哲学の道をうろうろ

銀閣寺から哲学の道を南下しました。(先日の銀閣寺の続きです)
桜の季節でもないし、紅葉の季節でもない、まあ観光客さんの少ない時期ですね。それなのに近くを通る市バスはメチャ混んでた泣き顔


「哲学の道」と彫ってある石碑と、道に沿って流れる琵琶湖疏水の分線。京都ではだいたい川は北から南に流れるもの、しかしこの疏水分線は北向きに流れてるんです。が、水めっちゃ少ない!流れてるんだか留まっているんだか。



四季折々の景色を眺めているお地蔵様たち。「もうすぐ紅葉するな。」「永観堂のもみじを見に行きたいな。」「それは無理やろ、動いたらアカンさかいに。」「また今年も人間ウォッチングやな。」



洋風・和風、さまざまなお店があります。まあ、ところどころにね。



法然院の山門。
ちょっと法然院も見てみたいと寄り道です。この辺まで来るとほんとにひっそり。人の姿もあまり見かけず、銀閣寺とは打って変わった静けさです。



手水鉢に菊の花。
お寺の方の演出?風情がありますね。



放生池。



境内から山門。聞こえていたのは鳥や虫の声だけ。

法然院
鎌倉時代初め、法然上人が弟子の安楽・住蓮とともに念仏三昧の行を行うために草庵を開いたのが始まり。後鳥羽上皇の官女松虫・鈴虫が安楽・住蓮を慕って出家したことが上皇の逆鱗に触れ、法然上人は流罪、安楽・住蓮は死罪となり、後鳥羽上皇による宗教弾圧、「建永(承元)の法難」のきっかけとなった。その後草庵は荒廃したが、江戸時代初期、知恩院第38代門主万無上人が再興した。元は浄土宗内の独立した一本山であったが、昭和28年(1953年)に浄土宗より独立し、単立宗教法人となる。
通常伽藍内は非公開ですが、毎年、4月1日から7日までと11月1日から7日までの年2回、一般公開を行っています。
法然院のHPはこちら



左 西田幾多郎の歌碑。「「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」
哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけったということから「哲学の道」の名が付いたということです。春は桜、秋の紅葉も美しく、多くの観光客さんが訪れます。
右 ところどころに設置されている案内板。しかし名所旧跡だらけですね、この辺りは。



寄り道ついでに、安楽寺。



山門から境内を覗き見。

安楽寺
「建永の法難」のきっかけとなった法然の念仏道場の後身の寺。
後鳥羽上皇の逆鱗に触れて死罪となった弟子の安楽・住蓮、両上人の菩堤を弔うために、法然上人が「住蓮山安楽寺」と名付けた。毎年7月25日に行われるかぼちゃ供養が有名。
春と秋のお花の時期に併せて一般公開を行い、庭園をはじめ、本堂・書院を解放されているそうです。
安楽寺のHPはこちら



さらに寄り道、霊鑑寺。

霊鑑寺門跡
承応3年(1654)後水尾天皇の皇女を開基として創建され、歴代皇女が住職を務めた尼門跡寺院。別名「谷の御所」。御所人形や絵カルタなど皇室ゆかりの寺宝が多い。(通常非公開)



またまた寄り道、大豊神社。



左は稲荷社。右の大国社は昭和44年に創建されたもの。狛ねずみが人気者、ほんまに可愛いニコニコ

大豊神社
仁和3年(887)宇多天皇の病気平癒祈願のために、尚侍藤原淑子が勅命を奉じて少彦名命(すくなひこなのみこと)を奉祀して創建される。後に応神天皇と菅原道真が合祀された。鹿ケ谷・法然院・南禅寺一帯の産土(うぶすな)の神として信仰を集めている。昭和29年には古刹として京都市の名勝地に指定される。



こんな感じで続きます。紅葉にはまだ早いけど、ところどころ色づいてる葉もありました。



哲学の道のネコ猫 可愛いよう・・。
人だかりができていたので、何かしらと見に行きました。そういえば哲学の道はネコの多い道でした。今はこの辺りの野良猫さんたちは個人ボランティアさんによって不妊去勢されているそうです。安易に猫を捨てに来ないで!去勢したことが無意味になってしまう。ご飯をあげるときは食べ終わるまで見届けて、残りは持って帰って。というようなことが張り紙してありました。全くその通りですよ!



まだまだ寄り道、若王子神社。
入り口右に樹齢400年の梛(なぎ)の木の御神木があり、木の葉を用いたお守りは、あらゆる困難をなぎ倒す として知られているそうです。

若王子神社(熊野若王子神社)
1160年(永暦1)後白河上皇が紀州熊野権現を勧請して創祀した、永観堂の守護神ともされた神社である。京都三熊野のひとつ。

銀閣寺からずーっと下がってきて、哲学の道はここで終わりです。
疏水分線沿いを歩けば、琵琶湖疏水は明治の時代に100年先の京都を見据えて造られたんだよね、なんて思いを馳せます。かつて京都の大半を燃やしてしまった応仁の乱、乱後の荒廃した町を復興させるでもなく、東山殿(銀閣寺)の建設に財政を費やしたと言われる足利義政も、500年後の観光京都を見据えていたんですね唖然・・と思うことにします。

 

Google map
 


銀閣寺「東求堂」をうっかり拝観してしまったのです。

たまには哲学の道でも歩きましょうと、市バスに乗りました。法然院町あたりで降りるつもりがあまりに混んでいて、人を掻き分けて降りるの面倒、もう銀閣寺まで行っちゃえって。拝観するつもりは全然無かったのに「秋の特別公開、国宝東求堂」の看板を見て、うっかり入ってしまいました。滅多に見られないものはこういう機会に見ておこうという、歳をとったんだなあって感じるときでもあります。


この画像はクリックで拡大します。
まずは山門の数10m手前にある銀閣寺境内図です。(これは何年も前に撮ったもの)

銀閣寺の建立は文明14年(1482)室町幕府八代将軍足利義政公による。義政公は三代将軍義満公の北山殿金閣にならい、隠栖生活を過ごすため、山荘東山殿を造営。この東山殿が銀閣の発祥である。銀閣寺は俗称であり、正しくは東山慈照寺。義政公の法号慈照院にちなみ、後にこう命名された。(パンフレットより)


国宝「観音殿(銀閣)」まあ銀閣寺に来たとういことで・・。
義政公は一層を心空殿、二層を潮音閣と命名されました。銀閣と呼ばれるようになったのは江戸時代からということです。



銀閣寺といえば「観音堂」と富士山型の「向月台」、広大に敷かれた「銀沙灘」(ぎんしゃだん)。「向月台」、「銀沙灘」は白川砂を利用、1ヶ月〜1ヵ月半くらいで大規模な手入れをし、また大雨が降っても崩れることはほとんど無いそうです。砂はところどころ光っていて、月夜にはそれが更に反射するそうです。
この「向月台」を始めて見たわびもさびも無い20代の頃は巨大プリンに見えた。お腹空いてたんですね。今は体中サビだらけですが。



今回の特別拝観で公開された国宝「東求堂」(とうぐどう)です。
本来は持仏(護り本尊として身辺に置いて信仰する仏像)堂で、南側にある板敷きの仏間に阿弥陀如来を祀り、ここに義政公の像もあります。天井は本堂もそうでしたが、美しい折上小組格天井でした。
北東側の四畳半は「同仁斎」とよばれる書斎で、草庵茶室の源流、四畳半の間取りの始まりといわれているそうです。北面には左側に違い棚、その右隣の付け書院には書院飾り(当時の文房具?)が再現されていました。付け書院後ろの障子を1尺ほど開けるとそこから見える景色がまるで掛け軸のよう。四季折々風景がそのまま掛け軸になるなんて、高価な絵画よりも贅沢です。また、四畳半という狭さなので天井は重圧感を与えないように工夫された作りでした。
「東求堂」とは東から西方の浄土を求めるという意味だとか。



東山殿は西方寺(苔寺)を模して設計されたそうですが、苔も美しいですね。



お茶の井
義政公愛用のお茶の井跡で、現在もお茶会等の飲料水として使用されている。泉辺の石組みは、当時の遺構そのままであり、茶庭のつくばい・手水鉢の源流とされる(駒札より)。



展望所辺りから見えた観音殿。



庭園は池泉回遊式庭園の発祥とされ、どの角度からも観賞できるように設計されています。建物との調和もすばらしいです。



池の畔にあるこの木、珍しいことではないのかも知れませんが、2本かと思ったら下の方がつながっていましたよ。

特別拝観はまず本堂で、与謝蕪村、池大雅、富岡鉄斎の襖絵を拝見しました。普段は複製ですが、今回は本物だそうです。それから前述の「東求堂」、次に「弄清亭」(ろうせいてい)と回り、「弄清亭」では平成八年の改築を記念して制作された奥田元宗画伯の襖絵を拝見しました。襖をを何面も使った大胆で色鮮やかな画は圧巻でした。弄清亭は義政公お好みの香座敷で、公はここで香を聞き、詩を楽しみ、現在も志野流香道の香座敷となっているそうです。

特別拝観1000円とあったので拝観料と合わせて1000円かな?それであの東求堂が見られるならまあいいかと入ったのに、甘〜い!通常の拝観料500円の他に別途1000円が必要でした。しかも国宝を傷つけてはいけないと、リュックや角のあるバッグは預かるという徹底ぶり。銀閣寺の国宝ともなればウチの近所の国宝とはエライ扱いが違います。でも少人数ずつの拝観で、ゆっくり見られました。う〜ん、1000円が高かったのかどうか?まあ明るく楽しく、案内・説明してくれた係りのオバサマに一票。
(当然の事ですが、内部写真撮影は禁止でした・・1000円も払ったのに〜。まだこだわってる

京の町を灰にしたと言われる応仁の乱。その原因の一端は義政公あなたの隠居志向だったそうで、乱の後にこんな山荘造っちゃって。それが、文化面に多大な功績を残したわけで・・将軍には向いてなかったけど、芸術家・プロデューサーとしては大成功?

 

Google map
 


黒谷さん(金戒光明寺)の桜



お花見ついでに
先日円山公園に花より団子のお花見に行って、確か黒谷さんも桜の名所だよねって続きに黒谷さんまで足を伸ばしたのです。
あれ?それ程桜無いよ。”そうだ、京都行こう”でも黒谷さんがあったと思うのに。(そのCM京都じゃやってないので、YouTubeか何かで見た朧げな記憶・・しかもそれはしっかり紅葉の季節でした。)
家に帰って突然思い出す。あのCM紅葉だった!?
でもでも桜の名所でもあるようです。1本1本が古木でとっても風情がありました。

金戒光明寺(通称黒谷さん)は会津藩お預かり新撰組・・の会津藩が京都守護職として本陣を置いた浄土宗の大本山。

金戒光明寺のホームページはこちら

1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM