佛光寺 繁華街にあって ゆっくりできる寺院です。

場所だけなら知っている佛光寺に初めて足を踏み入れたときは 広い!大きい!立派な伽藍!と、びっくりしながら横断しただけでした。それが先月のこと。

徒歩で行ける範囲に何十年も住みながら一度も行ったことがなかったなんて自分でも驚いてしまいます。今度はちゃんとお参りもさせていただこうとまた訪れました。

 

境内に入って驚いたのは、立派な伽藍だけでなく、この大きなイチョウの木。来月には黄色く色づいて、地面に色鮮やかな絨毯が敷かれるのでしょう。この木は平成11年秋に下京区民誇りの木に選定されたそうです。形も佇まいもすご〜く素適な銀杏の木です。

 

 

高倉通りです。この通りになんと4つも御門が並んでいます。

 

 

こちらは勅使門(左)と玄関門(右)。

玄関門は一番右(北)にあり、その隣に勅使門がありました。

 

 

御影堂門です。

 

 

阿弥陀堂の正面にある阿弥陀堂門(本堂門)です。

 

 

阿弥陀堂。御本尊 阿弥陀仏、聖徳太子像、法然上人坐像などが安置されています。

 

 

阿弥陀堂と大師堂は立派な廊下で結ばれていました。その手前にある枝垂桜も大変見事で、前述のイチョウと同じく下京区民誇りの木に選定されているそうです。来春にはこの桜の満開の姿を絶対見に来るぞ!

 

 

大師堂。親鸞聖人坐像などが安置されています。

 

 

自由にお参り出来るようでしたので、入らせていただいた大師堂は広く厳かな空間で、須弥壇は黄金のイメージでした。その中央に親鸞聖人坐像があり、上方の額に聖人の諡号(しごう)である「見真大師」の意でしょうか、「見真」と書かれていました。また、このときは気がつきませんでしたが、両脇壇には了源上人・前住上人の絵像が安置されているそうです。

 

 

大師堂の広縁。荘厳な雰囲気です。

 

 

2014年11月にオープンした「D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学」のセレクトショップ。もともとあった「和合所」を改装して作られたそうで、何ともレトロな雰囲気がする建物です。

 

 

調味料・お茶・陶器・ステイショナリー・風呂敷・工芸品などなど・・多種多様。

人口あたりの大学と寺院、アート系職人はとても多いと思われる京都市ですから、こういうコラボはもってこーい!みたいな?

 

 

同じく上記コラボの「d食堂」。畳敷きに低いテーブルと椅子、これがほっこりするんです〜。そして東側に御簾(みす)とお仏壇、さすがは寺カフェです。つい手を合わせたくなりましたが、それをこらえてラテをいただきました。

 

 

「d食堂」は朝の説法などに使用されている「茶所」を利用しています。

D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学のHPはこちら

またこの建物の周りで読書をされている方、談笑をされている方も多かったです。くつろげる場所なんですね。

 

本山佛光寺(真宗佛光寺派)

親鸞聖人が越後流罪赦免後、山科に草庵を結ばれたことを起源としている。
聖人在世当時、真宗の教えは関東に広がりを見せていたが、聖人没後南北朝時代に第七世了源上人が活動の拠点を京都に置き、西日本一帯の布教活動に力を入れた。
元応二年(1320)、寺基を山科から今比叡汁谷(現 国立博物館辺り)に移し、天正十四年(1586)には豊臣秀吉の懇請により、五条坊門(現在地)に移した。
京都の中心部に移転して400年余り、その間も多くの苦難に見舞われたが門末の念仏相続の御懇念によって仏光寺の法灯は守り継がれてきた。(駒札より)

 

佛光寺はほとんど繁華街という立地ですが、境内に入ればその喧騒はなく、のんびりと落ち着ける寺院です。この辺りを通ったらまたふらふらと足が向いてしまうだろうな。

 

佛光寺のHPはこちら

Googleマップ

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM