八木家 新選組屯所遺蹟 あの刀傷!

文久3年(1863)にこの地で新選組が誕生しました。ここに屯所が置かれ、慶応元年(1865) 西本願寺に移った後も、江戸に下る最後まで繋がりがあったという八木家を見学しました。

短期間でもここに土方さんが、沖田さんが、斉藤さんがいたのね〜なんて、特にファンではないけれど思ってしまった。

 

門前にある八木家経営の和菓子屋さん、京都鶴屋「鶴寿庵」で入場料1000円を支払い、拝観後にいただける抹茶&和菓子のサービス券と八木家についてのプリントをもらいました。

 

 

八木家は幕末期の遺構、また新選組壬生屯所旧跡として、京都市の有形文化財に指定されています。 尚、撮影できるのはこの門の前までということでした。

 

 

入り口は長屋門です。長屋門は武家屋敷のほか、地方の名士や旧家などに持つことを認められていました。(長屋門とは⇒ウィキペディア)。

門幕にも描かれている三つ木瓜の家紋は、ご先祖が鎌倉時代 源頼朝の富士裾野の巻き狩りの際に、関東一円を震撼させた白い猪を射止めた功績で頼朝から拝領したと伝えられています。また、この幕に使われている水色は新選組のだんだら模様の羽織と同じ色ですね。壬生の色なのだそうです。

 

 

本玄関から中に入らせていただき、新撰組(当初は壬生浪士組)の結成から芹澤鴨暗殺の経緯、その後の新選組などについて興味深いお話をお聞きしました。説明の後はガイドさんに従って主屋の見学をします。

この家は武家屋敷の造りで、部屋の中で刀を振り回すことができないよう鴨居が低いということです。そのため芹澤鴨暗殺時に刀がぶつかったのでしょう。鴨居にくっきりと傷跡が残っていました。(プラスティックで大切に覆われていました。)その傷の下あたりに彼がつまずいて命取りとなった文机がありました。当時のままあるというのがちょっと恐いです。

この日は余りお天気の良くないウィークデイでしたが、にもかかわらず大勢の方が見学されていました。その年齢も様々で、皆さん熱心に聞き入っていらっしゃいました。

 

 

見学が終わりましたら「鶴屋」さんでお抹茶と「屯所餅」をいただきます。

この店舗の場所はかつて離れがあったところで、こちらも屯所として使われていました。当初芹澤は主屋の座敷に、近藤はこちらで寝起きしていたそうです。

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

新徳寺

新徳寺は新撰組にまつわる最初の大舞台となった場所です。上洛した新撰組の前身浪士組のリーダー清河八郎が浪士達を集めて、大演説をしたのが新徳寺の本堂です。(ウィキペディアより)

八木家の南東方向、すぐ近くにあり、表札には「新徳禅寺」と書かれていました。

 

ブログ内新選組関連の記事 島原 角屋 本光寺 月真院 壬生寺

 

八木家のHPはこちら(家の歴史、新選組について、その関わりなどが詳しく書かれています。)

Googleマップ

 


壬生寺 (壬生狂言と新選組ゆかりの寺院)

古くから京都三大狂言のひとつ壬生狂言や、新選組ゆかりの寺として知られている壬生寺を拝観しました。(京都三大狂言はほかに嵯峨大念仏狂言・千本ゑんま堂大念仏狂言)

 

表門正門) 寛政11年(1799)再建。

主柱と後ろに立つ控柱にも小屋根が乗る高麗門。(そう言えば蛤御門もこんな形だったなぁと調べてみれば、他にも金戒光明寺、島原大門も高麗門でした。が、何のことは無い、江戸時代以降多く築造された形式だそうで、普通に良くある門なのでしたがく〜

 

 

本堂  昭和45年(1970)に再建。

昭和37年(1962)に全焼し、本尊 地蔵菩薩像を含む多数の寺宝を失いましたが、新しい御本尊延命地蔵菩薩立像(重要文化財)が律宗総本山唐招提寺から遷され、昭和45年に落慶法要が行われたそうです。

 

 

本堂の少し側面から。とてもカラフルです。

 

 

千体仏塔  平成元年(1988)に壬生寺創建1000年を記念して建立されました。明治期の京都市区画整理の際に各地から集められた石仏です。室町時代からの阿弥陀如来像や地蔵菩薩像などちょうど1,000体がミャンマーのパコダのように円錐形に安置されています。

 

 

中院  壬生寺に残る唯一の塔頭寺院。洛陽三十三観音霊場第二十八番札所。現在の御堂は文政12年(1829)の再建で、鎌倉時代に作られた十一面観音菩薩が御本尊です。福寿無量のご利益があり健康長寿に霊験あらたかな観音様だそうです。

 

 

大念佛堂(狂言堂)  安政3年(1856)の再建。重要文化財です。

この建物の二階部分で壬生狂言が演じられます。 綱渡りをする「獣台」、演者が飛び込んで消える「飛び込み」など能舞台には見られない装置がある特異な建造物であることから、国の重要文化財に指定されているそうです。

壬生狂言⇒ウィキペディア

 

 

阿弥陀堂  平成14年(2002)の再建。現代の新しい建築で、阿弥陀三尊像(阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩)が安置されています。また地階には壬生寺資料室があり、寺宝や新選組関連の資料が展示されています。

新撰組隊士が合祀されている壬生塚はこの阿弥陀堂から入ります。(200円の入場料が必要でした。)

 

 

壬生塚は池の中島にあり、新撰組隊士のお墓や近藤勇の胸像があります。

左は芹澤鴨と平山五郎、真ん中は隊士7名の合祀されているお墓。右は 河合耆三郎のお墓(墓碑は河合の親族が建立)です。

 

 

 近藤勇の胸像。俳優の故・上田吉二郎氏によって建てられたものです。

局長〜! せっかくですから、横顔も。

 

 

左は一夜天神堂  嘉永5年(1852)の再建。「一夜天神」の名は天神・菅原道真が流罪になった時に、この地を訪れ一夜をあかしたという故事に由来しているそうです。学業上達のご利益。

右は弁天堂  明治27年(1894)の再建。本尊の秘佛・辧財天は、清水寺の延命院より移されたもので、子孫繁栄・金運上昇のご利益があるそうです。

 

 

左は水掛地蔵堂  堂内の地蔵菩薩(石仏)は江戸時代中期の作。水を掛けながら祈ると、一つの願いが叶うと信じられ、「水掛地蔵」と呼ばれています。

右は稲荷明神が祀られている、壬生川の地名に由来した三福川稲荷堂で、五穀豊穣・商売繁盛のご利益を伝えています。(ほかの三社は表門から本堂までの間にありましたが、この稲荷道だけは北門の近くにありました。)

 

壬生寺

三井寺の僧快賢が正暦2年(991)に創建した律宗の寺院。その後火災により堂宇を焼失。平政平によって正元元年(1259)再興され、中興の祖・円覚上人が悪疫駆除のため壬生狂言を始めたことから信仰が盛んになった。新選組ゆかりの寺でもあり、境内の壬生塚には新撰組隊士の墓塔が祀られている。

 

かつては兵法の調練場となり、砲術や剣術の訓練をしていた境内。(仏教は殺生禁断ですから、きっと迷惑なことだったでしょう。)そして、150年以上経った今は、老人ホームや保育園が建っています。

 

壬生寺のHPはこちら

Googleマップ

 


佛光寺 繁華街にあって ゆっくりできる寺院です。

場所だけなら知っている佛光寺に初めて足を踏み入れたときは 広い!大きい!立派な伽藍!と、びっくりしながら横断しただけでした。それが先月のこと。

徒歩で行ける範囲に何十年も住みながら一度も行ったことがなかったなんて自分でも驚いてしまいます。今度はちゃんとお参りもさせていただこうとまた訪れました。

 

境内に入って驚いたのは、立派な伽藍だけでなく、この大きなイチョウの木。来月には黄色く色づいて、地面に色鮮やかな絨毯が敷かれるのでしょう。この木は平成11年秋に下京区民誇りの木に選定されたそうです。形も佇まいもすご〜く素適な銀杏の木です。

 

 

高倉通りです。この通りになんと4つも御門が並んでいます。

 

 

こちらは勅使門(左)と玄関門(右)。

玄関門は一番右(北)にあり、その隣に勅使門がありました。

 

 

御影堂門です。

 

 

阿弥陀堂の正面にある阿弥陀堂門(本堂門)です。

 

 

阿弥陀堂。御本尊 阿弥陀仏、聖徳太子像、法然上人坐像などが安置されています。

 

 

阿弥陀堂と大師堂は立派な廊下で結ばれていました。その手前にある枝垂桜も大変見事で、前述のイチョウと同じく下京区民誇りの木に選定されているそうです。来春にはこの桜の満開の姿を絶対見に来るぞ!

 

 

大師堂。親鸞聖人坐像などが安置されています。

 

 

自由にお参り出来るようでしたので、入らせていただいた大師堂は広く厳かな空間で、須弥壇は黄金のイメージでした。その中央に親鸞聖人坐像があり、上方の額に聖人の諡号(しごう)である「見真大師」の意でしょうか、「見真」と書かれていました。また、このときは気がつきませんでしたが、両脇壇には了源上人・前住上人の絵像が安置されているそうです。

 

 

大師堂の広縁。荘厳な雰囲気です。

 

 

2014年11月にオープンした「D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学」のセレクトショップ。もともとあった「和合所」を改装して作られたそうで、何ともレトロな雰囲気がする建物です。

 

 

調味料・お茶・陶器・ステイショナリー・風呂敷・工芸品などなど・・多種多様。

人口あたりの大学と寺院、アート系職人はとても多いと思われる京都市ですから、こういうコラボはもってこーい!みたいな?

 

 

同じく上記コラボの「d食堂」。畳敷きに低いテーブルと椅子、これがほっこりするんです〜。そして東側に御簾(みす)とお仏壇、さすがは寺カフェです。つい手を合わせたくなりましたが、それをこらえてラテをいただきました。

 

 

「d食堂」は朝の説法などに使用されている「茶所」を利用しています。

D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学のHPはこちら

またこの建物の周りで読書をされている方、談笑をされている方も多かったです。くつろげる場所なんですね。

 

本山佛光寺(真宗佛光寺派)

親鸞聖人が越後流罪赦免後、山科に草庵を結ばれたことを起源としている。
聖人在世当時、真宗の教えは関東に広がりを見せていたが、聖人没後南北朝時代に第七世了源上人が活動の拠点を京都に置き、西日本一帯の布教活動に力を入れた。
元応二年(1320)、寺基を山科から今比叡汁谷(現 国立博物館辺り)に移し、天正十四年(1586)には豊臣秀吉の懇請により、五条坊門(現在地)に移した。
京都の中心部に移転して400年余り、その間も多くの苦難に見舞われたが門末の念仏相続の御懇念によって仏光寺の法灯は守り継がれてきた。(駒札より)

 

佛光寺はほとんど繁華街という立地ですが、境内に入ればその喧騒はなく、のんびりと落ち着ける寺院です。この辺りを通ったらまたふらふらと足が向いてしまうだろうな。

 

佛光寺のHPはこちら

Googleマップ

 

 


ビルの谷間 六角堂

街なかにあってこの近辺はよく通ります。それなのになぜか行ったことがない六角堂でした。

 

六角通りに面した山門。むし暑い日でしたが、ここをくぐった途端ものすごく涼しい!と感じました。

 

 

見上げれば、そこら中に千社札が貼られています。

 

 

明治10年(1877)再建の本堂。大勢の方がお参りされています。

手前に拝堂が設けられ、内陣には聖徳太子の念持仏と伝える本尊「如意輪観音像」(秘仏-御前立を安置)、脇侍に「毘沙門天立像」(重要文化財)、「地蔵菩薩立像」が据えられています。

また本堂の裏側にも多くの仏像が安置され、小窓から拝見することができます。

 

 

ビルの谷間だなーって改めて思います。しかもビジネス街。

 

 

親鸞聖人が29才のとき、毎夜叡山を下り六角堂に100日間参籠され、浄土真宗を開くきっかけを得ました。それに因み、この親鸞堂には聖人が夢告を授かるお姿の「夢想之像」・六角堂参籠の姿を自刻したと伝える「草鞋の御影」が安置されています。

それで毎晩叡山を抜け出していた時期に、現在法住寺に安置されている蕎麦食い木像をダミーとして置いていたのですねひやひや唖然

 

 

六角堂を創建した聖徳太子を祀っている太子堂(開山堂)。「南無仏」と唱える太子2才像や物部守屋と戦った姿を表す騎馬像などが安置されています。

当時この辺りにあった池で太子が沐浴をしたと伝えられ、その池の畔に僧侶の住坊が建てられたことから「池坊」と呼ばれるようになったということです。

 

ほんとにね、ビルの谷間に本物の白鳥が優雅に泳いでいるとは思いもよらないことでした。しかし、フェンスには「かみつきますので、近寄らないで」の注意書き。白鳥って噛み付くんですね!知りませんでした唖然がく〜

 

 

山門をくぐると右前方にある、中央にまるい穴の開いた六角形の石。この石が京都の中心であるといわれ、へそ石または要(かなめ)石と呼ばれています。

 

 

にこにこした十六羅漢さん。いつもやさしい顔つきで、穏やかに話をするように心がけてさえいれば、必ず良い報いがあるという教えだそうです。

左下にいらっしゃるのは、お参りに来られた方の願いを手のひらにやさしく包み込み、いっしょにお祈りして下さる合掌地蔵さん。

 

 

軒の瓦にも「六角堂」。

 

 

六角柳は願をかけると良縁にめぐまれるという縁結びの柳で、枝が地面すれすれまで伸びる姿から地ずり柳とも呼ばれています。

 

 

西隣のビルWEST18の展望エレベーターから、六角堂を眺めます。

エレベータの中から撮るのってむずかしいです。シャッター押そうとしたら動いてしまうし。ああ!ちょっと待って!、もう1回上って〜って、エレベータも毎日こういう観光客(私だけか?)を乗せていては、またかよ!?って、うんざりするでしょうねがく〜

 

 

1Fのスターバックスコーヒーから。全面ガラス張りのコンセプトストアで、緑の木々越しにこの建物を観賞しながらいただくコーヒーはまた格別?です。(できれば、お煎茶かお抹茶もほしいです。)

 

 

境内の西側にカラフルなニット帽を被ったお地蔵様が大勢並んでいらっしゃいます。

 

 

お地蔵様の前には可愛らしい鳩みくじがずらーっと。

 

六角堂頂法寺

紫雲山頂法寺と号する、天台宗系単立の寺院。西国三十三所第十八番札所、本尊は如意輪観音。本堂が六角宝形造りであることから、「六角堂」の名で親しまれている。
聖徳太子が四天王寺建立の用材を求めてこの地を訪れたとき、霊告によってこの地に御堂を建て、守護仏の観音像を安置したのが始まりと伝えられる。
建仁元年(1201)親鸞聖人が百箇日間参篭して啓示を受け、後に真宗を開宗する根源となる。また、華道池坊の発祥の地としても知られている。

(1974年から翌年にかけて実施された発掘調査の結果、飛鳥時代の遺構は検出されず、実際の創建は10世紀後半頃と推定されているそうです。)

 

「六角堂」は正式名称の「頂法寺」と言われてもピンと来ないですよね「八坂の塔」「法観寺」と同じように。あ、八坂の塔も聖徳太子が如意輪観音の夢告により建てたとされるものでした。


頂法寺六角堂のHPはこちら

Googleマップ

 


六角農場 街なかのスーパーの屋上に。

オープンして4年以上経っているので今更ですけど、先日初めて行ったものですから。

京都八百一本館は東洞院通を六角通から少〜し上がったところ、おしゃれなスーパーという雰囲気です。

 

その八百一本館の3F(屋上)に六角農場はあります。

 

 

奥に見えるのは農場の北から東に鍵形に設けられたレストランSAVORY

 

 

ここだけ見てると街なかにある畑かな?くらいにしか思えないです。

 

 

端の方には小さな小川が流れていました。

 

 

どうしても繁華街のビルの屋上には見えません。

 

 

階段脇の温室で可愛く育つイチゴたちモグモグ

また農場の片隅で小さな小屋を発見、覗いてみると蜂の巣箱がありました。ミツバチが受粉を助けるのだそうです。

 

エレベーターに乗り3Fで降りると、あらら、ここはどこですか?状態。

レストランのほかにコーヒースタンドホットコーヒーコーヒーキオスクがありましたので、ドリンクをいただきながら畑の眺めを楽しみました。私、田舎育ちのせいか畑の近くは妙に落ち着きますニコニコ

六角農場は近くに来たら必ず寄りたいと思うスポットでした。

 

京都八百屋一本館のHPはこちら

Googleマップ

 

 


1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM