霊鑑寺 鮮やか!色とりどりの椿。

人で溢れる哲学の道から少し東へ逸れて、春の特別公開をされている尼門跡寺院「霊鑑寺」に行って参りました。

 

表門とそれに続く階段。ウィークデイでしたが、拝観者が途絶えません。

初めてここを通った数年前、公開時ではなかったので門は閉ざされていましたが、すごく格式高そうな雰囲気というかオーラ?を感じました(実際格式高いです)。

 

 

大玄関前に飾られた椿の花々。あでやか!

霊鑑寺に咲く椿の全種類が飾られていたのかな?

 

 

書院前庭。

江戸時代中期の作庭手法を用いた石組に特徴のある池泉観賞式庭園(現在は枯れています)。

 

 

書院脇の椿。

書院は後西天皇の院御所から移築されたもので、上段の間 二の間 三の間 四の間 五の間とあり、上段の間にはかなり大きな内裏雛が飾られていました。ともに三つ折れ式で、衣装の着せ替えが出来る珍しいものだそうです。また、狩野派の作と伝わる「四季花鳥図」や円山応挙の襖絵などのほか、皇室ゆかりの御所人形、繊細に描かれたカルタなど、大変見応えがありました。(うっかり書院の外観を撮り忘れてしまったひやひや

 

 

書院前庭から本堂に行くのに階段を上ります。

庭園は上下二段に分かれていて、東に向かって上がる地形です。

 

 

本堂

江戸幕府十一代将軍・徳川家斉が寄進したもので、如意輪観音像(20cmくらいだそうです)が安置されています。

 

 

苔むした庭に散り落ちた椿と桜の花びら。

 

 

石と苔に桜の花びらに椿の花・・大変風雅な題材ですが、ここまで落ちてると掃除が大変だろうなとついおばさんは考えてしまう困惑

 

 

庭園全体がそうなんですけど、苔と椿のコントラストがとっても鮮やかでした。

 

 

回廊付近の白と赤の椿。

椿の美しさとその数の多さに圧倒されてしまって、名前を記された札がほとんどの花に掛かっていたのに、よく見ていませんでしたがく〜 また行きたいと思ったお寺ですから、次はちゃんと見ておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りがけに警備員さんが、この一枝だけが香るよ と教えてくれました。うん、たしかに!

写真も香ればいいのにねニコニコ

 

霊鑑寺

承応3年(1654)、後水尾天皇の皇女・多利宮(浄法身院宮宗澄尼)を開基として創建され、歴代皇女が住職を務めた臨済宗南禅寺派の門跡尼寺。別名「谷の御所」。

御所人形や絵カルタなど尼門跡らしい寺宝がある。また、後水尾天皇が椿を好まれたことから、広い庭内には30種以上の椿が色とりどりに咲き誇り「椿の寺」とも呼ばれる。

 

高低差のある苔むした庭園に鮮やかな椿!そしてひらひらと舞い降りる桜の花びら。風情があります〜。重い腰を上げて行って良かったです。

本堂の南東の少し高いところに、珍しい黒椿少し離れた所からしか撮れなかったので、技術のない私ではボケてしまって写真は没ですがく〜もありました。

 

春の特別公開の拝観料は600円でした。

 

Googleマップ

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM