桜 京都御苑

京都御苑は環境省が管理する御所の周り東西700メートル・南北1300メートルの広大な緑地です。

約5万本の樹木が生育するといわれ、桜の木は約1100本、山桜や枝垂桜を始め3月下旬から4月下旬にかけて様々な種類の桜を見ることが出来ます。
(2014年4月3日に撮りました。)


御車返しの桜
後水尾天皇が外出されたときに、あまりの美しさに御車を返され観賞されたことから、この名が付けられたとされています。


近衛邸跡の枝垂桜は約30本あり、苑内の見どころのひとつとなっています。白・紅など種類によって咲く時期が違うので、全体としては1ヶ月以上楽しめるそうです。
1本でも桜のトンネルが出来てしまいそう。


繊細な美しさと言われますが、こうなるともう豪快です。桜のシャワーだ。


水面にまで届きそう。(近衛池)


桜の向こうは御所の北側に位置する朔平門。

苑内は手入れが行き届き、ところどころにベンチやテーブルが置かれ、気持ちよくゆったりと散策ができます。南西部にある出水の小川では子供達が水遊びを楽しんでいました。残念ながらテーブル席?に空きはありませんでしたが、この小川のそばで、お花見のお弁当をゆっくり楽しみました・・どうしてもお弁当は食べたい!やっぱり花よりお弁当優先ラッキー

御苑内には皇宮警察の京都護衛署があり、常に見回りをされているようです。

 


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM