祇園白川の桜

夷川ダムの帰りに、祇園で所用を済ませるため 白川筋を通りました。

4月5日の白川筋です。

「かにかくに」の石碑。

かにかくに 祇園はこひし 寐(ぬ)るときも 枕のしたを 水のながるる (吉井勇)

 

 

桜が降って来る。

橋と言っても超短い巽橋から見上げて。

 

 

しだれ桜と白川の流れ。

 

 

巽橋の袂で。

 

 

辰巳大明神の鳥居も、見上げればさくら・さくら。

 

 

巽橋から祇園新橋。

 

この後花見小路から建仁寺さんの境内を通って帰途につきました。当然ですが少ない人通りが珍しく、少し寂しい気持ちもしました。

花見小路ではTVカメラが入っていました。不要不急の外出は控えてとあれほど言われているのに、こんなところを歩いているバカ母娘がいると映っていないだろうか?ちょっと心配(/_;)

 

さて、緊急事態宣言に準じて、京都府も不要不急の外出自粛要請が出ました。一日も早く終息することを祈ります。

 

以前の祇園白川の記事→

Googleマップ

 

(関連)祇園・建仁寺界隈 

 

 


夷川ダムの桜

先月末、仕事でこの辺を通った娘から、綺麗だったよ〜と送られてきた画像です。

 

夷川舟溜。

 

 

夷川ダム。

前からここの桜景色を見たいと言っていたものだから、不要不急の外出を控えている今、孝行娘(ホンマかいな!?)が送ってくれました。(でもね、この風景を見たら余計に行きたくなりますよ。)

 

 

ダムから放流される水しぶきに届くくらい 枝をいっぱいに伸ばした桜。

 

 

空を覆いつくす桜の花。(自分には絶対似合わない色だから?)この優しい色合いに憧れます。

 

 

この景色を臨めるのは、疏水(鴨東線)沿いの冷泉通り。

 

 

その5日後、たまたま丸太町通りに用事が出来ましたので、せっかくですからこの辺りも通ることにしました。この1枚以外はみんな頂き物です。綺麗!綺麗!と何十枚も撮ったのに、ちゃんと写っていたのはこの1枚だけ(ノД`)・゜・。

 

上から4つめまでの画像は3/31日に撮影、下の2つは4/5の撮影です。

 

以前の夷川ダムの記事→

Googleマップ

 

(関連)岡崎界隈 

 


五条大橋付近のさくらとか。

一昨日 用事で木屋町通りを通った後、鴨川を歩いて帰りました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で ものすごく大変な時なのに、満開の桜を見ると何というかやっぱり嬉しい。桜に「今年は地味目に咲いとこ」なんて自粛されたら困るよ。(自粛するのは私の徘徊か・・)

 

 

後ろのレトロな建物は対岸(西側)の料理旅館鶴清さん。昭和初期に建造されたそうです。

 

 

手前の枝垂桜はピンクのグラデーションが可憐で可愛いです。後方のソメイヨシノはふわふわな雲みたい。

 

 

連翹(レンギョウ)。私には一生書けそうもない難しい字かも。この歳で一生って言っても(ノД`)・゜・。

連翹は小さい頃玄関わきにあった木で、黄色い花が毎年春を教えてくれたのを思い出します。

 

 

鴨川の鳥の中では、ジーッとしている鷺が一番撮りやすいです。しょっちゅう撮っているわりには、男の子なのか女の子なのか、オッサンなのかオバサンなのかさっぱり判りません。

 

 

↑この画像はクリックで拡大します。

メッチャ明るく楽しく加工してみました(*´ω`)

 

 

Googleマップ

 

関連)鴨川散歩

 

 


さくら 高瀬川沿い

昨日通った木屋町通り・高瀬川の様子です。

 

五条大橋付近。満開の桜がお出迎え。

 

 

この辺りのお宅がメッチャうらやましいと思う、桜の季節。

 

 

高瀬川と桜、どこから見ても趣きがあります。

 

 

照明器具が置かれているところを見ると、夜間はライトアップされているのかな?

 

 

 

新型コロナウイルスの影響で、木屋町通りも人は少ないはずと思っていましたら、プチ行列ができているお店もありました。また、和服ををお召しの若い男女が意外に多く、もちろん皆さん日本人なのですが、(着物を着ている観光客さんといえばアジア系の外国の方というイメージが私の中で定着してしまって)なぜか不思議な感じがしました。

五条通りから四条通り手前の団栗橋くらいまで。短い距離でしたが、素敵な景色を満喫できました。

 

Googleマップ

 

(関連)高瀬川沿い 

 


三年坂からさくら散歩。2020年3月

先日通ったっばかりなのに、またこの辺って。まぁまた用事がてらに・・・。

 

前回の記事から1週間経った今日、三年坂の枝垂桜は、ほぼ満開になっていました。(3/26撮影) 

午前9:30頃です。新型コロナウイルスの影響もありますが、大抵この時間ぐらいまでは観光客さん多くないと思います。

Googleマップ

 

 

青龍苑の池の畔です。

真っ白なユキヤナギのほか、所々に黄色いレンギョウも。やさしい春の雰囲気でした。

青龍苑HP

 

 

ここを通る度に撮ってしまいます。この枝垂桜も満開でした。

Googleマップ

 

 

ねねの道。ここも毎年・・石塀小路の東側からの入り口です。

Googleマップ

 

 

円山音楽堂の南東にある毎年美しい枝垂桜。

ここはむか〜しは季節営業の小さな茶店があったような。今は無碍山房サロン・ド・ムゲさんがあります。

Googleマップ

 

 

円山公園、祇園枝垂桜です。

どんなに忙しくても毎年見たい、愛でたい! 東山区民誇りの木。

 

 

10:00を過ぎて、お花見客さんがだんだん多くなりました。

 

 

幹の真ん中辺。素敵なピンクのグラデーション。

Googleマップ

 

 

八坂神社の南楼門(正門)。

本殿に参拝した後、うっかり南から出てしまいましたが、神頼み人生の私はこういう時こそ西側にある摂社の疫神社にお参りしておくべきでした。

境内には「疫病守護」と書かれた茅の輪がたてられ、数名の方が間隔を空けて並ばれていました。

元々祇園祭は疫病や死者の怨霊などを鎮めるために神泉苑で行った御霊会に始まり、その後牛頭天皇を祀って無病息災を祈念したと聞いています。今年の祇園祭はどうなるのでしょう?

 

無病息災、これに越したことはありません。

 

神泉苑ブログ内記事

八坂神社HP

八坂神社Googleマップ

 

(関連)清水寺 三年坂 二年坂 八坂の塔

(関連)円山公園 ねねの道 維新の道

 


京都御苑お花見

出水の枝垂桜が満開と聞いて、京都御苑に行ってみました。あまり出掛けることが無い隠居老人ですがたまには外に出ないと。(いや、こんな時こそ自粛して家に居て下さいよ!)

 

満開の出水の枝垂桜。大勢の方が撮影していました。(3月21日)

 

 

大きくて立派な桜の木です。

 

 

花一輪一輪がとても可愛らしい。

 

 

 

御苑北西 近衛邸跡の枝垂桜も早くも満開。もうね、すごい勢いで咲いてました。

お花をいっぱい付けた枝が近衛池の水面すれすれまで伸びる様は大変風情があるのですけど、いつの間にか池の水が無ーい!(何年も来てなっかったので知らなかった。)

 

 

 

 

 

出水の小川の辺りで、シートを敷いてランチを食べるご家族が多かったです。(それぞれの間隔はさすがに10m以上は空いていました。まぁ、広いので。)

せっかくの三連休も新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの施設がお休みになったり、イベントが中止になったりですから、お花見ピクニックぐらいはしたいですね。やっぱり外で食べるランチは格別です(私たちもすっかりその中の人)

いやいや、不要不急の外出は避けて・・・・・・・・とっても反省中(;´・ω・)

 

前回(2014年)の京都御苑お花見の記事→え?もうそんなに経ってた?

Googleマップ

 

関連)二条城・御所界隈

 


養源院の紅しだれ

三十三間堂の東にある養源院さんは桜も紅葉もとっても綺麗な寺院です。

紅シダレはまだ間に合うかしら?と急いでやってきました。

参道脇にも大きくて見事な山桜があるのですけど、そちらはもう葉っぱだけ。ガーン!

 

本堂前の紅枝垂れ桜です。綺麗に咲いていました。

 

 

濃いピンクから白までのグラデーション。

 

 

緑の背景によく映る。

 

 

こちらの枝垂桜は別の木。そうとう背高のっぽですね。

 

 

例年は本堂をバックに桜の簾(すだれ)ができるくらい花も枝も多いのですけど、今年は少ない。昨年の台風のせいですね、きっと。

 

 

境内に観光客さんはまばらでしたから、可憐な八重の紅しだれを近くで気兼ねなく観賞できました。

 

前回の養源院の桜の頃の記事はこちら(2013 …えっ! 6年も前?)。

東山七条周辺地図

Googleマップ

(関連)博物館・三十三間堂界隈 

 


日限さん(安祥院)のヤマザクラ。2019年4月

東大路から五条坂を上って行くと左手にある安祥院。一昨年の夏に初めて訪れてから、何回かお参りさせていただいてます。

 

山門と本堂の間の大きな桜の古木を初めて見た時から、どうしても桜の季節に来なくっちゃ!と思っていたのに昨年はうっかり見逃してしまった(;'∀')。一年飛ばしてしまったけど、やっと昨日満開の桜に会えました。

 

 

京都市指定保存樹「ヤマザクラ」。ヤマザクラとオオシマザクラの自然交配種で、二本とない貴重な品種だそうです。

 

 

本堂の方から、山門に向かって撮りました。横に大きく張り出した枝もかっこいい!

 

 

山門にかかる「日限地蔵尊」の大きな提灯。

 

 

幹から直接お花が咲いてる。それもこんなに沢山(゜o゜)

 

私が行ったときだけかも知れませんが、だいたいいつも境内に人は少なめです。五条坂の歩道が安祥院さんの反対側にあるからでしょうね。

お蔭でこんなに素敵な満開の桜をゆっくり見ることができました(*^^)

 

Googleマップ

以前の日限さんの記事はこちら

 

(関連)清水寺 三年坂 二年坂 八坂の塔

 


本満寺の枝垂桜に感動!

昨年の9月に初めて訪れた本満寺。綺麗に整えられた境内がとても感じ良かったのを覚えてます。また、山門を入って左手のすでに葉だけになった枝垂桜の形と大きさに驚き、あぁこれが有名な!?春になったらぜったいこの桜を見なくっちゃ!と思っていました。

 

壮麗で見事な枝垂桜・・しかし上手く撮れないのねえ(>_<)

 

 

お椀を伏せたような形。とにかく見目が良い枝垂桜です。

 

 

本当に雄大で立派な姿でした。

 

 

この奥の建物は寺務所と書いてありました。時々僧侶さんがこの石畳を歩いて来られます。やはりこの景色にはダウン着たりフード被ったりしてる私たちより、僧侶姿がぴったり合います。

 

 

枝垂桜の下の一部なんですけど、苔の上にも玉砂利の上にも花びらがすごい。

 

 

カメラを向ければ必ず人が入ります(私もその一人)。それでもウィークデイでとっても寒い日でしたから、お花見客は少ない方なのでしょう。

 

 

 

 

山門前の妙見さんの鳥居。この木はお花といっしょに葉も出ていましたから、山桜なのかな?

 

4月2日の写真です。冬に戻ったかのような寒い日も時々パラつく小雨も何のその、素晴らしい枝垂桜に本当に感動しました(^^)/

 

以前の本満寺の記事

Googleマップ

 

(関連)二条城・御所界隈

 


さくら ねねの道から円山公園 2019年3月

昨日は三年坂から円山公園の様子も見て来ました。

 

途中のねねの道の桜はほとんど蕾状態。でもだいぶ膨らんでましたよ。
お店がまだ開いてない時間帯のせいか、人通りはほとんどありません。

 

 

 

円山音楽堂の南東に位置する枝垂桜。ここも三年坂同様毎年早く咲きます。(ここに一昨年から菊乃井さんの素敵な別店が出来てますね。)

昔に比べて枝が少ないなぁ、ちょっとスリムになってる。(昨年の台風のせいかしら?)

 

 

円山公園はだいたいこんなもの。あちこちで少しづつ咲いている感じでした。

 

 

可憐に咲くしだれ桜(*‘∀‘)

 

 

この一本は毎年他の木より早く咲いてるような。

後方に三角のコーンが並んでいるのは、小川の整備中だからです。川底に石を敷き詰めているところでした。早く水が流れないかなぁ。おばさんは楽しみにしています(^^)/

 

 

ここだけなぜか桜の園。全体としては半分も咲いてません。

奥に見えるあの青いシートはいただけないな(/_;)

 

 

まだ咲いてなくても、蕾はこんなにふっくらしていました。そろそろ咲いたろか〜と思案中?

 

 

シンボルツリーの祇園枝垂桜。蕾がいっぱい!

 

そうそう時間が早かったのでまだやってませんでしたけど、昔ながらの露店のファストフード店がずらーっ!こんなにもバラエティ豊かな食べ物をいっときに味わえる(その気があればだけど・・)ことは滅多にないでしょう(*´Д`)

 

関連)円山公園 ねねの道 維新の道

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM