治期の京都市区画整理の際に各地から集められた石仏です。室町時代からの阿弥陀如来像や地蔵菩薩像などちょうど1,000体がミャンマーのパコダのように円錐形に安置されています。

 

 

中院  壬生寺に残る唯一の塔頭寺院。洛陽三十三観音霊場第二十八番札所。現在の御堂は文政12年(1829)の再建で、鎌倉時代に作られた十一面観音菩薩が御本尊です。福寿無量のご利益があり健康長寿に霊験あらたかな観音様だそうです。

 

 

大念佛堂(狂言堂)  安政3年(1856)の再建。重要文化財です。

この建物の二階部分で壬生狂言が演じられます。 綱渡りをする「獣台」、演者が飛び込んで消える「飛び込み」など能舞台には見られない装置がある特異な建造物であることから、国の重要文化財に指定されているそうです。

壬生狂言⇒ウィキペディア

 

 

阿弥陀堂  平成14年(2002)の再建。現代の新しい建築で、阿弥陀三尊像(阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩)が安置されています。また地階には壬生寺資料室があり、寺宝や新選組関連の資料が展示されています。

新撰組隊士が合祀されている壬生塚はこの阿弥陀堂から入ります。(200円の入場料が必要でした。)

 

 

壬生塚は池の中島にあり、新撰組隊士のお墓や近藤勇の胸像があります。

左は芹澤鴨と平山五郎、真ん中は隊士7名の合祀されているお墓。右は 河合耆三郎のお墓(墓碑は河合の親族が建立)です。

 

 

 近藤勇の胸像。俳優の故・上田吉二郎氏によって建てられたものです。

局長〜! せっかくですから、横顔も。

 

 

左は一夜天神堂  嘉永5年(1852)の再建。「一夜天神」の名は天神・菅原道真が流罪になった時に、この地を訪れ一夜をあかしたという故事に由来しているそうです。学業上達のご利益。

右は弁天堂  明治27年(1894)の再建。本尊の秘佛・辧財天は、清水寺の延命院より移されたもので、子孫繁栄・金運上昇のご利益があるそうです。

 

 

左は水掛地蔵堂  堂内の地蔵菩薩(石仏)は江戸時代中期の作。水を掛けながら祈ると、一つの願いが叶うと信じられ、「水掛地蔵」と呼ばれています。

右は稲荷明神が祀られている、壬生川の地名に由来した三福川稲荷堂で、五穀豊穣・商売繁盛のご利益を伝えています。(ほかの三社は表門から本堂までの間にありましたが、この稲荷道だけは北門の近くにありました。)

 

壬生寺

三井寺の僧快賢が正暦2年(991)に創建した律宗の寺院。その後火災により堂宇を焼失。平政平によって正元元年(1259)再興され、中興の祖・円覚上人が悪疫駆除のため壬生狂言を始めたことから信仰が盛んになった。新選組ゆかりの寺でもあり、境内の壬生塚には新撰組隊士の墓塔が祀られている。

 

かつては兵法の調練場となり、砲術や剣術の訓練をしていた境内。(仏教は殺生禁断ですから、きっと迷惑なことだったでしょう。)そして、150年以上経った今は、老人ホームや保育園が建っています。

 

壬生寺のHPはこちら

Googleマップ

 


台風の後、少しだけ歩きました。

台風21号のあとで水際にある多くの草がなぎ倒されている状態、でもカモさんたちは元気に遊んでいました。

 

シンクロナイズドスイミングをするマガモさんのカップル?これはデュエットですよね。

 

随分水かさ増えたなぁなんて昨日橋の上から眺めていたら、オナガガモらしき影を発見したのです。もう渡ってきたのかな?と今日は水辺を少し歩きましたが、残念!出会えませんでした。でもでも、これから色々な冬鳥がやってきて、鴨川散歩が更に楽しくなりそうですニコニコ

 


佛光寺 繁華街にあって ゆっくりできる寺院です。

場所だけなら知っている佛光寺に初めて足を踏み入れたときは 広い!大きい!立派な伽藍!と、びっくりしながら横断しただけでした。それが先月のこと。

徒歩で行ける範囲に何十年も住みながら一度も行ったことがなかったなんて自分でも驚いてしまいます。今度はちゃんとお参りもさせていただこうとまた訪れました。

 

境内に入って驚いたのは、立派な伽藍だけでなく、この大きなイチョウの木。来月には黄色く色づいて、地面に色鮮やかな絨毯が敷かれるのでしょう。この木は平成11年秋に下京区民誇りの木に選定されたそうです。形も佇まいもすご〜く素適な銀杏の木です。

 

 

高倉通りです。この通りになんと4つも御門が並んでいます。

 

 

こちらは勅使門(左)と玄関門(右)。

玄関門は一番右(北)にあり、その隣に勅使門がありました。

 

 

御影堂門です。

 

 

阿弥陀堂の正面にある阿弥陀堂門(本堂門)です。

 

 

阿弥陀堂。御本尊 阿弥陀仏、聖徳太子像、法然上人坐像などが安置されています。

 

 

阿弥陀堂と大師堂は立派な廊下で結ばれていました。その手前にある枝垂桜も大変見事で、前述のイチョウと同じく下京区民誇りの木に選定されているそうです。来春にはこの桜の満開の姿を絶対見に来るぞ!

 

 

大師堂。親鸞聖人坐像などが安置されています。

 

 

自由にお参り出来るようでしたので、入らせていただいた大師堂は広く厳かな空間で、須弥壇は黄金のイメージでした。その中央に親鸞聖人坐像があり、上方の額に聖人の諡号(しごう)である「見真大師」の意でしょうか、「見真」と書かれていました。また、このときは気がつきませんでしたが、両脇壇には了源上人・前住上人の絵像が安置されているそうです。

 

 

大師堂の広縁。荘厳な雰囲気です。

 

 

2014年11月にオープンした「D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学」のセレクトショップ。もともとあった「和合所」を改装して作られたそうで、何ともレトロな雰囲気がする建物です。

 

 

調味料・お茶・陶器・ステイショナリー・風呂敷・工芸品などなど・・多種多様。

人口あたりの大学と寺院、アート系職人はとても多いと思われる京都市ですから、こういうコラボはもってこーい!みたいな?

 

 

同じく上記コラボの「d食堂」。畳敷きに低いテーブルと椅子、これがほっこりするんです〜。そして東側に御簾(みす)とお仏壇、さすがは寺カフェです。つい手を合わせたくなりましたが、それをこらえてラテをいただきました。

 

 

「d食堂」は朝の説法などに使用されている「茶所」を利用しています。

D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学のHPはこちら

またこの建物の周りで読書をされている方、談笑をされている方も多かったです。くつろげる場所なんですね。

 

本山佛光寺(真宗佛光寺派)

親鸞聖人が越後流罪赦免後、山科に草庵を結ばれたことを起源としている。
聖人在世当時、真宗の教えは関東に広がりを見せていたが、聖人没後南北朝時代に第七世了源上人が活動の拠点を京都に置き、西日本一帯の布教活動に力を入れた。
元応二年(1320)、寺基を山科から今比叡汁谷(現 国立博物館辺り)に移し、天正十四年(1586)には豊臣秀吉の懇請により、五条坊門(現在地)に移した。
京都の中心部に移転して400年余り、その間も多くの苦難に見舞われたが門末の念仏相続の御懇念によって仏光寺の法灯は守り継がれてきた。(駒札より)

 

佛光寺はほとんど繁華街という立地ですが、境内に入ればその喧騒はなく、のんびりと落ち着ける寺院です。この辺りを通ったらまたふらふらと足が向いてしまうだろうな。

 

佛光寺のHPはこちら

Googleマップ

 

 


台風一過 鴨川

台風の後快晴となった鴨川を少〜しだけ散歩しました。

北の空はほんまに快晴!

 

 

南はまだ厚い雲が頑張ってました。

 

 

増水してるなあ・・・と思ってるのかどうか。とりあえずボーッとしてるように見えるダイサギさん。

 

 

腰を下ろしたら何だか周辺が雲黒斎(ウンコクサイ・・)!唖然 まさかすぐそばにアレがあるのでは?と見回すとあちこちにギンナンが落ちてました。上の川端通りのイチョウ並木から、ここまで転げてきてたのですね。

 

 

(この画像はクリックで拡大します。)

四条河原町方面に行くときはいつも鴨川の遊歩道を行くのですが、ここしばらくは陽射しに耐えられなくて避けていました。歳をとったなあなんて思っているうちに、いつの間にかヒガンバナが咲いてました。そうこうしているうちに、冬の鳥がやって来ちゃいますね。

 

 


京都国際マンガミュージアム。漫画耽読!夢中になってました。

マンガミュージアムに行きたーい!って10年くらい思っていたのですけど、やっと重い腰が上がりました。

 

ここが入り口ね?。足を踏み入れると両側にカフェ!? ほんまにここからでいいんですか?

年齢制限無いよねぇ、オバサンは浮いちゃうかな?と恐る恐る・・。中に入れば私よりも高齢と思われる外国の方がいらっしゃいました!ひと安心ニコニコ

外国の方、多いですねぇ。しかも皆さん熱心なご様子で驚きました。

 

 

マンガミュージアムは旧小学校(龍池小学校)の校舎を活用しています。そのせいでしょうか、ちょっと歩けば床がギシッ!! うわっ! 鴬(ウグイス)張りか!?と驚いたら、そこらじゅうでギシギシいってました。これもレトロ感に一役買っている?唖然 

方向音痴の私にはこのミュージアムは迷路のようでしたが、各階に設置されている検索機?のお陰で何とかなりました。検索機は救世主です。大変お世話になりましたニコニコ

今となっては滅多にお目にかかれない古〜い漫画を読みふけることができて大変満足、800円の入館料(しかも当日に限り再入場可)で1日中楽しめそうです。

それから、トイレはすぐに見つかってオバサンとしてはありがたいですたらーっ

 

京都国際マンガミュージアムHP

Googleマップ

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM