廬山寺 源氏庭

紫式部の邸宅址といわれる廬山寺で、美しい桔梗咲く源氏庭を拝観しました。

 

涼しげな青紫、まだまだ見頃ですよ。

 

 

山門です。左手の板に「源氏物語 執筆地 紫式部邸宅址」と書かれています。その隣に「桔梗見頃」の立て看板。良かった!まだ見頃やったんや!と(調べて無いんかい!?)。

 

 

元三大師堂 。山門を入ってすぐ正面にあります。

元三大師(がんざんだいし)・・比叡山延暦寺の中興の祖として知られる、第18代天台座主 良源(諡号は慈恵大師)。中世以降は民間において「厄除け大師」など独特の信仰を集め今日に至っている。尚、「おみくじ」の創始者は良源だと言われています。

 

 

決して広くは無いですが、風情のあるお庭です。

 

 

白・緑・青紫。むし暑い京都の夏に爽やかなコントラストです。

 

 

庭園内にある紫式部顕彰碑。昭和40年(1965)に考古学者角田文衛博士によって考証され、新村出博士によって「紫式部邸宅址」と揮毫されました。

 

 

6月末から9月の始め頃まで静かに花開くそうです。

眺めているとたまに苔の上をすずめが降りてきて、その可愛らしさに癒されましたポッ

 

 

受付でいただいたパンフには、平安朝の庭園の「感」を表現した白砂と苔の庭 とありました。

実際紫式部が生活した邸宅はどんなお庭だったのでしょうね。

 

 

敷詰められた白砂に気品漂う紫の桔梗。

 

紫式部は人生の大半をこの地で過ごし、源氏物語の執筆もここで行われたということです。また源氏物語作中の花散里の屋敷もこの辺りであったとろうといわれています。(私のHNは花散里ですから、どうしても気になります。)

本堂の縁側に腰掛け、遠く平安の時代に思いを馳せながら穏やかで静かな時を過ごせました。(ストレートに言うと"ずーっと妄想してました"ですたらーっ

 

 

境内東端に残る豊臣秀吉の築いた御土居の史跡

本堂や源氏庭の東にある墓地内の河原町寄り、かなり鬱蒼とした場所にこの石碑がありました。

 

 

 

慶光天皇廬山寺陵。本堂の北東に位置します。慶光天皇は閑院宮典仁親王(かんいんのみや すけひとしんのう)で、第119代光格天皇の父。歴代天皇の表にはありません。⇒ウィキペディア

 

廬山寺

元三大師良源により天慶元年(938年)に京都の北山に創建。寛元元年(1243年)に法然の弟子である覚瑜が船岡山の南麓に再興、中国の廬山にならい廬山天台講寺と号した。織田信長の比叡山焼き討ちは免れたが、豊臣秀吉の寺町建設により、現在地に移転。度々の火災により、現在の堂宇は寛政6年(1794年)の再建になるものである。

 

本堂には阿弥陀如来と両脇に観音・勢至菩薩の阿弥陀三尊坐像が安置されいます。また廊下には源氏貝合せ、資料室?に源氏物語絵巻などが展示されていました。

 

源氏庭は静かで癒されるお庭でしたニコニコ

 

廬山寺のHPはこちら

Googleマップ

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM