桜 祇園白川

2013/3/30の祇園白川です。



満開でした!これ以上ないくらい。(だから満開なんだってば。)




吉井勇の有名な「かにかくに」の石碑は人が多すぎて撮れなかったのですが、すぐそばに「十六夜桜」と書かれてた妙な形をした石を発見しました。「十六夜桜」風情のあるネーミングです。この辺一帯の桜をそう呼ぶのでしょうか。それとも傍らの桜のこと?
そしてこの石は、これはWのつくばいなんでしょうか。それにしては中に落ち葉や泥がいっぱいです 




巽橋から撮りました。風情があります〜。
「わあ、綺麗!」「わぁ、綺麗!」を連発しながら、欄干にゴチッ!とぶち当たった女子をみかけました。祇園は危険がいっぱいです。




巽橋のたもとにいらした<どすえちゃん>どす。愛嬌があって人気ものでした。




辰己大明神です。ものすごい人出でなかなか写真も撮れなかったのですが、奇跡的に誰もいない瞬間がありました。大明神という名前のわりに小さい神社ですから、10人もいたらいっぱいになっちゃう。左の猫さんと大きさを比べてください。っーか、何でこの人ごみの中に猫がいるんじゃー!?・・しかもかなりくつろいでる。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM