本満寺 季節の花木が美しい。

まーだ先月の続きです。

阿弥陀寺からさらに南へ。左手に「本山本満寺」と書かれた石塔を発見。これはもしかして、もしかしなくても枝垂桜などで有名な?とさっそく山門をくぐらせていただきました。

 

山門門前 門の左わきの鳥居は妙見堂。

 

 

妙見堂です。

洛陽十二支妙見めぐりの一つで丑(北北東)にあたり、出町の妙見様として崇められています。

妙見大菩薩(北辰菩薩)とは北斗七星を神格化した菩薩の事で敵を退け災難から人を守り、寿命を延ばす福徳があるそうです。

 

 

山門(西山門)
京都御所から寄贈されたもので重要文化財です。

こちらから入って左側に有名な枝垂桜があるのですが、この時はもう9月ですから(>_<) でも樹形だけでも想像がつく見事なフォルムでした。桜の頃に来るべきですね。

 

 

七面堂
14世・日遠が七面山で千日修行した際に感得したという、法華経を守護する女神七面天女が祀られています。

 

 

本堂

 

 

鐘楼

 

 

酔芙蓉

朝から夜にかけてお酒に酔ったようにだんだんと赤みを帯びてくる酔芙蓉。天寧寺の酔芙蓉も評判でしたが、この日は残念ながら咲いてなかったので、こちらで見られて良かったです。

 

 

ヤブランとタマスダレ

 

 

季節の花木が美しい、良く手入れのされた境内です。

 

本満寺
応永17年[1410年]近衛関白道嗣の嫡子 玉洞妙院日秀が、今出川新町に朝廷より三万坪の敷地を与えられて創建した日蓮宗の本山。天文法華の乱(天文5年[1536年])の後、天文8年[1539年]に関白近衛尚道の外護により現在の地に移り、後奈良天皇の勅願所となる。宝暦元年[1751年]徳川吉宗の病気平癒を祈り、以来幕府の祈願所となった。本尊は十界大曼陀羅。

 

もう先月の事なので、だいぶ記憶が薄くなってきていますから、せめてこの付近の街並だけでも と、ストリートビューで確認してみみましたら、なんと本満寺の境内に入れるじゃないですか。これでは私のヘタな写真は載せる必要なかったです(/_;)(;´Д`)

Googleマップ

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM