神泉苑は Shinsenen Temple だったのですね。

東山ばかりでなく たまには少し離れた所も散歩しようと、1週間ほど前になりますが 二条城の南に位置する神泉苑に行ってみました。

 

苑内の広大な法成就池

新緑の中、龍の頭をした船が見えて、あら素敵!竜頭鷁首?(りょうとうげきしゅ--平安時代の貴族が池や泉水に浮かべ、管弦の遊びなどに用いた)と思ったけど、良く見たら屋形船でしたたらーっ 苑内にある料亭平八さんの船のようです。

 

 

善女龍王社 中央の島に祀られています。

日照りが続く天長元年(824)に西寺の守敏と東寺の空海が祈雨の法を競い、空海が天竺の無熱池から善女竜王様を勧請して見事雨を降らせたそうです。

本殿、拝所、中門、拝殿に構成され、棟札によると文化10年(1813)に改築、そして200年を経た平成25年から2年にわたり大規模な修復工事が行われました。

 

 

恵方社

とても小さいですが、日本で唯一のお社で、その年の福徳を司る歳徳神(としとくじん)がお祀りされています。

毎年大晦日の晩に、翌年の恵方に合わせてお社の向きが変えられます。お社の正面からお参りすればその年の恵方に向かってお参りできるのだそうです。(恵方巻を食べるときに向く方角ですよね?)

 

 

法成就池に架かる赤い橋、法成橋(ほうじょうはし)です。

橋の西側の立て札に 心に願いを念じながら渡り、その願いを橋の向こうにある善女龍王様にお願いすると叶うと言われています。(願いはただ一つ) と書かれていました。

眺めていると、にわかに若い女性たちが現れて橋の上で撮影会。あまり人のいない庭園が一気に華やか、賑やか!大したパワーです。彼女たちは何もお願いする事が無いように幸せそうでしたニコニコ そういう私も願い事を忘れてた大変幸せなオバチャンですたらーっ

 

 

増運弁財天(弁天堂)

屋根瓦には眷属としてナマズがついています。画像左下に拡大して付けておきました。

 

 

矢劔大明神(鎮守稲荷社)

参拝者の身体を守護されるそうです。

 

 

庭園東側の鎮守稲荷社の方から、西に向かって撮りました。

街中で庭園を撮るとだいたい背後にビルが映ってしまう。まぁ、それも今の京都の風情です。

 

 

苑内至る所にピンクのサツキ!鮮やかですねぇ。

 

 

神泉苑の本堂

弘化4年(1847)、東寺の大元帥堂としてあったものを移築したそうです。

ご本尊 聖観世音菩薩立像、不動明王坐像、弘法大師像が安置されています。

鳥居をくぐって入りましたし、神様を祀ったお社たくさんあって、何と言っても名前は「神泉苑」。お寺だとはなかなか思えませんが。

そうそう、寺務所で購入した冊子の表紙には「平安京最古の史跡 東寺真言宗 神泉苑 SHINSENEN TEMPLE」とありました。(寺務所という時点でお寺ひやひや)

 

 

法成橋から入り口の鳥居を撮りました。

 

 

池辺でくつろぐアヒルさんたち。何とも言えない素敵なお尻です。

謡曲「鷺」で、醍醐天皇から五位の位を賜った鷺の由来が神泉苑にあるそうですが、このアヒルさんたちにも官位をあげてください。

 

神泉苑

延暦13年(794)桓武天皇が平安京の造営にあたり、大内裏の南の沼沢を開いて設けられた禁苑。広大な苑内には大池と中嶋のほか、乾臨閣や、釣殿、滝殿などもあり、歴代の天皇や貴族が舟遊び、花見、詩や歌、弓射、相撲などを楽しんだと言われている。また貞観5年(863)には御霊会が行われ、祇園祭の起源となった。源義経と静御前の出会いの地という伝承もある。

現在は東寺真言宗の寺院。

 

規模は大分縮小されたとは言え、平安遷都の時から、つまり1200年以上もずーっとここにあるのですね。人も少なく、無料でゆっくり散策できました。無料が大好きな私が今まで行ったことがなかったなんてひやひや

 

神泉苑のHPはこちら

Googleマップ

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM