五龍閣(今更その変貌に驚いた)

よく通るところでもちょっと奥まってしまえば行ってみることもしないという無精者の私ですので、ネットを徘徊していて、他人様のブログで知るなんてことばかりです。
そういえばこの辺り、10年くらい前に大きな工事をしてました(´Д⊂ヽ。

 

私の記憶が間違ってなければ、10数年前は清水順正として、この建物が湯豆腐さんだったと思うのだけど。上の階は畳敷きの大広間などがあったような。

 

 

モザイクを使用したハイカラな?テーブルと「夢二カフェ 五龍閣」という名の通り竹久夢二の作品が沢山展示されていました。

 

 

そうそうこの建物、見た目は洋館なのに玄関で履物を脱いで上がります。

店内に入ると感じの良いスタッフさんがすぐにやって来て喫煙席かどうかなどを聞かれ、席の案内をして下さいました(空いていたので何処でもどうぞでしたけど)

清水寺の参道は相変わらず混雑していましたが、ここは別世界のようでしたよ。

 

 

レトロモダンな感じのこの空間も好きだけど、アーチ型開口部の向こうにある喫煙席はサンルームのようで良い雰囲気。

 

 

コーヒーといっしょに小さなカステラがオマケのように付いてきました。庶民的で美味しいこのお味に覚え有りです。ちょっと前に売店で買った事がある京野彩カステラでした(*´Д`)。

 

五龍閣(旧松風嘉定邸)
清水焼窯元から洋食器・ガイシ・陶歯の製造へと事業を発展させた実業家松風嘉定の邸宅として大正3年(1914)に竣工した。
設計は京都帝国大学建築学科の創設者である武田吾一
洋風を基調とするが瓦屋根などに清水寺門前である事を意識した意匠が採り入れられている。
平成11年(1999)に国の登録有形文化財に登録された。
竣工年は文化庁が運営するHPによると大正3年(1914)。五龍閣HPでは大正12年となっている。初めに和館(すでに現存しない)が作られた後、洋館が着工されたそうなので、その差なのかもしれない。

 

私が知っている清水順正とは激変していることに驚いた!というたわ言でした(まぁ、遠い記憶で間違っているかも)。ってか、この参道を年じゅう通っていて、10年も気がつかなかったのかという自分にも驚いたのです(゚Д゚;)

 

夢二カフェ・五龍閣のHPはこちら

Googleマップ

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM