五条坂 陶器祭りをぐるっと見てきました。

毎年8月7日から10日まで開催される 京都五条坂陶器まつりです。

 

五条通の北側歩道に並ぶお店です。

昼間はくら〜っとなるくらい暑いので、陽が沈みかけた頃に出かけました。それでも汗だくになる覚悟でしたけど、午後に一時雷雨があったせいか意外に涼しいです。

 

 

約40万人もの人が訪れ、出店数も約400店。見て回るだけでも楽しい陶器まつりです。

 

 

陶器まつりは若宮八幡宮の陶祖神様の祭礼から始まったと思っていましたら、五条坂陶器まつりのHPによりますと、大正9年(1920)、一級品として売れないものを六道珍皇寺の六道まいりに来られる大勢の方を目当てに陶器市を開き、安売りをしたのが始まりなのだそうです。昭和29年(1954)から若宮八幡宮の大祭となり現在に至っているということです。

 

 

五条通南側。こちらの歩道には若手の作家さんが多いと思います。素敵な器があるのですけどねぇ、なかなかのお値段で(^^; 

右側のこの塀は陶器まつりには全く関係ないです。ホテルでも建てているのでしょう。空き地が出来たな思ったらすぐに塀に囲まれてホテルやら、土地が狭ければゲストハウス等が建ってしまうのが今の京都、特に東山など観光地の現状です。(そういえば、この通りで塀が続く場所があと何か所かあったな。)

 

 

今夜は何も買いませんでした。というのは、お祭り初日でも、ゆっくり見て回っているうちに欲しいものが売れてしまっていたという経験を何度もして(何度もって、ほんまに学習しないオバハンだ)、今回は朝一番に娘が買ってきてくれました(*^^)v

 

陶器まつりは、8月10日まで。午前9時から午後10時までやっています。10時だって!夏の夜は楽しいわ。

五条坂 陶器まつりのHPはこちら

ブログ内関連記事(2013年の陶器まつり)はこちら

 


東山山頂公園 帰り道

前回記事のつづきです。(いい加減しつこいです。)

 

展望台です。街中は翳んで見えます。やっぱり空気が汚れてるのかな。

 

 

さあ、もう帰りましょう。ここから円山公園の方に下りるつもりです。

 

この先でも倒れている木を何回も見ました。昨年9月の大きな被害をもたらした台風から来月でもう1年。爪痕は残ったままなのですね。

 

お地蔵さまと道標。道標には 左 知恩院 四町 蛍が窟 参町 と彫られていました。

 

 

またまたお地蔵様。こちらはお花も飾られて綺麗でした。大分麓に近くなりましたから、何方かお世話をされているのでしょう。

 

 

山道に流れる細〜い川に架けてある橋(というより板)を渡って、少し歩くと突然現れた不思議な場所。大きな石碑には「法垂窟」とあります。「ほーたるのいわや」と読むそうです。(ほうたるじゃないのね。)さっき見た道標の蛍が窟 参町の「蛍が窟」のことでしょうか?距離的にも合うし。

 

 

通りかかっただけで写真もあまり撮りませんでしたが、気になったので後で調べてみました。ここは中国の僧 善導大師が法然上人の夢に現れ、専修念仏の道を説いたという伝承があり、また法然が法を説いた草庵跡、若き親鸞が六角堂で夢告を聞き、法然上人を訪ねた出会いの場所とも言われています。つまり浄土宗・浄土真宗にとっては大変貴重な場所のようです。

 

 

もう少し下って知恩院の鐘楼に出ました。

この後、知恩院の境内で夫の太腿が攣るという大変なアクシデントに遭いました;つД`)

 

道中たまたま撮影したキノコさんたち。

清水山の山頂に近い所にありました。

 

これは帰り道で。一瞬、金属でできてるのかと思った。

 

これも帰り道。赤くてキレイなすり鉢状。

 

 

円山公園に入ると満開のサルスベリの花が迎えてくれました。

 

 

小川もいつのまにか工事が終わって、水の流れがサラサラと気持ちいいです。

 

そして・・公園内でついに私の脹脛も攣ってしまいました(ノД`)・゜・。

動くの嫌いな夫婦が清水さんで予想外の大移動(普通の人では何でもない距離)をしたからでしょうか。い〜や、それが無くてもやっぱり攣ったと思います。だって2人とも恒常的に運動しませんから。坂道も滅多に登らないし。

たまたま携帯していた漢方薬、自販機のポカリスウェット、アクエリアス。あって良かった!

2016年の東山山頂公園(将軍塚)の記事はこちら

 

(この記事のカテゴリーは前回までと変わり円山公園・ねねの道〜にしました。)

 


東山山頂公園まで。

さて、気を取り直して、坂道を登りましょう。(前回記事のつづきです。)

 

前に来た時より何故か明るい山道だわと思ったら、木が少なくなってる?

 

 

そこかしこで倒木に出会うのは、昨年9月の台風のせいでしょう。

 

 

清閑寺山 石塔。(三年前の記事にも載せたなぁ。)

 

 

うわ〜!シンドイ、年取った!と言いながら歩いているうちに、そろそろ清水山頂上。(この画像も3年前と被ってる。)

ここまで来ても、ホーホケキョの声といっしょに道路を走る車の音が聞こえていました。以前はこんな所まで車の騒音は聞こえなかったと思うけれど・・。

 

 

お地蔵様を道中度々お見かけします。

前に来たときはお水やお花のお供えがあったと思いますが、今はお世話されてないようです。よし、この次来るときには持っていこう!この次っていつになるのか?それ以前に覚えていられるだろうか?と危ぶまれますが(^^;

 

 

清水寺に行く(下る)道は台風被害のため、通行止めになっていました。それで境内の登り口は閉鎖されていたのかしら?

 

 

通る度に気になるこの東屋。道から奥まった場所にあって、そこまで行きにくいです。使われることがあるのかな。

 

 

貯水池脇のこの階段を上っていきます。

 

 

この石碑が見えると山頂公園まであと少し。この碑については→(いしぶみデータベース)

 

 

着きました。あの柵の向こうは東山山頂公園!

 

 

何もないところですけどね。

 

 

右の平らな地面はヘリポート。

傍の東屋でコンビニのおにぎり🍙食べました。

そういえば、3年前もおにぎりだったなぁ。変化がないのね、ヨボヨボになった以外は。

2016年の東山山頂公園(将軍塚)の記事はこちら

 

Googleマップ

 

せっかく来たのだから、展望台から景色を眺めて帰るとしましょう。

 


東山山頂公園へ。しかし清水寺でうっかり。

(前記事のつづき) 大谷本廟で蓮の花を観賞した後、東山山頂公園へ。

清水さん境内にある自主神社脇の登口から行くのが一番早く楽なのではないかと、清水寺へ向かいます。

五条通を約1.2km東へ歩いて、まずはここから→(写真撮り忘れちゃったからストリートビューで)。この長くて急な階段を上がります。

大谷本廟から清水寺へ行くのに何でこんな遠回り?普通に五条坂を上がればすぐに着くのに・・なんですけどね、拝観料無しで境内に行きたいので(^^;

 

間もなくこんな道標群。このまま左にずっと進むと清水寺にたどり着きます。

この先に登山口があるのですけど、それはスルーして自主神社脇にある清水山登り口を目指して歩きます。

 

 

もう清水さんの境内に入ってます。

 

 

子安の塔。

 

 

奥の院へ向かう道から、三重塔や舞台など伽藍が並ぶ方を撮りました。

 

 

景色は良いですけど、空気は汚れてますね。霞んでる。

 

 

音羽の滝のずっと上の方。湧き水?と滝の接続ポイントらしいです。

 

やっぱり清水寺はいいな・・ルンルン♪と外国の方に紛れて観光客さん気分になっていました(境内では日本人を探す方が難しい)

しかーし!自主神社まで行くと、登山口が閉鎖されていました!うっかりしていたなあ。こんな道標があるのに〜→(いしぶみデータベース)。でも閉鎖。閉鎖は閉鎖(ノД`)・゜・。

 

 

結局元に戻って、最初の登山口から行くことになりました。。。_| ̄|○ (今回ここ撮り忘れたので、3年前の記事から)

 

この無駄な歩行が、運動を嫌うおじーさんとおばーさんの筋肉に後々響くことになりました。

 


大谷本廟の蓮(先月の末だけど)。

先月の末、やっと大谷本廟の蓮の花を見に行きました。(しょっちゅうこの辺りを通っているのに、やっと?って・・。)

入り口の池の蓮。もう時期は終わりかけてる感じでしたけど、まだ綺麗なものもありました。

 

 

仏殿近くにある噴水に、綺麗なお花が浮かべられていました。花噴水--お供え頂いたお花でお飾りしております。と書かれていました。最近は手水舎などでもお花がうかんでいるものを良く見かけます。

 

 

こちらは仏殿北側の蓮池。蓮は午前中に花開き、午後は閉じてしまうそうですから早めに来ました。が、ほとんどもう咲き終わってシャワーヘッド状態。時間ではなく、時期が遅かったようです。

 

 

少々出遅れて悔しかったのですけど、それでも可愛いツボミはまだ幾つかありましたよ。いくつか・・。

 

Googleマップ

 

この後、常に運動不足の私たちが東山山頂公園まで登って、大変シンドイ思いをしました(;´・ω・)

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM