建仁寺潮音庭の紅葉。充分間に合いました。

11月の下旬には紅葉狩りに嵐山とか西の方にたくさん行こう!ってはりきっていたのに。

その下旬に風邪をひいて約半月、人混みは良くないのでほぼ引きこもりの生活を余儀なくされていました。そんなこんなでやっと治りかけた今、もうシーズンほとんど終わっちゃってるやん。せめて近くにまだ見頃のところは無いかいなと思い巡らすと、ありました!建仁寺。

 

潮音庭。美しい紅葉でした。実は、潮音庭でまともに撮れたのはこの1枚だけなんです。だから1番上に(^^;。

 

 

八坂通り沿いの勅使門。いつもこの脇の入り口から境内に入って、ショートカットさせてもらってます(拝観もたまには・・)

この八坂通りは東の方向に行くとほぼ突き当りに八坂の塔があります。

 

 

望闕楼と名付けられた三門です。

境内のモミジは(たまに過ぎてるものもありますが)今が見頃という状態。松の緑と真っ赤なモミジ、非常に鮮やかなコントラストです。

 

ぐるっと境内を一回りした後、本坊から上がって拝観しました。どこでも撮影OKの建仁寺さんですが、今回の目的は"紅葉"でしたので室内はあまり撮っていません。

東側の柱に「◯△□乃庭」と名称が書かれた札が付いていましたので、この画像に貼りつけておきました(大きなお世話?)。◯△□は図形なのか記号なのか。前にも書いたけど、キーボードで打てる範囲で良かったわ〜。因みに建仁寺公式サイトの英語ページでは[◯△□Garden]とありました。やっぱりね。だよね。

わたしも「∴∞」乃庭とか、「(´・ω・`)乃庭」とか造りたい・・・。

 

 

潮音庭。これから見頃になりそうです。このお庭の紅葉は遅いので、12月半ばでも充分間に合いました。

 

 

もうそろそろシーズンオフだし、今日は平日だから と思っていましたが、拝観者の多さは予想外でした。

やはり眺めの良い所は多くの方がいらしてなかなか・・って、ヘタな写真はそのせいではありません(すでに言い訳(^^;)

 

 

苔色とか欝金色、緋色などと書いたらいいのかな。とにかく日本の色。(そういえば和の色ってもの凄い数ですね。よう知らんけど。)

 

 

方丈の北にある納骨堂付近の様子です。

 

 

方丈の南から西にぐるりと続く大雄苑。こちらは西側。

上の方の右にある塔は織田信長の供養塔だそうです。

 

 

大雄苑 南側。

唐門の後方に建つのは法堂です。

 

 

大雄苑 南側。法堂に渡る東側の廊下から撮っています。

ゆっくり拝観していましたら、もう夕方になっていました。

 

半月以上も何所にも行けなかったなんて、なんてしつこい風邪なの!?(年齢のせいではないよね。)

それにしても、今年も定番の徒歩圏内で済ませたのね(ノД`)・゜・。

 

以前の建仁寺の記事

2016年3月→ 2014年5月→

 

建仁寺のホームページはこちら

Googleマップ

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM