積翠園

東山武田病院が閉院して以来、ずーっと来ていなかった積翠園。フォーシーズンズホテルになってからどう変わったかしらと、今回わざわざダイニングでランチをとって(^^; 久しぶりの散策をしました。

 

池の淵まで建物が迫っているので、池が大きくなったような気がします。

4月の中旬でしたが、桜はまだ綺麗でした。

 

 

あまり手入れのされて無かったお庭の印象しかないので、きれいになったなぁってびっくり!

 

 

これから青紅葉が美しい季節になるのですね。

 

 

池には大小二つの島があって、こちらは大島の畔に並ぶ夜泊石。不老不死の妙薬を積んだ宝船が停泊している様を表しています。

以前と同じはずなのですけど、茶色っぽかった水が綺麗に澄んで、雰囲気ががらっと変わりました。

 

 

数年前は池辺からこの石橋で大島に渡れましたが、今は手前に柵があってダメですがく〜

 

 

シャガが咲き乱れる、ダイニングのテラスの方から見ています。

 

 

池の東端。滝石組みがあるこの辺りは鬱蒼としていましたけど、随分と明るくなってました。

 

積翠園

平家物語に「小松内府の園地」と記されている平重盛(平清盛の長男)の山荘庭園と言われている。江戸時代は現在南に隣接する妙法院の境内となり元禄期(1688-1704)に改修されたが、現存する平安時代末期の庭園は数少なく貴重な文化遺産でもある。約1万平方メートルの敷地の中心に約3千平方メートルの池がある池泉回遊式庭園。

 

平家の山荘庭園から寺院へ、現代になって病院からホテルって、随分変わりましたけど、ずっと平安時代の遺構を残しつつ保存されていたのですね。以前は誰でも無料で散策できる、森閑としたお庭でした。さすがに行き届いた手入れはされていませんでしたが。

美しく雅に変身した積翠園、重盛さんが今の様子を見たら喜んでくれる?

 

ひとつ、以前に比べて残念なことは、鴨がいない!!鷺もいない!泣き顔 お隣の妙法院の小さな池にも先日見たときには鴨と鷺がいたのに。

 

 

 

私にとっては、京都専売病院から、東山武田病院と30年くらい通いつめた病院のお庭だったのですけど、もう自由な散策があまり出来そうも無くてちょっと寂しい気もします。今はホテルの庭園。今度はテラスでアフタヌーン・ティーでも・・あら、そういう新しい楽しみも出来ましたねラッキーニコニコ

 

Googleマップ(フォーシーズンズホテル京都)

東山七条周辺の地図

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM