五条通を歩いていたら(東大路から鴨川まで)

数年前からぼんやりと気づいてはいたのですけど、電線地中化により設置された地上機器を利用して、地元の高名な陶芸作家さんたちが制作された陶板が飾られています。もう8年くらい前からなのですけど、じっくり見ていなかったなぁ。ぁぁほんまにぼんやりしてる・・がく〜

 

これは陶板の位置や周辺地図が描かれています。まあ東大路の歩道に置かれているこんな箱です。

 

 

先に断わっておこう。今更ですが・・・って。

陶芸作家の皆さんが特別に作られた作品が12点?あります。

 

 

しょっちゅう通っている道なのに、ちゃんと見てなかったなぁ。観光客さんは気付いてはる?

 

 

この道のためだけに制作されたアート作品。今度はちゃんと見て歩こう。

 

 

この「清水五条陶板の散歩道」の文字は清水寺の森清範貫主が揮毫(きごう)されたものだそうです。

 

 

うかうかしていたら、もう明日から陶器祭りです。

 

 

台風も来てるし、心配なお天気。

 

 

五条通中央分離帯の花壇がちょっと素適だったのでニコニコ

 

歩いたら面白いものがいっぱい見つかる。京都観光は、歩かなくちゃですね。

(しかし私はボーっとしてますので、あらゆるものを見逃してます撃沈

 

Googleマップ

 


桜 清水寺 夜景

突然思い立って、夜桜見物に。茶わん坂から清水寺に上がりました。

 

夜のせいなのか、雨のせいなのか、仁王門はいつもよりしっとりとした感じ。

 

 

三重塔。青白いサイーチライトは観音様の慈悲の光。

 

 

池に映る梢の影も幻想的。

 

 

映る桜は、まさに幽玄。

 

清水寺の夜間拝観に行ったのは何十年ぶりかな?本当に久しぶり。

で、今晩私たちはここまでなんです。拝観料払ってないからひやひやたらーっ唖然

 

 


八坂の塔の中 2回目

数日前にこの辺りを散歩していましたら、八坂の塔の特別拝観をしていました。

 

境内西側から見上げる塔。梅の花がよく似合います〜。

 

 

心柱を中心に本尊として金剛界の五仏が安置されています。

塔の東側から入らせていただきますので、まずは東向きの「阿閦如来」様。

 

 

こちらは北方、「釈迦如来」と書かれていたと思います。

塔内部の拝観は4年ぶりで、前回は暗〜い中をガラケーで撮っていたので頑張って修正しないと何が何だか??だったのですけど、スマホは偉いですね〜、ほとんど修正無しです。撮ったのは同行していた娘ですがたらーっ

 

 

西方は弥陀如来と書かれていたような・・?でも印の結びに違和感が残りましたので、後で調べてみましたらこちらは「大日如来」様かな?・・・と思います。

因みに東寺の五重塔では、心柱を大日如来様としていました。

 

 

南方は「宝生如来」様。後ろの左右に大日、阿しゅくそれぞれの如来様の側面が見えます。

 

 

それでは阿弥陀如来様はどこ〜!?

たまたま柱の上の方に目をやると、以前拝観した時には気付かなかったけれど、大日如来様の上にも何方かいらっしゃいます。こちらも後で調べました。どうやら雲に乗られた「阿弥陀如来」様のようです。

しかし何というか珍しい如来様たちの並び方です。

 

 

暗くて分かりにくいですが、内陣の長押も美しい模様が描かれていました。

 

 

柱に描かれた模様。描かれているものは判りませんでしたが、この色彩はくまもんを連想させる。とは娘の言。確かに・・困惑

 

 

内部の壁画の一部。菩薩様でしょうか?

 

 

塔内の中心を貫く心柱を間近で見られます。

礎石から塔の最上部にまで達し、この1本の柱で塔の均衡を保っています。

 

 

須弥壇の下が開けてあり、そこから心柱最下部と大きな中心礎石を見ることが出来ます。創建当初のもので1400年前の礎石だそうです。中央には舎利器(お釈迦様の骨を入れる器)を納めた3重の凹孔があり、飛鳥時代の様式を留めているということです。

 

 

 

塔2層目から西側の景色。

遠くに連なる西山から、側近にはこの塔を撮影しようとカメラを向けている人までよく見えました。

 

 

東側の景色。

当然ながら東山がすぐ近く。左の方に霊山観音様が見えます。

 

 

屋根瓦には法観寺ではなく「八坂塔」と記されています。

 

 

ついでに。境内南側の木に柑橘の実がいっぱいなっていました。(何の実かわからないので取りあえず柑橘とひやひや

 

法観寺・八坂の塔

霊応山法観寺と号し、臨済宗建仁寺派に属する。(通称「八坂の塔」と呼ばれる。)

寺伝によれば聖徳太子が如意輪観音の夢告により五重塔を建て、仏舎利三粒を納めて法観寺と号したという。また、この創建には古くから八坂郷を拠点としていた渡来系豪族・八坂造(やさかのみやつこ)がかかわるものと推測される。仁治元年(1240)建仁寺八世済翁証救(さいおうしょうきゅう)が入寺し、禅刹に改める。創建以来度々火災により焼失したが、その都度再建され現在の塔は永享12年(1440)足利義教により再建されたもの(パンフ・駒札より)

 

拝観者は少なく、私たちが2層目に上がるときに1組降りてきて、降りるときにまた1組上がってくるという、ほとんど貸しきり状態でした。東寺の五重塔拝観のときは、丁寧な説明もありましたけど、監視もなかなか厳しかったと記憶しています。ここはおおらかですね。ちょっと説明も欲しかったなと思うくらい。まあ、でも本当にゆっくり見て回れて(狭いですけど)、楽しかったですニコニコ

そうそう、急勾配の階段を降りるときはゾゾッとします。ひやひや

 

Google マップ

八坂の塔周辺地図

 


三年坂<産寧坂>の(テキトーな)地図。

三年坂の地図を描きました。

Googleマップやストリートビューを見ればいいことなんですけどね。まあ好きな道を地図にするのが趣味ですからたらーっ

私のいい加減な記憶をGoogleマップに乗せて描いています。単純な一本道で、結局お店ばかり。全部が描けているわけでは無いのでそれほど信用できないですが、オバサンが趣味で描いた地図ということであまり突っ込まないでくださいひやひや

 

この画像はクリックで拡大します。

 

産寧坂(三年坂)はウィキペディアによると、狭義には清水寺の参道である清水坂から北へ石段で降りる坂道をいうが、公式には北に二年坂までの緩い起伏の石畳の道も含む。ということです。

お店が開いている賑やかな時間はもちろん楽しいですけれど、まだ開いていない早朝は人通りが少なく、また別の趣があると思います。「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されているだけあって、京都らしい風情のある景観で何回通っても飽きない階段と石畳の道です。

 

二年坂(ニ寧坂)・一念坂の地図

八坂の塔周辺地図

ねねの道から維新の道

 

Google map

 


将軍塚(東山山頂公園)まで。

日頃の運動不足解消のため、20年ぶりくらいかな?夫婦で「将軍塚」まで行くことにしました。もちろん徒歩です。

まあ京都の人が「将軍塚行こう」と言ったら、だいたい「東山山頂公園」と市営の駐車場から展望台のことで、将軍塚はその150mくらい先の「青蓮院」の飛地境内にあります。

つまり正確には東山山頂公園まで行くことにしました。ですね。

 

ここから京都一周トレイルの東山コースに入ることにしました。京都一周トレイルとは、京都市街は東・北・西の三方を山で囲まれていますので、その山中に整備されたトレッキングコースのことです(体力が無いのでこいうことには縁がなく、詳しいことは知りません。)

 

 

コースに入るとこんな感じが延々と続きます。近くを通っている国道一号線の騒音も、山中に入るほど静かになって鳥の声に変わります。ホーホケキョとよく聞こえていました。ニコニコ

 

 

鬱蒼とした木々の中に石塔が。ここが清閑寺山の頂上で標高202mです。

 

 

ところどころに道標が立っています。こっちに行くと清水山の山頂だよということで、ちょっと寄ってみることにしました。

 

 

眼下の景色が見えるわけでは無いので全く実感がありませんが、ここが清水山の山頂です。標高242.5m。道しるべから数10mのところでした。杭の上にはなぜか小銭がいっぱい置かれて、お賽銭かな?

 

 

コースに戻りましたら清水山までよく登ってきましたというサービスではないでしょうけど、風流な?ベンチが置かれ、その後いくつか案内板などがありました。

あ、そうだ、慣れないハイカーを見守ってくれるように、お地蔵さんも道中何回かお見かけしました。

 

 

もう少し進むと現れる防火用の貯水池です。ここから更に上ったり下ったりして・・。

普段運動をしないので、もうヘトヘトです。

 

 

目の前がパッとひらけて、辿り着きました〜。「東山山頂公園」です。

標高は220mくらいだそうですから、清水山より低いことになります。だから1度下ったのね。

 

 

公園の様子です。

左の柵の向こうはヘリポート。このヘリポートを眺めながら、近くのベンチで慎ましくおにぎりをいただきました。

おにぎりで満足してしまったので、公園内の写真を撮り忘れました。この写真はその3日後にもっと楽なルートで行ったときのものです。(また行ったんかい!?唖然

 

東山山頂公園は京都一周トレイルコースの通過点にもなっていて、駐車場に隣接する市営の展望台から、市街地を一望できるスポットとして有名です。

 

駐車場にたたずむ猫さまです。猫

将軍塚、もとい東山山頂公園には昔から猫がいっぱいいます。

 

「将軍塚」の記事はこちら

 

Google map

 

登り口が清水寺方面でしたので<清水寺〜>のカテゴリーにしました。

 

 


桜を見ながら朝散歩 三年坂

もう咲いている頃かな?と、人通りが多くない午前中にやって来ました。
(2016年3月30日の様子です。)


三年坂の枝垂桜です。まだ満開ではありませんが、風情のある三年坂にこの季節 更に趣を添えてくれます。



振り返って階段の下から。



階段を下りて、少し歩くと右側(東側)にある青龍苑のお庭。ユキヤナギやレンギョウが可愛らしいお花をいっぱい付けていました。



まだ開いてないお店もあります。観光客さんも少なめ。



もう少し下りて、ここまで来るとやっぱり撮っちゃいますね。法観寺八坂の塔。

 

三年坂の地図

google map


 


桜 三年坂(2015 3月)

春の観光シーズン、いつも観光客さんでいっぱいの清水寺周辺は、やっぱり、案の定、更に、いっぱいでした。


2015年3月27日の三年坂の枝垂桜です。
この季節、特に混雑している三年坂の階段です。なかなかここでゆっくり撮ってはいられませんが、午前中だったからまだ良かったかな。ここは毎年早く咲きます。八分咲きくらいでした。



窓ガラスに映った桜も綺麗ですニコニコ。 ここで見とれて足を止めていては迷惑になると階段を降りることにしました。これから二年坂、一念坂、ねねの道を通って円山公園まで散歩します。でも、この階段で立ち止まらない人の方が珍しい。

 

三年坂の地図

 


人混みは避けて通れないけど、清水寺はやっぱりいい!

近くまで行くことはあっても、いつもスルーしてしまってゴメンナサイの清水寺です。先日の茶わん坂のつづきに久〜しぶりに境内に入りました。

だいぶ涼しくなったけどまだやってるんだ、かき氷。坂をずーっと登ってきて起伏のある境内を廻ればそりゃ暑いですよね。こんなに綺麗な緑の中で食べれば更に美味しいモグモグ


舞台の下の方で、あら、こんな所にワゴン車がと思ったら、東山郵便局の臨時出張所でした。京都限定の切手シートの他、ドラえもんやコナン、キティちゃんのシートなどもありました。なかなか盛況のようですね。郵便局の人、頑張ってください。


清水の舞台から出るとすぐ左手にある、縁結びで有名な地主神社です。私はご利益あったみたいですラッキー・・・はるかに昔ひやひや
地主神社のHPはこちら


長大なケヤキを使い、釘を使わず整然と組まれた清水の舞台の柱組み。高さは約12m、ビルの4階に相当するそうです。江戸時代にはこの舞台から願掛けのために200人以上もの人が飛び降りたとか!?良い子は(悪い子も普通の子も?)まねしてはいけません。


奥の院から子安の塔の方に行く道から見えた景色。先日行った正法寺は方角によっては眼前の木々に景色がさえぎられてしまいますが、こちらは視界が開けてなかなかの絶景です。まあ正法寺は周りに誰も居ないのでのんびり、こちらは常に人通りがあります。


そろそろ色づいてきた木々もありましたもみじ


子安の塔です。ずーっと黒っぽかったイメージですが、建立当時は朱塗りだったそうで、きれいな朱色によみがえったのは2年ほど前。そんなに長い間来てなかったんだ。付近は工事のため立ち入り禁止でしたので塔の全景は見られませんでした。
こちら側から横にずらりと並ぶ伽藍を見るのが好きなのですが、今は「平成の大改修」で伽藍もところどころ工事中でした。


かつて貴族や武士はここに馬を繋いで徒歩で参拝をしたという馬駐(うまとどめ)です。仁王門の石段の手前、北側にあります。重要文化財(今回初めて気がついたたらーっ


仁王門前から参道を撮りました。人・人・人、う〜ん、ここを通って帰るのやだなー。また茶わん坂から帰ろうかな。

1人でゆっくり見て廻ったのは初めてです。こんなに広かったかしら?お地蔵様がこんなにあった?なんて今更ながら(プラス恥ずかしながら?)新しい発見をしました。我が家から一番近い世界文化遺産なのに人混みが苦手なせいで今まであまり来なかったんです。あの坂道をしょっちゅう登っていれば健康にも良さそうなのに。

仁王門から重要文化財が続く伽藍、国宝の舞台の写真が無いと清水さんらしくないな。がく〜

清水寺のHPはこちら
 

茶わん坂を歩いて清水寺へ。


観光バスが清水寺へ上がって行きます。東山五条、この辺はいっつもこんな感じで混雑しています。まずはこの交差点のこの道標、「左 清水寺道」「右 大谷道」 真ん中は何て書いてあるんだろう?見えても読めないひやひや こういうときは京都市のいしぶみデータベースです。「右 大谷とりへの すく 清水大津道 左 六はらきをん東大谷これは何の暗号だ!? ありゃ、濁点が無い?「右 大谷鳥辺野 すぐ 清水大津道 左 六原祇園東大谷」解読するとこうなんですね(解読かい!?)。


さて五条坂を少し上って茶碗坂との分かれ道、また道標があります。「右 清水ちかみち」と「 茶わん坂」と、そして「駐車場」・・って、えぇっ!!こんなところに看板置いちゃうんですか!?(確かに道標ではある困惑


茶碗坂を登ります。正面に見える清水の朱色のはずの三重塔が何か変、ああ「平成の大改修」の工事で覆われちゃってるのね。


このお店はいつできたのかな?しばら〜く通らなかったので、いや通っていてもいつも急いでいたので気が付かなかったんだ。ふらっと入ってみました。「一布やさん」着物の端切れを使った小銭入れやバッグ、ランチョンマットやエコバッグ的なものetc、可愛いものから落ち着いたものまで、オリジナル商品なのに意外に安いラッキー


京菓子の老舗もあります。


茶わん坂の名前のとおり、さすがに陶器屋さんが多いです。


こちらも陶器屋さん。ここだけ見てると茶わん坂とは思えないなぁ。


すごいですね、この店構え。「岡本織物店」創業は天保元年、大正時代からこの地で営業されているそうです。西陣織の帯地で作られたテーブルセンターやバッグ、茶道具などを扱われています。


陶磁器の染付けの分野で人間国宝に認定された、故近藤悠三の作品を展示する「近藤悠三記念館」です。残念ながら休館日だったようで入ることはできませんでした。


突き当たり、清水寺に着きました。この階段を上って左に進むと鮮やかな丹塗りの仁王門があります。

茶わん坂は途中何ヶ所か五条坂や清水門前の参道に抜ける階段があります。おみやげもの屋さんがずらーっと並び、いつも観光客さんで賑わっている門前の商店街も楽しいですが、人ごみに疲れたら茶わん坂に下りて、気分を変えてゆったり歩くのもいいものです。

茶碗坂のホームページはこちら

 

三年坂から市内一望の正法寺へ

東山、霊山の山腹にある正法寺に行って見ようと思い立ちました。何年も前に東山歩きをしていたとき、この辺で下りたいなぁと下に向かっていたら偶然に来てしまったお寺で、そこから見た景色が素晴らしかったのを覚えています。


どのルートで行こうかな?普通に三年坂を通って、二年坂に下りて・・。平日の午前中ということもあって、人通りは少なめです。


二年坂を進むと右側に東へ上る曲がり角、ここを曲がると観光シーズンでも急に人通りが途絶えます。さあ、ここから登りますよ。漂ってきたよい香りに誘われて見上げれば、塀の上から金木犀の花。それから料亭土居さんの前を通って、まだまだ歩きます。


坂の途中に石碑を発見、「坂本龍馬・中岡慎太郎など幕末志士葬送の道」。足元の碑には細かい字で解説がありました。こちら(京都市の情報提供システム、フィールドミュージアム京都)でご覧になれます。この坂をここまで登ってきたのは初めてで、後で分かったことですが、ここが龍馬坂なんですね。長年東山に住んでいるのに知らないことばかりです。
もう少し歩くと坂の突き当たりは急な階段になっていました。



階段を上り切ると一旦道路、細い道なのに意外と交通量が多いのです。そしてすぐに鳥居、この鳥居をくぐれば急な下り坂で護国神社や幕末ミュージアム、維新の道に続きます。しかし正法寺に行くにはこの道を横切って、更に階段を上ります。


先ほどの道を渡ったところに正法寺の立て札。この階段の途中左側に「霊明神社」があります。坂本龍馬など幕末殉難の志士の神葬を行った神社で、先の「龍馬坂」もこちらに由来します。 もう少し上ってやっと山門です。


山門です。ここで終わりと思ったら大間違い、山門の向こうにまたまた階段?もう嫌やー泣き顔 「 ようお越しやした。でもまだあるで〜、頑張りや。」と言うためにあるような山門ですか?


ふぅ、やっと辿り着きました。本堂前には見事な萩、また境内のところどころに赤や白の彼岸花や水引、芙蓉が、たまたま種が飛んできたからここで咲いているのよって感じに雑然と適当に?咲いていました。


本堂です。室町時代の寝釈迦像、平安時代の阿弥陀三尊像、地蔵菩薩像、ほか雨宝童子像、国阿上人坐像、今はもう無くなってしまった子院の遺仏などを安置しているそうです。


「鏡水」と書かれた紙が貼られていたので本堂の裏手に廻ろうとすると、うわっ!突然のくもの巣攻撃! 暗い穴の中、こういうところは覗いてみたくなる。底は見えていたと思うけど、水は透明なので見えなかったのかな?何しろ目が悪いのでよく分からなかった。覗いてみる意味無いじゃんひやひや


さらに進むとこの小さな建物に板碑と貼ってあります。板碑とは主に供養塔として使われる石碑の一種だそうです。ここに国阿上人の板碑が納められています。少し離れた木の根元に石仏がいくつか置かれていました。


さて、お目当てはこの眺望です。誰もいないので、独り占め! しかし甘かった、無防備でした。カメラを構えているとプ〜〜ンという音が迫って来ます。私は体温が高い、汗っかき、二酸化炭素も多く放出しているらしい、蚊の世界のクチコミではきっと星4つ星星星星はもらえるほどの人気者だということを忘れていました。(デング蚊はいなかったことを祈ります〜。)



市街地の向こうに西山の尾根が続いています。


京都駅方面。京都タワーに少し右の大きな屋根は東本願寺かしら?


そろそろ帰ろうと急な階段を降りるとき、正面には木々に隠れて八坂の塔が見えました。

正法寺
霊鷲山無量寿院 霊山と号し、時宗国阿派に属する。延暦年間最澄が開創し霊山寺と号したと伝えられる。元久年間(1204-1206)法然上人がここを念仏の道場とした後、永和2年(1376年)国阿上人が時宗霊山派の本山として、寺号を正法寺と改めた。後小松天皇、足利義満など当時の権門勢家の多くは、国阿上人に深く帰依し寺運は大いに栄えた。その後応仁の乱などで荒廃したが、天正年間(1573-1593)に諸堂を整備し、江戸時代には山上に14もの塔頭が建ち並ぶ壮大な寺院となる。また京洛眺望の地としても賑盛を極めた。しかし、明治の廃仏毀釈や火災などにより次第に衰微し、今は現境内その他の建物を残すのみ。

隆盛を極めた昔も、ひっそりとした今も京都の町や西山を望むこの景色は同じなんだなって思うと何だか感慨深いです。まあ、今はビルが建ち並んで京都タワーなんかも建っちゃってるけど。今度はここから夕日を見たいものです。それからもうすぐ訪れる紅葉の季節にも。


さて、転ばないように気をつけながら階段を降りて、先ほどの鳥居がある道を左(南)に曲がります。下り坂をカーブすると山村美佐邸、西村京太郎邸があります。(写真左 手前が山村邸、突き当りが西村邸) そのまま坂を下ると道路際に小さな石仏が並んでいました。


ずーっと坂を下りて、興正寺さんの参道を通ってまた三年坂に出ました。ぐるっと一周ですね。お天気もよく気持ちのいい散歩日和でしたニコニコ

 

二年坂・一念坂の地図

三年坂の地図

 

Google map

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM