琵琶湖疏水記念館と蹴上インクライン

仁王門通りを疏水沿いに東へ。左手に動物園を見ながら次に無隣庵の塀が右に、そして勢いよく上がる噴水です。

南禅寺舟溜。
この噴水は琵琶湖疏水の高低差の水圧だけで吹き上がっているそうです。
水面にはカモや鵜が、スイスイ、ザバーッ!・・って何やってたんでしょうね。



こちらが琵琶湖疏水記念館です。噴水側のちょい南から撮っています。



記念館第3展示室(地階)の大正4年の蹴上付近の復元模型です。
模型の前に設置されたボタンを押すと、音声案内とともにその場所が光ったり、せり上がったり、動いたりと、これはなかなか面白く年甲斐も無くここで随分と遊んでしまいましたわーいでもそのお陰で?京都がどれだけ琵琶湖と疏水の恩恵を受けているか痛感しました。



屋外に展示されたペルトン水車。
琵琶湖疏水を利用して日本で初めて事業用水力発電所が設置されました。この水車は当時の発電に使われたそうです。

琵琶湖疏水記念館
京都市が琵琶湖疏水竣工100周年を記念して、疏水の意義を1人でも多くの方に伝え、先人の偉業を顕彰するとともに、将来に向かって発展する京都の活力の源となることを願って、市民の協力のもと、平成元年8月に開館した施設です(パンフレットより)。
1階・2階・地階とあり、1階第1展示室には琵琶湖疏水の計画と建設、2階廊下に琵琶湖疏水の現在、記念碑・扁額、地階第2展示室は琵琶湖疏水が果たした役割、第3展示室は京都市三大事業や水道事業について展示しています。また屋外1階に御所水道の鉄管、地階に第一期蹴上発電所で使われた水車と発電機が展示されています。
琵琶湖疏水記念館のHPはこちら

因みに入館は無料でけっこう立派な?パンフレットもありますニコニコ



記念館の地階から蹴上インクラインに出られました。
寒い日にもかかわらずここを散歩されている方が意外に多かったです。線路の上を歩くって多分私には初めてのこと、なかなか楽しかったラッキー(↑私の後姿ではありません)



少し歩くと線路上に荷物を載せたお船がありました。琵琶湖疏水で使用されていたものを復元した三十石船だそうです。



インクラインから南禅寺舟溜の方を撮りました。つき当たりの白い建物は京都市動物園の一部です。

蹴上インクライン
琵琶湖の水を京都市内に引き入れる「琵琶湖疏水」事業の一環として水運の発展がありました。疏水上部の蹴上舟溜と下部の南禅寺舟溜間の急斜面を船を往復させるため、「インクライン」は船を運ぶ鉄道として建設されました。明治23年に完成、高低差36m、全長約582mで世界最長だそうです。昭和23年に運行を休止し、その後産業遺産として保存され平成8年に国の史跡に指定されました。
線路沿いにはソメイヨシノが多く植えられています。もうすぐ満開の桜の中、線路を歩きながらお花見ができるんですね。
今回は時間が無く途中で引き返してしまいましたが(もったいない!!)、このつづきはぜーったい歩かなくてはと思います。
 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM