八坂の塔の中 2回目

数日前にこの辺りを散歩していましたら、八坂の塔の特別拝観をしていました。

 

境内西側から見上げる塔。梅の花がよく似合います〜。

 

 

心柱を中心に本尊として金剛界の五仏が安置されています。

塔の東側から入らせていただきますので、まずは東向きの「阿閦如来」様。

 

 

こちらは北方、「釈迦如来」と書かれていたと思います。

塔内部の拝観は4年ぶりで、前回は暗〜い中をガラケーで撮っていたので頑張って修正しないと何が何だか??だったのですけど、スマホは偉いですね〜、ほとんど修正無しです。撮ったのは同行していた娘ですがたらーっ

 

 

西方は弥陀如来と書かれていたような・・?でも印の結びに違和感が残りましたので、後で調べてみましたらこちらは「大日如来」様かな?・・・と思います。

因みに東寺の五重塔では、心柱を大日如来様としていました。

 

 

南方は「宝生如来」様。後ろの左右に大日、阿しゅくそれぞれの如来様の側面が見えます。

 

 

それでは阿弥陀如来様はどこ〜!?

たまたま柱の上の方に目をやると、以前拝観した時には気付かなかったけれど、大日如来様の上にも何方かいらっしゃいます。こちらも後で調べました。どうやら雲に乗られた「阿弥陀如来」様のようです。

しかし何というか珍しい如来様たちの並び方です。

 

 

暗くて分かりにくいですが、内陣の長押も美しい模様が描かれていました。

 

 

柱に描かれた模様。描かれているものは判りませんでしたが、この色彩はくまもんを連想させる。とは娘の言。確かに・・困惑

 

 

内部の壁画の一部。菩薩様でしょうか?

 

 

塔内の中心を貫く心柱を間近で見られます。

礎石から塔の最上部にまで達し、この1本の柱で塔の均衡を保っています。

 

 

須弥壇の下が開けてあり、そこから心柱最下部と大きな中心礎石を見ることが出来ます。創建当初のもので1400年前の礎石だそうです。中央には舎利器(お釈迦様の骨を入れる器)を納めた3重の凹孔があり、飛鳥時代の様式を留めているということです。

 

 

 

塔2層目から西側の景色。

遠くに連なる西山から、側近にはこの塔を撮影しようとカメラを向けている人までよく見えました。

 

 

東側の景色。

当然ながら東山がすぐ近く。左の方に霊山観音様が見えます。

 

 

屋根瓦には法観寺ではなく「八坂塔」と記されています。

 

 

ついでに。境内南側の木に柑橘の実がいっぱいなっていました。(何の実かわからないので取りあえず柑橘とひやひや

 

法観寺・八坂の塔

霊応山法観寺と号し、臨済宗建仁寺派に属する。(通称「八坂の塔」と呼ばれる。)

寺伝によれば聖徳太子が如意輪観音の夢告により五重塔を建て、仏舎利三粒を納めて法観寺と号したという。また、この創建には古くから八坂郷を拠点としていた渡来系豪族・八坂造(やさかのみやつこ)がかかわるものと推測される。仁治元年(1240)建仁寺八世済翁証救(さいおうしょうきゅう)が入寺し、禅刹に改める。創建以来度々火災により焼失したが、その都度再建され現在の塔は永享12年(1440)足利義教により再建されたもの(パンフ・駒札より)

 

拝観者は少なく、私たちが2層目に上がるときに1組降りてきて、降りるときにまた1組上がってくるという、ほとんど貸しきり状態でした。東寺の五重塔拝観のときは、丁寧な説明もありましたけど、監視もなかなか厳しかったと記憶しています。ここはおおらかですね。ちょっと説明も欲しかったなと思うくらい。まあ、でも本当にゆっくり見て回れて(狭いですけど)、楽しかったですニコニコ

そうそう、急勾配の階段を降りるときはゾゾッとします。ひやひや

 

Google マップ

八坂の塔周辺地図

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM