東福寺 法堂・光明宝殿拝観

京都春の特別公開で、東福寺 法堂光明宝殿を拝観しました。

龍吟庵の後に、こちらももう最終日ね、見ておかなくっちゃって。

定番の臥雲(がうん)橋から眺めた通天橋の画像です。東福寺と言えば私的にこれは外せないひやひや

 

 

今回の拝観にあまり関係がないと思われる山門です。

特別拝観の光明宝殿や法堂内部の撮影はもちろん禁止でしたから、撮ってOKなものは取り敢えず載せておこうと・・。

 

始めに光明宝殿を拝観しました(外観だけでも撮っておけば良かった)

靴を袋に入れて持ち、まずは掛軸などの絵画を拝観。そこそこ混んでいましたので、それぞれの説明文までゆっくりと見ることはできませんでした。次に仏像を拝観します。ほとんどが巨大ですので絵画に比べこちらの方が見やすかったですが、やはり説明をしっかり読んでいる余裕まではありません。大きく力強い二天王立像。運慶作(かも知れない・・)ファンキーな雰囲気の金剛力士像(もちろん私個人の感想です〜)。それから阿弥陀如来坐像、こちらもかなり大きいです。その前にこれまた巨大な牡丹唐草の透彫りの前机などなど。

 

 

法堂(仏殿も兼ねています)。

こちらの内部を拝観できました。昭和期の建築物としては最大級なのだそうですが、まさか昭和の建物だとは思いませんでした。

鎌倉時代の作とされる本尊・釈迦三尊像と、四天王立像が安置されています。四天王立像のうち多聞天が今回の見どころで、運慶の作と伝えられています。右手の親指を立て、戟(げき)を持つ姿などの作風が特長だそうです。

天井には堂本印象が僅か17日で描いたという「蒼龍図」。図の北西の端に恒世印象筆と記されています。

法堂東南の柱は日蓮宗の宗徒さんが寄付したものです。かつて日蓮が他宗から迫害された時、東福寺開山の聖一国師が庇護しました。そのことから感謝の意を込めて寄進されたのだそうです。その後の再建でまた日蓮宗の宗徒さんから贈られたのだそうです。

拝観料は800円でした。

 

 

相変わらず、楓が美しい・・ですが、これは通りがかった塔頭の境内で撮りましたひやひや

 

この日は東福寺の塔頭「龍吟庵」と「光明宝殿」「法堂」を拝観したのですが、受付で800円をお支払いした時に渡されるものはチケットのみでした。ガイドの方が上手に説明して下さいましたし、大切な文化財、全面的に撮影禁止に文句はありません。でも、せめて受付で簡単な説明書きだけでもいただけたらなぁ、と思いました。私のような高齢者は記憶することが難しいのですから(記憶できないのは私だけかな撃沈)。

それともご自由にお取り下さいで、プリントでも置いてあったのかな?私が気付かなかっただけで・・困惑

 

東福寺のHPはこちら

Googleマップ

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM