阿弥陀寺 織田信長公本廟所

先月の散歩、未だに続きを書いてます。
鞍馬口通りから寺町を南下していましたら、「織田信長公本廟」の石碑が立つ阿弥陀寺の門が現れました。信長の墓所があることで私でも名前くらいは知っている阿弥陀寺です。あ、ここなんだ!と(勝手に)入らせていただくことにしました。しかし「阿弥陀寺」の名の寺院はすっごい沢山ありますので、この石碑が無ければ気が付かなかったでしょう(名前は知ってても場所は知らなかった(^^;)。

 

山門です。

門の手前左脇に、「織田信長公本廟」の石碑が立っています。

 

 

本堂です。
余り大きくはないけど落ち着いた雰囲気でした。御本尊は阿弥陀如来様。通常は非公開。
信長公と長男信忠の木造が安置され、毎年6月2日に行われる「信長忌」の時に公開されます。信長の像や肖像画の中では一番本人に似ているそうです。

 

 

本堂にかかる山号「蓮台山」の扁額。

 

 

庫裏です。
チャイルドシート付きの自転車が置いてあるところに、親しみが持てます(*^^*)

 

 

織田信長公本廟所

すごく豪華なお墓をイメージしていましたから、意外に地味なんだなぁって、そんな印象でした。でも、こちらで大切にお供養されているのですね。(墓地に一人でいるのが怖くて、早々に退散してしまいました。それほど誰もいなかったのです。もっとしっかりお参りさせていただけば良かったと反省。)

 

 

本廟所の案内板。

渡り廊下の下を通って墓地に出ます。この案内板が無ければ、30分はウロウロしていたことでしょう。

 

 

鐘楼です。

 

 

鎮守社です。

 

 

せっかくだから境内にこんもりと茂っていたススキも(何がせっかく?)

 

阿弥陀寺
天文24年(1555年)近江国坂本に玉誉清玉が創建したのが始まりとされる浄土宗の寺院。後に織田信長の帰依を得て、今出川大宮に移転した。
天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が討たれた際、清玉上人自ら現地に赴き信長の遺灰を持ち帰り、その後長男信忠の遺骨も二条御新造より拾い集めて埋葬したという。また、信長の家臣や本能寺の変の犠牲者大勢も葬り供養したとされる。
天正13年(1585)豊臣秀吉の都市計画によって現在地に移った。

 

5年前に拝観した大雲院にも織田信長・信忠の慰霊碑があることを思い出しました。正親町天皇の勅命により信長親子の菩提を弔うため、御池御所(烏丸二条南)に貞安上人が開山したということでした。
供養塔や慰霊碑が建つところは京都だけでもまだ数カ所あります。戦国武将ランキングで常に上位にいらっしゃる方ですから全国にはもっともっとあるのでしょうね。

それにしても本能寺も阿弥陀寺も大雲院も今は当時の場所に無いのですよね。秀吉さんの都市計画で。

 

Googleマップ

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM