安井金比羅宮 櫛まつり

縁切り神社」として有名な東山安井の金比羅宮で毎年9月の第4月曜日に催される「櫛まつり」を拝見しました。

 

使い古した櫛や簪(かんざし)に、感謝を込めてお清め供養をするお祭りで、京都美容文化クラブの主催だそうです。

久志塚(櫛塚)の前で13時から始まる神事の少し前に到着したところ、ものすごい人出でした。やはり1時間は前に行かないと良い場所で見られないかな。

 

 

名称は「櫛まつり」でも、前の方でシャッターを切っている方々は、不思議なことに櫛があまり必要無いと思われる殿方が多かったのです。

 

 

式典は来賓の方々のご挨拶や祝辞が「ありがとうございました・・続きまして〜・・最後に〜・・また〜・・」と続きます。 沢山の衣装を着込んだ美しい皆さんはその度に起立・着席を繰り返されます。大変だと思いますよ、Tシャツ1枚でも汗ビッショリになるむし暑さですから。

 

 

これは何かと言いますと、拝殿で舞踊「黒髪」の奉納の舞をされているところです。

しかし全く見えません泣き顔。撮れません!

普通にしていては無理ですから、石灯籠に乗って見ている外国の方の多かった事。「登らないで下さい。」と日本語の貼り紙がある石灯籠は登るものと化していました。まあ、日本の神様のバチは当たらないでしょう、多分ひやひや

 

 

拝殿で舞踊の奉納のあと、日本伝統の髪型が説明されます。しかし混雑と喧騒で何が何だか困惑

 

その後、古墳時代から各時代の髪型・衣装を纏った方々とそして現代の舞妓さんまでが、神社周辺や祇園の街を練り歩きます。縮小版の時代祭りのようです。全て地髪で結い上げられた髪型で、習熟した結い髪の技術が必要なのだそうです。

 

境内で人垣の隙間から何枚か撮影できたものは、皆お顔が写ってしまいました。綺麗なお嬢様方にモザイクをかけては申し訳ないので、載せるのは控えます。すごい混雑でオバサン疲れましたけど、素適な髪型や衣装を見せていただきちょっぴり若返りました。ちょっぴりねニコニコ

 

安井金比羅宮HP

以前の記事 安井金比羅宮 縁切り神社

Google map

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM