宵ゑびすに行ってみました。

なんと30年ぶりくらいに十日ゑびす(宵ゑびすですが)のお参りに行って来ました。

30年前・・あの頃は若かったわね(;´・ω・)

 

ゑびす神社の入り口がある大和大路は普段はそれほど人通りも無い静かな道です。しかし十日ゑびすの間は露店のお店や参拝客でこの時とばかりに賑わいます。(五条通から来たら摩利支尊天堂の幕が裏を向いている。そうか、この辺は四条通の方から来るのが正規のルートなんだ と 気がついた。)

 

 

大和大路に面した最初の鳥居。

境内はわりと狭いので参拝者でぎっしりかと思いましたが、今日はまだ宵ゑびす、しかも天候も良くなかったせいかすいすいと通れました。

 

 

境内の中の露店。この赤くて円いものは「人気大よせ」と言い、傘の下に紙の人型が沢山吊るされています。人が大勢集まるというもので、こちらの十日ゑびすだけに有る縁起物だそうです。(なぜかアジアの異国の雰囲気がします。)

 

 

さすがに拝殿の周りは大勢の方がいらっしゃいました。(人が集まるところ、モザイクだらけ(/_;))

 

 

奉納されていた「招福まぐろ」。回りにびっしりと霜が!凍っていてカッチカチなんでしょうね。

この画像では見えませんが、(拝殿から見て)お賽銭箱の手前まで網が張られていました(大丈夫!お賽銭はちゃんと入れられるようになってます)

 

 

こちらで福笹をいただきます(3000円)。笹と鈴を手にした巫女さんが舞を舞い、一本づつ清めていっらしゃいました。運よくあまり人がいないところを撮れました。巫女さんは綺麗な方が多かったです(*'▽')

 

 

いただいた福笹縁起物を選んで福娘さんに付けてもらいます。福娘さんも可愛い方が多かったです♪

 

 

拝殿の北側では、雅楽が奏されていました。

 

 

こちらゑびす神社の裏門です。表門から入り裏門から出るのがお参りの決まりだそうです。

 

 

普段はこの鳥居にゑびすさんのお顔と箕(み)があります。箕の中にお金を投げ入れることが出来ると、願いが叶うと言われています。この大勢の人がそれをやっちゃうとお金のシャワーになりそうだから、さすがに十日ゑびすの間は白布で覆われていますね。もし投げ入れできるのなら、フード付きのアウターを着てさりげなくこの下に立っているわ、私。(フードでこぼれ銭をしっかり受けとめるのです(^^ゞ )

 

 

ゑびすさんはお耳が少し遠いということで、この拝殿南側の板をトントンと軽く叩いてもう一度お参りをするのが習わしだそうです。そう言えばこの辺で「えべっさん!今年もよろしゅう頼んまっさ!!」という大きな声が聞こえてきました。

(板も破風も何気に新しい。始終叩かれているから傷みやすくて、お取替えの頻度が高いのかな?)

 

京都ゑびす神社

建仁2年(1202)、建仁寺の鎮守社として栄西禅師が建立したのが始まり。

西宮神社・今宮戎神社と並んで日本三大ゑびすと称され、「えべっさん」の名で親しまれている。

商売繁盛のは京都ゑびす神社独自の「御札」の形態が広まったもの。松竹梅の竹で縁起が良く、節目正しくまっすぐに伸び 弾力がある。葉が常に青々と茂る。という特徴から家運隆昌・商売繁盛の象徴となった(ゑびす神社のHPより)

 

京都ゑびす神社のHPはこちら

Googleマップ

 


今冬やっと出会えました、ユリカモメ。

先月が暖かかったせいか、今年は遅いなあ、例年なら11月中には来てるのに。なんてずっと思ってました。

 

やあ!今年は遅かったね。

 

 

川端通から毎年見るこの光景。見た目は可愛いのよね、見た目は。

 

毎年正面橋の辺りに早く来ることが多いので、今日はそこから歩いてみたのですけど、ぜーんぜん。まだかい!?ってもう道路に上がって、買い物に行った帰り、五条大橋で遭遇しました。おー、初ユリカモメ!と買い物袋を抱えて河原に走る高齢者。でも1羽が飛び立つとみんなくっついて行っちゃうのよね〜。君らには自分というものが無いのか!という上手く撮れなかった言い訳です。

 

 

仲良し、オナガガモさん♪

 

 

ヒドリガモさん。やっぱりシンクロですか。

 

 

まだユリカモメさん来てないようだし、つまらないわ〜と思っていたら頭上でアホ〜と鳴きやがって!

(`Д´)/

 


眩い絨毯 仏光寺の大イチョウ

去年の今頃は忙しすぎて、気が付けば美しいと評判の銀杏の絨毯は終わっていました。今年こそ見に行かなくちゃ!と昨日やっと機会に恵まれました。

 

明け方は雨が降っていたからどうかしら?と心配していましたが、本堂門からのぞいて見ると全然OK!

 

 

おもいっきりゴージャスな敷物です。

 

 

宗務所の東にもミニ絨毯がありました。

 

 

地面に広がる黄金色ばかり見ていましたので、たまには見上げてみましょう。

 

昨年10月の仏光寺の記事

Googleマップ

 

 


鮮やか!智積院の紅葉

6月の青葉まつりで拝観したときに青もみじの美しさに感嘆しました。これはもう紅葉の季節にも絶対来なくちゃって思ったのです。(11月28日の様子です。)

 

鐘楼の周りは圧巻の光景でした。

 

 

明王殿

 

 

たまたま僧侶をお見掛けしましたので。

 

 

この画像はクリックで拡大します。

同じモミジでも色のバリエーションが豊富。

 

 

もうね、どこを見ても

 

 

鮮やか過ぎます。

 

 

鐘楼の東側。目の覚めるような!っていうか、燃えるような!?

 

 

金堂

 

 

スマホで背景をぼかして撮るにはどうやるのや?と、とてつもなく機械音痴の私は数時間前に子供に教わって、これが記念すべき初ボカシ。(以前に偶然できたことがあったかも。もう忘れてるわ。これは得意技の記憶ぼかし。)

 

 

この画像はクリックで拡大します

 

智積院さんのもみじは葉の一枚一枚がとても綺麗だと思いました。

こんなに美しい景色があるのに意外に境内を散策されている方は少ないのですね。まあ、私も今まで知らなかった訳で。

この境内で一番多く聞こえた言葉は「綺麗だね〜!」でした(^^)/

 

しまった!境内の紅葉で満足してしまって、利休好みの庭の拝観を忘れてしまった。

 

Googleマップ

東山七条周辺地図

今年6月の智積院の記事

 


長楽寺の紅葉はまだこれから?

円山公園散策の後、数年振りに長楽寺を拝観しました。

 

公園を南から出て、東側の長楽寺に続く道。赤く染まった木々に誘われて、ついつい奥の方まで行ってしまいました。

 

 

長楽寺の参道。右のモミジはもう真っ赤!って、これはお隣の大谷祖廟のだと思います(^^;

 

 

山門です。階段とか、中の石垣とか、随分と苔むしてますね。

門をくぐって少し階段を上ると左側に拝観受付があります。今は収蔵庫で遊行上人秘宝展が開催されているので、拝観料は少し高めの650円でした。

 

 

相阿弥作の園池。駒札には「八代将軍義政の命により、銀閣寺庭園の試作として造園されたと伝える、東山文化のわび・さびの風情をとどめる・・」(一部より) と書かれていました。

今の銀閣寺の庭園は江戸時代に改修されたもので、創建当時の面影は余り残っていないそうです。そのせいでしょうか?こちらの方がわび・さびが感じられるような気がします(ただの素人の感想ですから)

それにしても樹木が多いお庭です。その分紅葉したら綺麗だろうなと思いますが、まだ色づき始めたばかりの様子。前に来た時も思いましたが、古くてこじんまりしていると感じます。それが趣があって良いのでしょうね。

いただいた境内地図で拝観所と書かれた和室(書院?)から観賞するのですけど、一見空いていると思ったら、意外に拝観者が途切れなくて、思うように写真を撮れません(ヘタなのはさておいて)。どういう訳か前に来た時とほとんど同じ撮り具合(>_<)

 

 

頑張って階段を上がって本堂です。この辺りではまだ青モミジが見られます。

 

 

本堂から下の方を見降ろすと、階段が幾重にも連なっているのが分かります。

 

 

建礼門院御塔

建礼門院(平清盛の娘で安徳天皇の母)が源平合戦の後、この寺に入り、髪をおろして出家された際の御髪塔。

 

 

平安の滝。東山山腹から湧き出る水です。この石壁の上の方、良く見ると石仏がいっぱい。

 

 

鐘楼の周りは少し紅葉が進んでいるようでした。たまに真っ赤な葉もあって綺麗でしたよ。

 

 

山門を出てから撮りました。だいぶ高い所ですね。

 

長楽寺

延暦24年(805)桓武天皇の勅命により最澄が延暦寺の別院として創建したのが始まり。当初は天台宗に属したが、室町時代初期に国阿上人が時宗に改宗。明治39年(1906)に時宗の総本山格であった七条道場金光寺が合併され今日に至る。
もともとは広い寺域を持つ高名な寺院であったが、江戸幕府の命令で境内の土地を大谷祖廟に割譲し、また明治初年には、境内の大半が円山公園に編入された。

境内後ろの山には頼山陽ほか、数多くの著名人のお墓がある。

 

紅葉が美しいことでも知られていますが、今回の訪問(11月25日)では、まだ早かったようです。

 

長楽寺のHPはこちら

Googleマップ

円山公園からちょっと南の地図

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM