三嶋神社 長〜い歴史のあるとても小さな神社。

五条通と七条通りの間くらいにある渋谷通り(シブタニ通りね。シブヤじゃないのよ)を東大路から東に上って300mくらい、左(北)側のマンションの裏手にある小さな神社です。

前回記事の「香雪院」からは渋谷通を挟んですぐ近くです。

 

マンションの西側の狭い道を入るとすぐに三嶋神社の幟(のぼり)が見えます。

 

 

幟があるのは道路の右側、その向かい(道路の左側)が社務所で、しめ縄が張られていました。

 

 

社務所に沿って曲がると手水舎があります。

 

 

神社は道を挟んで向かい側、先ほどの幟(のぼり)があるところです。(この細長い敷地は鰻の寝床?)

 

 

社殿
主祭神は、大山祇大神(おおやまづみのおおかみ) 天津日高彦火瓊々杵尊(あまつひだかひこほのににぎのみこと) 木之花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の三社。

 

 

絵馬
ご祭神である大山祇大神のお使いが「うなぎ」だということです。2匹のうなぎが描かれたものは子授け、3匹描かれたものは安産祈願の絵馬だそうです。

鰻の供養祭である「鰻放生大祭」が三嶋神社の祈願所がある瀧尾神社(三嶋神社の南西約1,2km)で毎年10月26日に行われています。

 

 

揺向石(ようこうせき)
かつて牛若丸が参籠した際、夢の中に現れた翁より「早々に奥州に下るべし」との託宣を聞き、夢より覚めて再拝し翁の立ちどころを見ると、この大きな石があったという逸話があるそうです。この石は揺向石と言われ、妊婦が男子の授けを祈願し、石に手を触れてお腹を撫でると牛若丸のような立派な男子が授かると伝えられています。

 

 

鳥居上の神額
やっぱり鰻がいるのね。三嶋の三の字も鰻だなぁ。
 

三嶋神社
平安時代後期 子宝に恵まれないことを憂いていた後白河天皇の中宮・平滋子建春門院は子授けにご利益があるという三嶋神社に祈願し、皇子(後の高倉天皇)が誕生する。これを喜んだ後白河天皇がこの地に三嶋神社を勧請したのが始まりといわれる。
大変小さな現在の神社ですが、秋篠宮殿下が平成6年・15年と2度参拝されているそうです。

 

Googleマップ

 

また体調を崩してしまって、散歩は歩いて行ける範囲だけといういう言い付けを守ってます。乗り物に乗るようなら散歩とは言わないか・・。

 


香雪院 妙法院塔頭の尼院

「東山聖天尊」の石柱が建つ香雪院は、京都女子中学高校と付属小学校の間の道で渋谷通から南下したところにあります。東山七条の女坂(豊国廟参道)の入り口にも東山聖天参道の石標がありますが、あまり目立たないですね。
たま〜にこの道をを通ることもあったのに今までノーマークでした。ふと門の中をのぞいて見ると「ご自由にお参りください」の文字が見えましたので、それじゃぁちょっとだけと入らせていただきました。

 

山門。左に東山聖天尊の石柱が建っています。(良く見えないけど・・)

 

 

 

山門をくぐると右側に鎮守社と石仏さん達が並んでいました。

 

 

左手にあるこの門から更に中へ入らせていただきます。

 

 

門をくぐって左を見ると手水舎の奥にゾウさんの像。

聖天尊(歓喜天)は仏教の守護神である天部(インド古来の神が仏教に取り入れられて護法神となったもの)の一つで、象頭人身の単身像と抱擁している双身像の2つの姿の形像が多いということですので、それでここにゾウさんが居はるのかな?

 

 

石の鳥居の奥に弁天堂と本堂があります。

 

 

立派な鐘楼がありました。

 

 

手入れの行き届いた綺麗なお庭でした。

 

 

歓喜天が安置されている本堂です。

歓喜天は厨子などに安置され秘仏として扱われ、一般に公開されることは少ないそうですから、もちろん見ることは出来ませんでした。

 

 

弁天堂です。
両脇の板に弁財天十五童子出自由来が描かれていました。(十五童子は帰ってから確認しようと撮影したのに、ピンボケで良く分からなかった^^;)

 

 

弁天堂で頭上に目をやるとこんなに素敵な花天井でした。
 

香雪院

山号は宝山、天台宗の尼寺で妙法院の塔頭。本尊は聖天尊。
寛保年間(1741-1743) 妙法院23世・尭恭親王が、持仏の聖天像(慈覚大師が唐から持ち帰ったといわれる)をお祀りするための堂を妙法院の丑寅の方角にあたる場所に建て、庵を結んだことに始まる。江戸時代後期より衰微したが、明治初期1877年頃、初代・中島良湛尼以来、尼院として復興する。

1940年に香雪院を継いだ3世・中島湛海尼は、天台宗の尼僧初の最高位 大僧正となられた方だそうです。

 

Googleマップ

 

優しい雰囲気の素敵なお庭に、ちょっとだけと思いながら随分長居をしてしまいました。ところどころに美しい葉が茂っている蓮鉢がありましたから、お花の咲く季節になったらまた見に行きたいと思います。

 


養源院の紅しだれ

三十三間堂の東にある養源院さんは桜も紅葉もとっても綺麗な寺院です。

紅シダレはまだ間に合うかしら?と急いでやってきました。

参道脇にも大きくて見事な山桜があるのですけど、そちらはもう葉っぱだけ。ガーン!

 

本堂前の紅枝垂れ桜です。綺麗に咲いていました。

 

 

濃いピンクから白までのグラデーション。

 

 

緑の背景によく映る。

 

 

こちらの枝垂桜は別の木。そうとう背高のっぽですね。

 

 

例年は本堂をバックに桜の簾(すだれ)ができるくらい花も枝も多いのですけど、今年は少ない。昨年の台風のせいですね、きっと。

 

 

境内に観光客さんはまばらでしたから、可憐な八重の紅しだれを近くで気兼ねなく観賞できました。

 

前回の養源院の桜の頃の記事はこちら(2013 …えっ! 6年も前?)。

東山七条周辺地図

Googleマップ

 


智積院と障壁画と梅の花

昨年の青葉まつりでン十年ぶりに再訪して以来、最近はちょくちょく境内を散歩したりしています。

今回は京の冬の旅/非公開文化財特別公開で堂本印象筆の宸殿障壁画などを鑑賞するために訪れました。

 

受付で指示された通り、収蔵庫で長谷川等伯・久蔵 親子の「楓図」「桜図」ほかその一門による桃山時代の豪華絢爛な障壁画を鑑賞した後、講堂から庭園、宸殿などがある区域に移ります。この通りに進まないと後々ガイドさんの説明を聞くのに支障があると思われます。

 

五色幕鮮やかな、講堂の廊下。

 

 

利休好みの庭。と言ってもこの庭園が出来たのは利休さんが亡くなった後で、想像して造られたということです。利休はんやったらこないにしはるやろうなぁとか?

現在修復工事中で、水は全部抜かれた状態でした。まぁ、これも珍しいかと。

ところで通常はなみなみとある透明度の低い薄緑色の池水、あれは故意に濁らせているのだそうです。

 

 

書院に面した築山は中国の廬山をかたどり、池水が縁の下まで入り込んでいる構造。座観式庭園であることから船に乗って見ている景色のようになるそうです。

しかし今回は寂しい冬枯れ様でした。池に水が無いし、築山も緑はほとんど無くて・・。(別の意味で枯山水?!)

 

宸殿拝観

宸殿と言えば皇室に関係する寺院が保有する建物、近くですと女坂を挟んで北隣の妙法院門跡にあるものを想像しましたが、智積院では賓客を迎えるための建物、言わば迎賓館の役割をしているそうです。

 

宸殿に入ってすぐ右手に「三山の間」という特に重要な部屋があります。袋棚・違い棚に大書院障壁画の一部が使われ、「十六羅漢図屏風(等伯筆)も置かれていました。畳の縁に使われている智積院の寺紋の桔梗柄は、この部屋だけが紫色、それだけ格式の高い部屋だということでした。

南向きの3部屋全てに堂本印象の障壁画がありました。西側の部屋には金地に松・桜・柳が大胆且つ抽象的に描かれた「松桜柳の図」。東の部屋は今回のチケットや看板にも使われている有名な「婦女喫茶図」。地はやはり金色で、テーブルでお茶する洋装と和装の婦人、よく見ると和装のご婦人の履物はサンダルだったりして。またテーブルに掛かる傘には寺紋の桔梗が描かれています。中央の部屋の「流水に鳶の図」「朝顔に鶏の図」「茄子に鶏の図」は水墨画(でいいのかな?)で、左右の部屋とは全く雰囲気の違うものでした。(以上ガイドさんの説明でなんとか覚えていたものの一部です。)

 

 

境内では梅の花が(その木によりますけど)、ほぼ満開でした。

明王殿と紅梅。

 

 

白梅と金堂。

 

 

紅梅と金堂、明王殿。

 

 

石庭の砂紋がハートでした。

バレンタインだから?ってことも無さそうです。以前に見た時もこんな感じでしたから(^^ゞ

 

 

 

 

 

今回の拝観の看板です〜。

 

昨年青葉まつりで収蔵庫や名勝庭園を拝観したときは、とても混んでいましたのであまりよくは鑑賞できませんでした。今回は良〜く見られましたよ。宸殿では1回見て帰ってしまうのでは勿体ないとガイドさんの説明を何回も聞くほど(^^;

 

東山七条周辺地図

Googleマップ

以前の智積院の記事 1 2

 


鮮やか!智積院の紅葉

6月の青葉まつりで拝観したときに青もみじの美しさに感嘆しました。これはもう紅葉の季節にも絶対来なくちゃって思ったのです。(11月28日の様子です。)

 

鐘楼の周りは圧巻の光景でした。

 

 

明王殿

 

 

たまたま僧侶をお見掛けしましたので。

 

 

この画像はクリックで拡大します。

同じモミジでも色のバリエーションが豊富。

 

 

もうね、どこを見ても

 

 

鮮やか過ぎます。

 

 

鐘楼の東側。目の覚めるような!っていうか、燃えるような!?

 

 

金堂

 

 

スマホで背景をぼかして撮るにはどうやるのや?と、とてつもなく機械音痴の私は数時間前に子供に教わって、これが記念すべき初ボカシ。(以前に偶然できたことがあったかも。もう忘れてるわ。これは得意技の記憶ぼかし。)

 

 

この画像はクリックで拡大します

 

智積院さんのもみじは葉の一枚一枚がとても綺麗だと思いました。

こんなに美しい景色があるのに意外に境内を散策されている方は少ないのですね。まあ、私も今まで知らなかった訳で。

この境内で一番多く聞こえた言葉は「綺麗だね〜!」でした(^^)/

 

しまった!境内の紅葉で満足してしまって、利休好みの庭の拝観を忘れてしまった。

 

Googleマップ

東山七条周辺地図

今年6月の智積院の記事

 


東山七条界隈の紅葉

ここ2,3日の間の東山七条周辺の様子です。紅葉の名所と言われるところではありませんが、お寺や神社があれば紅葉する木々も多いわけで、規模は小さくても楽しい散歩ができました。

 

妙法院

 

本堂の方から勅使門に向けて撮りました。

 

 

宸殿の東にある白龍弁財天の祠と池。

 

 

大玄関脇のモミジと、後ろの大きな屋根は国宝の庫裏。

 

 

宸殿の南側の障子に何かが反射しているのでしょうか、赤く映っていて綺麗でしたから・・もっと上手に撮れたらいいのにね(T_T)

 

どなたの姿も見かけることはなく、境内の景色をほとんど一人占めしていました。

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

新日吉神宮

 

本殿付近

 

 

 

 

 

モミジはそう多くはないけれど、何とは無しに風流な雰囲気がします。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

七条通り

京都国立博物館

特別展の「京のかたな」。早く見に行かないと終わっちゃうなぁと思いつつ通り過ぎる。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

養源院

 

数年前の紅葉シーズンにたまたま通りかかって、すごーく綺麗だったのを覚えています。

 

 

まだ緑の葉も多かった。

 

 

参道に鮮やかな散紅葉が敷かれるまで、後どれくらいかな?

 

 

歩いて数十分のところには人で溢れるお寺がありますけれど、この辺りは混雑することは無いと思います。人混みが苦手な人の散策にはいいですよ。

東山七条周辺地図

 


見応えあります。智積院。

先日智積院の青葉まつりに行ってまいりました。弘法大師空海と中興の祖 興教大師覚鑁(かくばん)両祖の誕生を祝う行事です。出かけるのが遅くなってしまったため、行事の一部は間に合いませんでしたが、大変趣深い拝観ができました。

 

入り口の冠木門。

 

 

鐘楼とその周辺の景色。青もみじが清々しい広々とした境内です。

 

 

金堂 入り口から東にまっすぐ歩いて行くと突き当たるどっしりとした大きな建物で、昭和50年に再建。ご本尊の大日如来様が安置されています。

以前の金堂は宝永2年(1705)に建立されましたが、明治15年(1882)に火災により焼失したそうです。

 

 

金堂から東へ。咲き競う紫陽花がずっと続きます。この階段の上の方はどうやら墓地のようでした。

 

 

色とりどりの紫陽花が、今が見頃と咲き乱れています。

 

 

東に上る階段から振り返って、金堂の後ろ側。

 

 

明王殿 ご本尊は不動明王様で不動堂とも呼ばれるそうです。

明治15年に焼失した本堂再建のため、かつて四条寺町にあった大雲院(現在は東山)の本堂の譲渡を受けたものだそうです。

 

 

大師堂 弘法大師空海のご尊像が安置されています。

寛政元年(1789)に落慶した府指定文化財です。

 

 

名勝庭園利休好みの庭と伝える庭園。築山・泉水庭の先駆をなした貴重な遺産といわれています。

 

 

実はこのお庭、とーっても若かった頃に1度拝観しています。そしてその時一目惚れしてしまったお庭です。ン十年ぶりのオバサンになってから見てもやっぱり素敵!おばさん好みの庭!(失礼)

 

 

書院からの眺め。って人を眺めてる・・。

 

 

書院の中から。

現在収蔵庫に移されている障壁画がかつてはここにありました。今は鮮やかで明るくてカラフルな撮影所のセットのようなレプリカが収まってます。個人の感想です(^^;

 

 

中庭になるのかな?石庭発見。

 

 

本坊の玄関から総門の裏を。七条通りが良く見えます〜って総門はちょうど七条通りの突き当り。東福門院(ウィキペディア)旧殿の門を移築されたそうです。余談ですが、北隣の妙法院の大書院と玄関も東福門院の建物を移築したものと伝えられています。

 

 

寺紋は桔梗紋。門幕の桔梗がかなり目立ってますけど、瓦にも。

 

 

明王殿の階段下から北の方を見ています。

 

 

講堂の西側あたりになるのかな?間違っていたらごめんなさい。とにかく境内も広いけれど建物も大きくて入り組んでいて、迷路のようでした。よく脱出できたものだと感心します。

 

智積院

山号は五百佛山(いおぶさん)、寺号を根来寺(ねごろじ)という。

真言宗智山派の総本山。元は紀州根来寺の塔頭であったが、豊臣秀吉の焼き討ちに遭い、学頭玄宥僧正は難を高野山に逃れた。慶長6年(1601)に徳川家康の恩命により豊国神社境内の坊舎と土地を与えられ、智積院を再興した。その後祥雲禅寺(秀吉が長男鶴松の菩提を弔うために1592年に建立)を拝領し現在に至っている。
収蔵庫にある長谷川等伯一門による豪華な襖絵(国宝)は祥雲禅寺以来のもので、桃山時代の代表的障壁画として知られている。庭園も桃山時代の作庭といわれ、築山と苑池からなる観賞式林泉で京洛名園の一つに数えられている。

 

前に訪れたのは学生時代。その時はささっと見ただけで、今になって記憶に残っていたのは名勝庭園だけ。この日は青葉まつりで混み合っていましたが、広い境内で青もみじや紫陽花を眺め、収蔵庫では国宝の障壁画も鑑賞させていただきました。

また日を改めて訪れたいと思う見応えのある寺院でした。

 

 

智積院のHPはこちら

東山七条周辺地図

googleマップ

 


積翠園

東山武田病院が閉院して以来、ずーっと来ていなかった積翠園。フォーシーズンズホテルになってからどう変わったかしらと、今回わざわざダイニングでランチをとって(^^; 久しぶりの散策をしました。

 

池の淵まで建物が迫っているので、池が大きくなったような気がします。

4月の中旬でしたが、桜はまだ綺麗でした。

 

 

あまり手入れのされて無かったお庭の印象しかないので、きれいになったなぁってびっくり!

 

 

これから青紅葉が美しい季節になるのですね。

 

 

池には大小二つの島があって、こちらは大島の畔に並ぶ夜泊石。不老不死の妙薬を積んだ宝船が停泊している様を表しています。

以前と同じはずなのですけど、茶色っぽかった水が綺麗に澄んで、雰囲気ががらっと変わりました。

 

 

数年前は池辺からこの石橋で大島に渡れましたが、今は手前に柵があってダメですがく〜

 

 

シャガが咲き乱れる、ダイニングのテラスの方から見ています。

 

 

池の東端。滝石組みがあるこの辺りは鬱蒼としていましたけど、随分と明るくなってました。

 

積翠園

平家物語に「小松内府の園地」と記されている平重盛(平清盛の長男)の山荘庭園と言われている。江戸時代は現在南に隣接する妙法院の境内となり元禄期(1688-1704)に改修されたが、現存する平安時代末期の庭園は数少なく貴重な文化遺産でもある。約1万平方メートルの敷地の中心に約3千平方メートルの池がある池泉回遊式庭園。

 

平家の山荘庭園から寺院へ、現代になって病院からホテルって、随分変わりましたけど、ずっと平安時代の遺構を残しつつ保存されていたのですね。以前は誰でも無料で散策できる、森閑としたお庭でした。さすがに行き届いた手入れはされていませんでしたが。

美しく雅に変身した積翠園、重盛さんが今の様子を見たら喜んでくれる?

 

ひとつ、以前に比べて残念なことは、鴨がいない!!鷺もいない!泣き顔 お隣の妙法院の小さな池にも先日見たときには鴨と鷺がいたのに。

 

 

 

私にとっては、京都専売病院から、東山武田病院と30年くらい通いつめた病院のお庭だったのですけど、もう自由な散策があまり出来そうも無くてちょっと寂しい気もします。今はホテルの庭園。今度はテラスでアフタヌーン・ティーでも・・あら、そういう新しい楽しみも出来ましたねラッキーニコニコ

 

Googleマップ(フォーシーズンズホテル京都)

東山七条周辺の地図

 


梅(妙法院)

先日大雪の日に境内を少しだけ撮影しましたが、今回は「京の冬の旅非公開文化財特別公開」でちゃんと?拝観しました。

3年ほど前にも拝観していますので、その時の記事で妙法院について少しだけ説明しています。こちら

 

撮影は建物内も中庭も出来ませんので、可愛い花が付いていた境内の梅の木だけ載せておきます。

紅梅。ほとんどツボミでした。花はまだ数えるほど

後ろは宸殿の縁側。

 

 

白梅。良い香りがしていましたよ。

 

 

ツボミがいっぱいニコニコ

 

 

仲良く並んで咲いてますニコニコ

 

以前に拝観した特別公開から特に目新しいというものはありませんでしたが、なぜかお寺は落ち着きます。それにしても寒かった!暖房の無いところで防寒服を着ずに説明をされる学生ガイド?さん、凍えなかったですか。私なら全身ホカロンです。

 

東山七条周辺地図

Google map

 

 


久しぶりに積もりました雪

普段は物ぐさな私でも、こういうときは朝から散歩するのです。

 

妙法院の山門です。白い点々はレンズの汚れじゃなくって雪です〜。

 

 

(この画像はクリックで拡大します。)

妙法院境内。

車轍が薄く付いている程度で、清々しいプチ銀世界を堪能できました。

 

 

女坂。妙法院の塀からのぞく木々。

 

 

新日吉神宮。鳥居から楼門。

ほとんど無彩色の世界にやっと色が付きました。それも鮮やかな朱!

 

 

新日吉神宮 舞殿。両脇の桜は雪の花。

 

 

東大路 七条から北に向けて。

歩道の雪が凍っていたりシャーベット状になっていたりと非常に通りにくい中、袴姿に弓を携えたお嬢様方とすれ違いました。三十三間堂に行かれるのですね。雪舞う中の通し矢!粋です〜(参加者には過酷でしょう)。

 

三年坂あたりへ行きたかったのですけどね、降り積もる雪の中、延々と清水の坂を上るのも、階段を転げ落ちるのもやだなー(転ぶと決めている)で、妙法院と新日吉神宮になりました。人通りが少なくていいです。

 

東山七条周辺の地図

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM