ン十年ぶりに六道まいり。

毎年8月7日〜10日に行われる六道まいりに何十年ぶりか?で行ってみましたので、今さらですが(;^_^A  (珍皇寺にはふらっと入ることはあるんですよ。でも六道詣りは超久しぶり)。

 

松原通に面した六道珍皇寺の山門。普段はひっそりとしていますが、六道さんのときはとってもにぎやかです。

 

 

山門をくぐるといつもと違って屋根が張られ、高野槙が売られています。高野槙は「迎え鐘」でお迎えしたおしょらい(精霊)さんが枝に乗り移って我が家にお帰りになるという、六道参り参詣の必須アイテムです。

 

 

薬師堂。通常非公開の薬師如来坐像を拝観できました(撮影は禁止でしたからお堂の外観だけ)

 

 

左手の提灯がかかっているところは閻魔(篁)堂。たしか普段は格子の隙間から見ていた閻魔大王像篁像ですが、この日は全面開放、しっかり拝観致しました。等身大小野篁像、でかいです。随分と大きな人だったのでしょう(平安時代の平均身長は知らないけど・・)

 

 

鐘楼(迎え鐘)。おしょらい(精霊)さんを迎えるために撞くので「迎え鐘」といいます。

前に見たときはもっと地味な鐘楼だったなぁと、調べてみましたら一昨年から105年ぶりの解体修理を行い昨年の7月に終えたそうで、木の部分が鮮やかな朱色になっていました(1年ほどこの境内に立ち入ってなかったんだと先ほど気がつきました)

 

 

三界万霊十方至聖の石塔婆。三界とは、仏教用語で無色界・色界・欲界の三つを指し、この世のすべての精霊を供養することのようです。

この場所は住持が野辺送り(遺骸を埋葬地または火葬場まで運び送ること)の引導を渡した場所といわれています。

 

 

以下、六道参り最終日午前中の境内の様子です。

 

 

 

 

 

 

ところで、私は京都に来て冷やしあめというものを初めて知りましたが、未だにいただいたことはありません。ウィキペディアによると、麦芽水飴(または米飴)を湯で溶き、生姜の搾り汁やおろし生姜を加えた飲料で近畿地方に普及しているものだそうです。

一度は味わってみた方がいいかな・・・。

 

以前に書いた六道珍皇寺の記事

六道珍皇寺のHPはこちら

Googleマップ

 

西福寺・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

六道珍皇寺の200mほど西にあります。正式には桂光山敬信院という浄土宗の寺院です。

 

こちらも普段はひっそりとしていますが、六道まいりの間は参詣する人々でにぎわいます。

毎年六道詣りのときに公開される「地獄絵」「壇林皇后九想図」は かなりヘヴィーです。

私は小心者ですので(先日も書きましたが)、この絵を拝観した夜はなかなか寝付けませんでした。その分昼間寝ました(^^ゞ。

 

 

入り口の左右に子育地蔵尊の提灯があるように、一歩足を踏み入れると、いや外からも見えていますが、たくさんのお地蔵様。子育地蔵は子供の健康や病平癒に効くそうです。

Googleマップ

 

 

「みなとや」さん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

店頭で開店を待っていらっしゃる方々でしょうか?

松原通をはさんで西福寺の斜向かい(北東)にある幽霊子育飴で有名なみなとやさん。

450年以上続く歴史ある、また伝説もある飴屋さんです。

みなとやさんのHPはこちら

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM