法音院(泉涌寺塔頭)

前記事の泉涌寺総門前にある即成院の後、門をくぐって坂の下の方の寺院から順に拝観しました。

法音院は、少し上がると右側にあります。

 

法音院の山門です。

山門の脇に掛かっている境内図(ホームページと同じ)がとても分かりやすかったです。

 

 

こちらに泉涌寺七福神の寿老人が祀られています。健康長寿・諸病平癒・富貴繁栄の御利益があります。

 

 

本堂
本尊の不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん/ふくうけんじゃくかんのん)が安置されています。あらゆる困難・苦難・災難から救ってくださる観音様で、一面三眼八臂のお姿です。
 

 

本堂と書院の間から綺麗なお庭が見えていました。

 

 

鎮守社 三社明神
緑あふれる境内にあって、この真赤なお社がものすごく目をひきました。

 

法音院(ほうおんいん)
鎌倉時代末期嘉暦元年(1326)無人如導宗師によって創建されるが、応仁の乱により焼亡。
その後、江戸時代の初期 寛文4-5年(1664-1665)幕府及び本多正貫・同夫人の支援を得、覚雲西堂の手により現在の地に再建される。書院は伏見桃山城の遺構の一部である。
現在の本堂は英照皇太后(孝明天皇女御)御大葬の御須屋(御陵の上に設けた仮屋)を賜ったもの。
本尊は不空羂索観音。洛陽第三十三観音霊場第(⇒ウィキペディア)二十五番札所。泉山七福神巡り(⇒ウィキペディア)では7番「寿老人」を祀る。

 

広くはないですけど、気持ちの良い境内でした。鹿の像は神様のお使いでしょうか?可愛かったです(´▽`)

 

法音院のHPはこちら

Googleマップ

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM