霊源院 甘茶の庭

建仁寺塔頭で特別公開されている 霊源院の甘茶の庭「甘露庭」を拝観しました。

 

霊源院は建仁寺の南東に位置します。けっこう分かりにくい場所なのですが、そこここに案内のポスターが設置されていますので、方向音痴の私でも自信を持って山門をくぐれますニコニコ

 

 

こちらの玄関から上がらせていただき、右側の受付で拝観料500円を納めます。

上がるとすぐに「関」の文字が書かれた衝立がありました(なかなか読めませんでしたがひやひや)。「関」とは禅への入門の意を示すもので、「玄関」には禅学に入る糸口の意味もあるそうです。堂宇は意外に狭く、お庭までどどーんと見えます。

本堂北側に仏壇と五山文学(鎌倉末期から室町時代にかけて禅宗寺院で行われた漢文学)で活躍された「中巌円月の坐像」(重文)、その右後方に胎内仏の「毘沙門天立像」(重文)がありました。坐像の左右には木村英輝氏による毘沙門天の襖絵と金沢翔子さん筆の毘沙門天の書が置かれていました。

毘沙門天像を見るとナイトフィーバー♪ナイトフィーバー♪と口ずさみたくなってしまうのは私だけ?たらーっ

 

 

玄関前の甘茶の花の中で、にっこり笑う布袋様。

額アジサイかと思っていましたら、ヤマアジサイの変種で、これがアマチャ(甘茶)の花なのだそうです。

甘茶と言えば4月8日の花祭りに、お釈迦様の誕生仏にかけていたあれですね。

 

 

お釈迦様の一生を凝縮したという「甘露庭」では仏教三大聖樹(無憂樹菩提樹沙羅双樹)が見られます。

こちらは無憂樹(ムユウジュ)で、お釈迦様がお生まれになったところにあった木です。

 

 

お釈迦様はこの木の下で悟りを開いたという、菩提樹(ボダイジュ)です。

葉っぱが、ハートを細長くしたような形をしてるんです。

 

 

お釈迦様が亡くなられたところにあった木で、沙羅双樹(サラソウジュ)。これは姫沙羅じゃないかしら?

 

 

あまり広くはありませんが、趣のある庭園に約250株の甘茶の木が植えられています。

 

 

本堂の東南角からちょっとお庭を。

 

 

お庭の南の方。

塀の向こうに民家やビルが見えるのは、街なかにあるからです。

 

 

庭園は本堂から東に広がり、白・水色・青色に咲き乱れるアマチャの花は、むし暑い季節に涼しさを呼んでくれます。

 

 

山門の内側から。

 

霊源院・・室町時代初期に一庵一麟が龍山徳見和尚を勧請開山として「霊泉院」を創建、後に「霊源院」と改名されます。一方、南北朝時代中期に中巌円月和尚が「妙喜世界」を萬寿寺に建立し、建仁寺に移築、後に「妙喜庵」と改名されます。この2つのお寺が明治時代に合併して「霊源院」となったそうです。

龍山徳見和尚に聞き覚えが!と思いましたら、両足院の開山でした。

 

堂内には2つの茶室「也足軒」と「妙喜庵」がありました。別途500円を納めまして、也足軒で甘茶とお菓子をいただき、お庭を眺めてほっこりしました。

拝観者は多いのですが、ぎゅうぎゅうということはありません。ガイドさんや係りの方も親切で、和やかな雰囲気でゆっくり拝観できました。

 

霊源院ホームページ

Googleマップ

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM