芳春院(大徳寺塔頭)、美しい楼閣山水庭園

大徳寺本坊と同日に芳春院を拝観しました。本坊からさらに北へ進みます。


苔に覆われた美しい庭を眺めながら石畳の参道を歩きます。



右に折れてもう一度門をくぐると、左に唐門と花頭窓が見えました。



花頭窓の向こうに本堂南の「花岸庭」が少し見えます。写真が撮れるのはここまでですね。

唐門から渡り廊下伝いに本堂に入ると、ほのかに蝋梅の香がしていました。
本堂には本尊釈迦如来像や開祖玉室宗珀[ぎょくしつ そうはく](大徳寺の宗峰妙超[しゅうほう みょうちょう]もそうだったけど何でこんなに読みにくい?)の木像が安置され、また芳春院(まつ)の木像や前田家歴代の御霊牌が祀られています。須弥壇の下の引き戸に描かれた桔梗の花は、まつが好きだった花だそうです。本堂の一角には利家とまつが描かれた西陣織でできた掛け軸もありました。
芳春院は大徳寺の中で一番北に位置しますので、本堂の縁から大徳寺の塔頭が全部見えます。京都は北へ行くほど高いのでなんと南の東寺の五重塔と同じ高さになるとか。

本堂の南庭は「花岸庭」と名付けられた白砂が広がる枯山水で、山深い渓谷から流れ出る水がやがて湖にそそぎ、大海に帰るという山水の様を表しているそうです。

本堂北側には優美な庭園がありました。市内でも珍しい楼閣山水庭園だそうです。二重楼閣「呑湖閣」が建ち、小堀遠州によって造られた「飽雲池」、本堂と呑湖閣を結ぶ「打月橋」。「呑湖閣」は閣上から比叡山を東に望み、その向こうに広がる琵琶湖を飲み干すの意で、金閣、銀閣、西本願寺の飛雲閣と並び京の四閣と称されます。また「打月橋」の打月とは月を見て遊ぶという意味だそうです。この池の畔から比叡山が見えていましたよ。

芳春院
臨済宗大徳寺派の塔頭寺院。
1608年前田利家の正室、まつが玉室宗珀を開祖として創建した前田家の菩提寺。1796年の火災により創建時の建物は失われたが、前田家11代・治脩により2年後に再建されている。



ガイドの方が前田家の梅鉢紋の説明を少しされていましたが、帰りに中門の屋根を振り返るとありました。梅鉢紋。

 

Google map


 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM