今熊野観音寺の紅葉

何年か前に娘と一度訪れたことがあります。頭の観音さんぼけ封じの案内板を見て、「また夫婦二人で行って来ーい!」って念を押されてしまった今熊野観音寺です。ま、今日は外出大嫌いな夫はさておいて、紅葉の穴場と言われるそこそこ有名どころの見物を兼ね、私一人でお参りしました。(11月16日の様子です)

 

鳥居橋

泉涌寺参道から左に曲がると目に入ります。この橋を渡るとちょっと別の空気だよみたいな雰囲気ですね。

 

伽藍については今熊野観音寺のHPに詳しい説明があります。(今更、私がアホな説明を加えてもしょうがないので。)

 

子護大師 大切な子供たちを護り育んでくださいます。

色づく頭上のモミジにも、優しく見守っていただいているようでした。

 

 

本堂

手前の真っ赤なモミジ、この1本だけ特に紅葉が早いようで、撮影されている方も多かったです。私も撮ってますけどね(^^ゞ

 

 

五智の井

 

 

ぼけ封じ観音(手前の像)と大師堂(奥の階段上)

この辺りの紅葉のグラデーションはほんまに綺麗でした。坂道を上ってきた甲斐があった。

 

 

1本のモミジの木にこんなにも沢山の色。地面は紅葉の絨毯。でもお掃除が大変なんですよ。経験者。

 

 

稲荷社(左)と熊野権現社(右)

 

 

今熊野西国霊場

もう11月の半ばなのに爽やかな気持ちになるのは、山の空気とずーっと続く竹林のせい?

 

 

医聖堂

前回訪れたときはここまで登りませんでした。近くで見るとすっごい新しい!平成28年に丹塗りの塗り替えが施されたそうです。

 

 

医聖堂付近から見おろしています。常緑の葉と赤・黄のコントラストが見事。本堂の回りはもう見頃と言っていいのかな?

 

 

鐘楼

鐘楼ってこの写真では何が何だか。鐘があるのと向こう側も半ば紅葉しているのは判るけど(;´・ω・)

 

 

本堂前から医聖堂を見上げています。近くで見るよりこちらからの方が良い雰囲気。

 

今熊野観音寺

泉涌寺の塔頭で正しくは新那智山今熊野観音寺という。西国三十三ケ所観音霊場第十五番目の札所になっている。

空海が自ら観音像を刻んで草堂に安置したのがはじめと言うが、斉衡年間(854-857年)左大臣藤原緒嗣が伽藍を造営したとも伝える。文暦元年(1234年)後堀川上皇を当寺に葬るなど、歴朝の崇敬を得て栄えた。伽藍は応仁の兵火で焼失したが、その後復興されて現在に至っている。本堂には空海作と伝える十一面観音像を安置する。--後略-- (駒札より)

 

さて、ぼけ封じの観音様には手を合わせただけで、奉納をしませんでした。忘れたわけではありませんよ。もう少し切羽詰まったらお願いしようと思います(その頃ではもう遅いのでは?)

しかし、圧巻の紅葉に感激して、帰りにスーパーで夕飯の買い物をするのを危うく忘れるところでした。やっぱりぼけ封じはしておいた方が?いや、思い出したのだから御利益はあったのです。

 

今熊野観音寺のHPはこちら

Googleマップ

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM