法住寺節分会

先週から(私の行動範囲では)交通渋滞もなく、乱立するゲストハウス周辺のスーツケースをひくガラガラ音も無い、静かな日常です。まあ、あれの影響で。

久しぶりに街が空いてる〜と喜んでも、このご時世にあちこち出かけるほどの元気も勇気もなく・・で、徒歩で行ける法住寺さんの節分会に行ってみました。

 

「節分会」で山門の周りも賑やかです。

 

 

皆さん、近くのお店の厄払いからお帰りになった模様です。

 

 

本堂前の沢山のお供えと、護摩壇。ここで「開運・厄除け」星まつり採燈大護摩供が行われます。

 

 

先斗町の舞妓さんがいらして、つきたてのお餅を丸めて下さいます。優雅な所作で、もちろんべっぴんさんで、カメラを向ける方続出。

このお餅はおぜんざいに入れられて、参拝者に振る舞われました。また境内では甘酒の提供もありました。甘酒もぜんざいもメチャ美味しかったです(しっかり両方いただいている。(^^;)

 

 

お餅丸めのあと、場所を変えられる(休憩に行かはるのかな?)舞妓さん。

昼間そんなり(普段の着物姿)の舞妓さんとすれ違ったりすることはありますが、お仕事の姿を至近距離でお見かけすることはあまり無いので、ちょっと嬉しかったです〜(´▽`)

 

 

本堂前で鬼が整列?この後、鬼法楽が行われ、豆まきで鬼が退散。

豆まきでは舞妓さんや山伏さんが小袋入りの福豆を撒かはります。それがあられのように降って来ましたから、オバサンでも難なく大量にキャッチ。いや、ありがたや!

美しい舞妓さんのすぐ下にむくつけき鬼写真を貼ってしまった(ノД`)・゜・。

 

 

護摩壇に点火する前に、四方・中央・鬼門に向かって矢を放つ弓の儀式です。

 

 

ご住職の読経。その後点火されます。

 

 

それはもうモクモクと。これは多少治まってますけど、もっともっと凄かったです。

 

 

もうそろそろ終わる頃でしょうか。

まだ見ていたかったのですが、時間が無くここで境内を後にしました。

 

 

 

以前(2016年)の法住寺の記事→

東山七条周辺の地図

Googleマップ

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM