五条通を歩いていたら(東大路から鴨川まで)

数年前からぼんやりと気づいてはいたのですけど、電線地中化により設置された地上機器を利用して、地元の高名な陶芸作家さんたちが制作された陶板が飾られています。もう何年も前からなのですけど、じっくり見ていなかったなぁ。ぁぁほんまにぼんやりしてる・・がく〜

 

これは陶板の位置や周辺地図が描かれています。まあ五条通の歩道に置かれているこんな箱です。

 

 

先に断わっておきます。今更ですが・・・って。

陶芸作家の皆さんが特別に作られた作品が12点くらい?あります。

 

 

しょっちゅう通っている道なのに、ちゃんと見てなかったなぁ。観光客さんは気付いてはる?

 

 

これ、すごく可愛いです〜ポッ

 

 

この道のためだけに制作されたアート作品。今度はちゃんと見て歩こう。

 

 

この「清水五条陶板の散歩道」の文字は清水寺の森清範貫主が揮毫(きごう)されたものだそうです。

 

 

うかうかしていたら、もう明日から陶器祭りです。

 

 

台風も来てるし、心配なお天気。

 

 

五条通中央分離帯の花壇がちょっと素適だったのでニコニコ

 

歩いたら面白いものがいっぱい見つかる。京都観光は、歩かなくちゃですね。

(私はボーっとしてますので、あらゆるものを見逃していますが・・・撃沈

 

Googleマップ

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM