波心庭、光明院(東福寺塔頭)

東福寺の三門の脇を通り過ぎ、南の六波羅門から出て、さらに南に少し歩くと東側に「光明院」があります。


山門の中に雲嶺庭が見えます。門柱の左に「光明院」右に「光明禅院 昭和名園 波心庭」と書かれています。


山門から左手、きれいな新緑です。 突き当たりに摩利支尊天が祀られています。
この右側に玄関があり、拝観の入り口となっていました。拝観料ではなく志納金を竹筒に納めて拝観するシステムでした。


本堂の前からです。こちらの縁側に座りずーっとお庭を眺めていらっしゃる方がいました。本当にいつまででもそうしていたくなるような・・。
季節的に苔の色がまだ茶色っぽかったのですが、美しい色になったら絶対にまた訪れたい(何度でも!)と思います。


本堂だけでなく書院にも庭に面して縁側があります。そのどこから見ても静謐で清白で凜とした美しさがありました。


網代を張った丸窓から見える景色です。

玄関に一歩足を踏み入れると空気が違うと感じます。がさつな私でも音をたてないようにしよう、粗相をしないように気をつけようと思いたくなる。これが本当の空気を読むかな?なんて思ったとたん、靴箱のところで足を踏みはずしたひやひや

東福寺塔頭の光明院は1931年に金山明昶(きんざんみょうしょう)により創建されました。
「波心庭」は、JR「そうだ京都、行こう」(2000年秋)のポスターにもなるくらい美しい枯山水です。作庭は先日書いた芬陀院と同じく昭和の作庭家 重森三玲(しげもりみれい)氏によるものです。桜と躑躅(つつじ)の春、新緑の初夏、そして紅葉の季節、四季折々の美しさを見せてくれることから「虹の苔寺」とも言われています。まさに昭和の名園です。

実は山門の前で眼鏡を落とし、レンズがフレームから外れてしまったのです。あわわ!なんとかしなくちゃ!レンズが片方しかない眼鏡をかけたら変なオバサーンって思われちゃうかな。禅寺に入る前からこの心境。ああ、もう煩悩の塊。

「多勢入山者は好みません。庭の自尊心も傷つけますので
是非にと思われる方以外 どうでも良いと思われます方は
自問の上入山しないで下さい。尚皆様方を信じて居ります故
諸作法をお守り下さいますようお願い申し上げます。」

山門右横のたて看板に書かれていました。

私は庭の自尊心を傷つけなかったかな?

「波心庭」の記事はこちらこちらにも。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM