泉涌寺 御座所拝観

ずーっと塔頭巡りをして、最後に総本山の御寺泉涌寺の記事です。

何回か境内を訪れてはいるのですが、今回初めて御座所を拝観しました。

 

泉涌寺といえば伽藍に向かって下がっていく、定番のこの風景。

 

 

楊貴妃観音堂

 

 

仏殿

 

 

舎利殿

これより上の画像については前回(と言っても5年前だけど)の記事に載せていますので省略します。

 

 

この塀の向こうが御座所です。こちらから入りまして、寺務所の入り口で拝観料300円を納めます。

御座所とは、皇族が御霊、霊明殿へご参拝される際に、御休息されるための場所です。

現在の御座所は明治15年(1882)に炎上した霊明殿の再建に合わせて、旧御所のお里御殿を明治17年に移築したものです。(お里御殿は文化15年(1818)の造営。)

 

 

御車寄せから勅使門を撮りました。御車寄せは明治期の新築です。

現在も皇族方がお越しの時は、こちらの勅使門からお入りになるそうです。先日、上皇様・上皇后様が孝明天皇陵に譲位のご報告にいらした際も、こちらを通られたのですね。

 

また、非公開ですが御座所の東に接して、御所内の御黒戸(御仏間)を移築した海会堂があり、歴代天皇 皇后、皇族方の御念持仏30数体が祀られています。

 

建物内部は撮影禁止ですので、庭園をちょっとだけ。

御座所庭園は建物に沿って東から南に築かれています。

「玉座の間」辺りから東南方向を撮りました。白砂の向こう一面に敷かれた苔と、瑞々しい木々、それぞれの緑の競演が素晴らしいです。

 

 

南側の縁側から南西方向。

霊明殿(天智天皇以来、歴代天皇の御尊牌をお祀りした場所)の重厚な屋根が見えています。

 

 

御座所の濡れ縁に出た時に、すぐに視界に入った手水鉢。

塔頭の雲龍院の水琴窟も上部に菊の御紋が配されていたなぁ。

 

 

仙洞御所から移された八角形の雪見灯篭。この型の灯籠を一般に泉涌寺灯籠と呼ぶそうです。

笠がモスグリーンの帽子を被ったみたいに苔むしてる!(本物のモスだけど。)

 

 

御座所の縁を西から撮りました。

この南側の広縁に沿って、西から「侍従の間」「勅使の間」「玉座の間」、反対の北側に「女官の間」「門跡の間」「皇族の間」があります。全ての部屋に狩野派・土佐派などの絵師よる、様々な主題の襖絵が描かれ、大変心惹かれるものでした。

 

御座所は格調高く雅な雰囲気。しかも静かで穏やか。室内も庭園も、とてもファンタスティックでした。

紅葉の頃にまた行きたいなぁ。伽藍の拝観と合わせて計800円払っても(^^;

(後から気がついたのですけど、庭園と建物の一部はストリートビューで見れるのですね。)

 

泉山七福神巡りでは、番外楊貴妃観音札所。真言宗十八本山8番札所。洛陽三十三所観音霊場20番札所。京都十三仏霊場6番札所。(リンクはウィキペディアに貼っています)

 

泉涌寺のHPはこちら

以前(2014年)の泉涌寺の記事。

Googleマップ

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM