見応えあります。智積院。

先日智積院の青葉まつりに行ってまいりました。弘法大師空海と中興の祖 興教大師覚鑁(かくばん)両祖の誕生を祝う行事です。出かけるのが遅くなってしまったため、行事の一部は間に合いませんでしたが、大変趣深い拝観ができました。

 

入り口の冠木門。

 

 

鐘楼とその周辺の景色。青もみじが清々しい広々とした境内です。

 

 

金堂 入り口から東にまっすぐ歩いて行くと突き当たるどっしりとした大きな建物で、昭和50年に再建。ご本尊の大日如来様が安置されています。

以前の金堂は宝永2年(1705)に建立されましたが、明治15年(1882)に火災により焼失したそうです。

 

 

金堂から東へ。咲き競う紫陽花がずっと続きます。この階段の上の方はどうやら墓地のようでした。

 

 

色とりどりの紫陽花が、今が見頃と咲き乱れています。

 

 

東に上る階段から振り返って、金堂の後ろ側。

 

 

明王殿 ご本尊は不動明王様で不動堂とも呼ばれるそうです。

明治15年に焼失した本堂再建のため、かつて四条寺町にあった大雲院(現在は東山)の本堂の譲渡を受けたものだそうです。

 

 

大師堂 弘法大師空海のご尊像が安置されています。

寛政元年(1789)に落慶した府指定文化財です。

 

 

名勝庭園利休好みの庭と伝える庭園。築山・泉水庭の先駆をなした貴重な遺産といわれています。

 

 

実はこのお庭、とーっても若かった頃に1度拝観しています。そしてその時一目惚れしてしまったお庭です。ン十年ぶりのオバサンになってから見てもやっぱり素敵!おばさん好みの庭!(失礼)

 

 

書院からの眺め。って人を眺めてる・・。

 

 

書院の中から。

現在収蔵庫に移されている障壁画がかつてはここにありました。今は鮮やかで明るくてカラフルな撮影所のセットのようなレプリカが収まってます。個人の感想です(^^;

 

 

中庭になるのかな?石庭発見。

 

 

本坊の玄関から総門の裏を。七条通りが良く見えます〜って総門はちょうど七条通りの突き当り。東福門院(ウィキペディア)旧殿の門を移築されたそうです。余談ですが、北隣の妙法院の大書院と玄関も東福門院の建物を移築したものと伝えられています。

 

 

寺紋は桔梗紋。門幕の桔梗がかなり目立ってますけど、瓦にも。

 

 

明王殿の階段下から北の方を見ています。

 

 

講堂の西側あたりになるのかな?間違っていたらごめんなさい。とにかく境内も広いけれど建物も大きくて入り組んでいて、迷路のようでした。よく脱出できたものだと感心します。

 

智積院

山号は五百佛山(いおぶさん)、寺号を根来寺(ねごろじ)という。

真言宗智山派の総本山。元は紀州根来寺の塔頭であったが、豊臣秀吉の焼き討ちに遭い、学頭玄宥僧正は難を高野山に逃れた。慶長6年(1601)に徳川家康の恩命により豊国神社境内の坊舎と土地を与えられ、智積院を再興した。その後祥雲禅寺(秀吉が長男鶴松の菩提を弔うために1592年に建立)を拝領し現在に至っている。
収蔵庫にある長谷川等伯一門による豪華な襖絵(国宝)は祥雲禅寺以来のもので、桃山時代の代表的障壁画として知られている。庭園も桃山時代の作庭といわれ、築山と苑池からなる観賞式林泉で京洛名園の一つに数えられている。

 

前に訪れたのは学生時代。その時はささっと見ただけで、今になって記憶に残っていたのは名勝庭園だけ。この日は青葉まつりで混み合っていましたが、広い境内で青もみじや紫陽花を眺め、収蔵庫では国宝の障壁画も鑑賞させていただきました。

また日を改めて訪れたいと思う見応えのある寺院でした。

 

 

智積院のHPはこちら

東山七条周辺地図

googleマップ

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM