詩仙堂 何もかも美しいです。

6月の下旬に「詩仙堂」に行ってみました。
詩仙堂は江戸時代初期の文人、石川丈山の山荘跡で国の史跡に指定されています。現在詩仙堂と呼ばれているのは、正しくはでこぼこの土地に建てられたと住居という意味の「凹凸窠(おうとつか)」で、「詩仙堂」とはその中の一室の名前です。

白川通りから曼殊院道を東へずっと登って行くと右側にひっそりと山門「小有洞(しょうゆうどう)」がありました。この先に宮本武蔵で有名な八大神社があり、「一乗下り松の決闘で名高き八大神社」と掲げられた看板が目立ちすぎて、うっかりこの山門を見過ごしてしまいそうでしたひやひや



山門から十数段の風情ある石段を登って、石敷きの小道に出ました(シャッター押し忘れてたかなぁ。その風情ある石段が撮れてなかった泣き顔)。この突き当りを左へ。



老梅関(ろうばいかん)」の門。後ろの建物と混ざってしまって・・趣のある景色のはずが、おかしな顔(バカ殿に似?)に見えてしまうのは一重に私の邪念のせい?



老梅関をくぐって、正面に堂宇とその上に「嘯月楼(しょうげつろう」。この建物の左手に、詩仙堂の名前の由来でもある「詩仙の間」がありました。



右を見ると白砂の向こうにまた小さな門「凹凸窠門」。この門のところまでは行けませんでした。



趣向をこらした「雲形の窓」。これがどうしても目に見えちゃうのよ唖然



書院から庭園。
人も多いですし、元々写真ヘタですから、なかなかうまく撮れませんがく〜
ところで、ここで寝っころがっている中年の方がいたのですけど・・お寺の書院で、しかも他の拝観者が大勢いるのに横になれるとは、すごい度胸です。きっと天井を観賞していたのでしょうねたらーっ



「詩仙の間」の左隣、「猟芸巣(りょうげいそう)」または「至楽巣(しらくそう)」という読書の間から庭園。
「詩仙の間」には日本の三十六歌仙にならった中国の詩家36人の肖像が、四方の壁の上方に掲げられていました。



庭に降りてすぐ左に岩に囲まれた小さな滝「洗蒙瀑(せんもうばく)」。蒙昧(モウマイ)を洗い去る滝の意だそうです。



「僧都(そうず)」ししおどしです。丈山自身も閑寂の中にこの音を愛し、老隠の慰めにしたということです。乾いたコンという感じの音でよく響いていました。



お庭の方から見た「嘯月楼」



百花を配したという「百花塢(ひゃっかのう)」とはこの辺りのことでしょうか。書院の前のお庭から一段下がったところにあります。



池の脇には半夏生・金糸梅などが、目立ちすぎないようにように上手に咲いている?



書院の前庭とはまた違う雰囲気。緑のシャワー。



茶室「残月軒」。近年になって建てられたそうです。



緑陰の中に紫陽花のブルー。

詩仙堂丈山寺
石川丈山が寛永18年(1641)59歳のときに造営し、没するまでの約30年間をここに住まう。四季それぞれに趣きがあるが、特に5月下旬のさつき、11月下旬の紅葉が有名。現在は曹洞宗の寺院。

丈山はここに凹凸窠十境を見立てました。
(一)小有洞(しょうゆうどう)(ニ)老梅関(ろうばいかん)(三)詩仙の間 (四)猟芸巣(りょうげいそう)または至楽巣(しらくそう) (五)嘯月楼(しょうげつろう) (六)膏肓泉(こうこうせん) (七)躍淵軒(やくえんけん) (八)洗蒙瀑(せんもうばく) (九)流葉はく(りゅうようはく) (十)百花塢(ひゃっかのう)
紫色の文字は写真のあるものです。

石川丈山(いしかわ じょうざん)
1583年(天正11年) - 1672年6月18日(寛文12年5月23日))
もとは武士で大坂の役後、牢人。一時、浅野家に仕官するが致仕して京都郊外に隠棲して丈山と号した。江戸初期における漢詩の代表的人物で、儒学・書道・茶道・庭園設計にも精通していた。煎茶の祖とも言われる。(ウィキペディアより)
いつの時代にも居るんですね、マルチな天才! 因みに以前にUPした渉成園(枳殻邸)も丈山が手がけた庭園です。

詩仙堂のHPはこちら

 

Google map

ところで、我が家の庭にもししおどしが欲しいです。畳一畳分にも満たない雑草が生い茂る風情ある庭園ですががく〜唖然

 


圓光寺・・十牛の庭 水琴窟

左京区、一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺院、圓光寺です。詩仙堂の後に訪れました。


山門です。詩仙堂に行く坂道の途中で見た案内板のとおりに、細い道を北に曲がってしばらく歩くと右側にありました。かつては紅葉の穴場と言われていたそうですが、オフシーズンにもかかわらず観光タクシーが何台か通りました。今はもう有名な穴場なんですね???たらーっ



山門をくぐって拝観受付でもらったパンフレットをパラパラとめくりながら、なだらかな階段を上りきると、奔龍庭が現れました。
白砂を雲海に見立て、天空を自在に奔る龍を石組みで表わした平成の枯れ山水。あえて未完のままになっているそうです。うっかり白砂に足を踏み入れてしまいそうで恐かったひやひや 



奔龍庭から中門をくぐって十牛の庭に入りました。枯山水の奔龍庭とは全く雰囲気が違ってこの緑!癒されます。



本堂前の盃型の手水鉢を用いた水琴窟はあまり例が無く古くから「圓光寺型」として多くの趣味人に愛されてきたそうです。左に立っている竹筒は音を聞くためのもの。人も多く、静寂に響く水琴窟の妙音という訳にはいきませんでしたが、近づくと澄んだきれいな、そしてなかなか面白い音色が聞こえてきました。

 

幅広の手水鉢の水面には建物や木々の影が映っています。中央にはこの季節の花、紫陽花が生けられていました。



十牛の庭は、牛を追う牧童の様子が描かれた「十牛図」を題材にして作られた池泉回遊式庭園で、牛に見立てた十の石が配されているそうです。新緑と苔の緑が美しいです。


 
洛北で最も古い池と言われている 栖龍池(せいりゅうち)です。紅葉時には映る紅葉と散紅葉で真っ赤に染まるのでしょうね。



鐘楼。後ろの竹林が爽やかです。



ものすごく暑い日だったのですけど、竹林は涼やかですね。意外に灰色っぽいのですけど、これは竹の種類によるのかな。



瑞雲閣の東にある夏椿。背後に栖龍池(真っ暗になってしまって、よく分からないけどがく〜)。
瑞雲閣には雨竹風竹図屏風、日本最古の木製活字などが展示されていました。

瑞巌山圓光寺(ずいがんざん えんこうじ)
慶長6年(1601)徳川家康は国内教学の発展を図るため、足利学校第九代学頭 三要元佶禅師を招き、伏見に圓光寺を建立し学校とした。圓光寺学校が開かれると、僧俗を問わず入学を許可し、多くの書籍を刊行した(孔子家語・貞観政要など--これらの書物は伏見版または圓光寺版と称されている)。その後、圓光寺は相国寺山内に移り、さらに寛文7年(1667)現在の地に移転した。寺内には本尊千手観音坐像(伝運慶作)、開山元佶禅師頂相、雨竹風竹図屏風(円山応挙作)、日本最古の木製活字約5万個がある。(パンフレットから)

圓光寺のHPはこちら

 

Google map


 


1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM