来迎院(泉涌寺塔頭)

今熊野観音寺と同じく、参道から東(左)へ曲がる分れ道を行きます。

 

やっと着きました。木々に囲れた山門と石橋。風情があるわ〜。

 

 

実はですね、場所は分かり難かったですよ〜。泉涌寺総門前の地図を見ると観音寺の方に行くのだけれど、案内の一つくらいあっても良さそう・・・ってありました、目立たないけど。ゆな荒神 来迎院と書いてあるようですが、楷書しか読めない私に何とか読めたのは下の方の「来迎院」(´Д⊂ヽ)

 

 

観音寺の方に行きまして、途中から道は更に分かれます。

赤い欄干の橋は観音寺の鳥居橋。来迎院の方へ行く道から撮ってます。

 

 

先ほどの山門から入って、正面の階段の上に荒神堂が見えています。

 

 

独鈷水が湧く井戸。(荒神堂に上がる階段の下右側です。)
洞窟のような横井戸で、中央の黒い扉を開け柄の長い柄杓で汲み上げます。
霊元天皇の女官、小少将局の娘は生まれつき目が不自由でしたが、お告げに従い独鈷水で目を洗ったところ、たちまち見えるようになったと伝えられています。

 

 

荒神堂

来迎院の荒神は極彩色の玉眼に、唐風の衣冠束帯を身に付け、この種の木造では日本唯一のものといいます。三宝荒神は本来、火の神として台所、かまどを司るとされますが、こちらの荒神様は「胞衣荒神(ゆなこうじん)という別名があり、皇室の方々の安産の勅願所としても信仰を集めました。現在も安産を祈願する参拝客が大勢訪れているそうです。

 

 

本堂
本尊阿弥陀如来、霊元天皇の念持仏・幻夢観音像、他に大石内蔵助の念持仏・勝軍地蔵等が安置されています。

 

 

含翠の庭

広くはないですけど、何とも風情のあるお庭です。いわれのある石灯篭などもいくつかあるようです。

(左奥の方の屋根が大石内蔵助寄進の茶室含翠軒なのですけど、突然スマホが鳴って、焦って撮り忘れてしまった。・・ストリートビューで見れますけど。^^;)

 

 

こんなに素敵な緑ですから、紅葉の季節はすばらしいだろうなと想像できます。
庭園のみ拝観料300円、お抹茶と御菓子が400円でした。ほっこりできました(*´Д`)

 

来迎院(らいごういん)

山号は明応山。本尊は阿弥陀如来。
弘法大師空海が大同元年(806年)、唐で感得された三宝荒神をこの地にお祀りしたのが始まりとされている。その約400年後の建保6年(1218年)、藤原の信房が泉涌寺の第四世月翁和尚に帰依して一院を興したのが始まりと伝えられる。
荒神堂に安置されている木造の荒神坐像とその護法神五躯(国立京都博物館で管理)は、いずれも鎌倉時代の逸品で重要文化財に指定されてる。
弘法大師が独鈷を用いて掘り当てられたという名水・独鈷水がある。
大石内蔵助寄進による茶室含翠軒(がんすいけん)や、大石の念持仏とされる勝軍地蔵尊をはじめ、赤穂浪士に関する遺品を数多く所蔵している。
泉山七福神巡り(⇒ウィキペディア)4番「布袋尊」札所。

 

来迎院のHPはこちら

Googleマップ

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM