平安神宮神苑 無料公開に行って来ました。

9月19日、暑いときは室内でゴロゴロ!がモットーなのに、無料という言葉にふらふらとなびいてしまいました(^^ゞ

 

応天門をくぐって、真正面の大極殿。雲一つない青空に人影のない白砂、これは撮っておかないと。

大極殿と左右の白虎楼蒼龍楼とそれを繋ぐ回廊。巨大な霊鳥が翼を広げたように見えます。

 

白虎楼側にある神苑入口から、まずは南神苑に入苑します。

昭和56年、南神苑に「平安の苑」が開設された日を記念して、この日は無料で公開されるのだそうです。

すごく混んでいるのかなと思ったらそうでもありませんでした。

この季節は何が咲いてるのかなと見渡すとほとんど萩、初秋の苑に相応しいお花なのでしょう。

 

 

南神苑に陳列されている、長年チンチン電車の愛称で親しまれてきた「日本最古の電車」です。

明治28年に日本最初の交通運送業電車として京都電気鉄道が運行したもので、後に京都市に合併され、昭和36年に廃止されました。平安神宮創建とも深い関係があることから京都市より払い下げを受け、記念として保存されているそうです。(説明板より)

 

 

昭和44年、野筋と遣水が設けられ、昭和56年には古今和歌集・源氏物語・枕草子など往時の代表的文学書に登場する草木約180種類を植栽して、王朝文化を偲ばせる「平安の苑」としたそうです。(駒札より)

この日は落ち葉がいっぱいであまり綺麗とは言えないけど、遣水に青空がくっきりと映っていました。

 

 

紅萩は可愛いですね。このお庭は白萩も多かったですよ。

 

 

オミナエシ。

あと、ススキもありました。秋の七草だ。

 

 

西神苑白虎池の端っこ。とっくに終わってる睡蓮と花菖蒲とか?春に来た時にはそれはそれは素晴らしかったです。また来年のお楽しみ。

 

 

西神苑から小川沿いに歩いて行くと中神苑蒼龍池に出ます。

 

 

逆さの景色も美しい。映った空は実際よりも濃い青でした。

 

 

円柱型の石柱を続けた臥龍橋は、天正年間に豊臣秀吉によって造営された三条大橋と五条大橋の橋脚が利用されています。公式HPによれば、この橋を渡る人には「龍の背にのって池に映る空の雲間を舞うかのような気分を味わっていただく」という造園家小川治兵衛の作庭の意図が織り込まれているそうです。

その臥龍橋を渡ってみました。池に落ちないことだけに気持ちを集中しなければならなかったので、雲間気分を味わえる余裕はありませんでした。が、多少の恐怖を味わえました(;´・ω・) 怖がりなので、ぴょんぴょんと渡って行ける人、羨ましいなぁ。

 

 

素敵な緑。でも水面は場所によってあまり綺麗じゃなかったの;つД`) この季節はこういうものなのかしら?

 

 

東神苑 雄大な栖鳳池

 

 

京都御所から移築された泰平閣(橋殿)。

意外に空いているなと思った神苑ですが、橋殿は満員でした。(シルバーシート作ってください(;´Д`)

 

 

明治末期から大正初期にかけて造られた東神苑は、御所から移築された泰平閣尚美館があり、広大な栖鳳池には鶴島亀島の二島を配しています。八重紅枝垂桜・さつき・椿など多様な花木が植栽され、また東山を借景とした神苑は明治時代を代表する名庭です。(駒札より)

 

6月の無料公開の日に比べるとだいぶ人は少なく感じました。咲いているお花もあまり無いですし、紅葉にはまだまだ早い。その分ほんまにゆっくり散策できました(´▽`)

 

平安神宮のHPはこちら

Googleマップ

 

 


多少涼しくなったかな?で、三年坂から少しの散歩。

暑すぎて散歩もめんどくさかったのです。何という物ぐさな。これではボケ街道まっしぐらだわ と、また三年坂から復活。何だか毎年これやってるような?

 

月曜日なのに意外に混んでるわね〜?って思ったら今日は敬老の日でした(;´Д`)

ボケ防止に散歩して、ボケてることを認識した誰からも敬われない老人です。

 

 

青龍苑の池の畔のススキ。もう秋の気配を感じます(まだめっちゃ暑いけど)

三年坂の階段を降りてイノダコーヒーを通り過ぎ、京漬物の西利さんの並びの門をくぐって奥に広がる庭園が青龍苑です。 Googleマップ

 

 

秋の気配と言いながら、青モミジもまだ綺麗!

 

 

二年坂も大勢の人。でもまあ、これくらいならね、大したことないか。

しかし、スタバをチラッとのぞくと人いっぱいですよ。

 

 

二年坂の建物の隙間から見える八坂の塔

 

 

スタバをあきらめたお年寄りは、もうそろそろ一休みしたいなと高台寺のスロージェットコーヒーへ。ここからの眺めが好きなんです。Googleマップ

 

 

10月30日オープンというパークハイアット京都が、維新の道を挟んだすぐそばに見えます。

 

そして冷たい飲み物をいただきながら景色を楽しんで・・・・・。家に着いた途端バタンと寝ました。

 

先月お盆のさなかに、貴船神社辺りは涼しいのではないかと行ってみましたらとんでもない!暑かった、混んでいた(;´・ω・)。で、突然具合が悪くなりました。場所が場所だけに何かにとり憑かれたのではないかいな?と思うほど。それからぐだぐだ生活をしばらく送って、やっぱり暑い時はゴロゴロに限るわという結論にたどり着きました(^^ゞ

 


五条坂 陶器祭りをぐるっと見てきました。

毎年8月7日から10日まで開催される 京都五条坂陶器まつりです。

 

五条通の北側歩道に並ぶお店です。

昼間はくら〜っとなるくらい暑いので、陽が沈みかけた頃に出かけました。それでも汗だくになる覚悟でしたけど、午後に一時雷雨があったせいか意外に涼しいです。

 

 

約40万人もの人が訪れ、出店数も約400店。見て回るだけでも楽しい陶器まつりです。

 

 

陶器まつりは若宮八幡宮の陶祖神様の祭礼から始まったと思っていましたら、五条坂陶器まつりのHPによりますと、大正9年(1920)、一級品として売れないものを六道珍皇寺の六道まいりに来られる大勢の方を目当てに陶器市を開き、安売りをしたのが始まりなのだそうです。昭和29年(1954)から若宮八幡宮の大祭となり現在に至っているということです。

 

 

五条通南側。こちらの歩道には若手の作家さんが多いと思います。素敵な器があるのですけどねぇ、なかなかのお値段で(^^; 

右側のこの塀は陶器まつりには全く関係ないです。ホテルでも建てているのでしょう。空き地が出来たな思ったらすぐに塀に囲まれてホテルやら、土地が狭ければゲストハウス等が建ってしまうのが今の京都、特に東山など観光地の現状です。(そういえば、この通りで塀が続く場所があと何か所かあったな。)

 

 

今夜は何も買いませんでした。というのは、お祭り初日でも、ゆっくり見て回っているうちに欲しいものが売れてしまっていたという経験を何度もして(何度もって、ほんまに学習しないオバハンだ)、今回は朝一番に娘が買ってきてくれました(*^^)v

 

陶器まつりは、8月10日まで。午前9時から午後10時までやっています。10時だって!夏の夜は楽しいわ。

五条坂 陶器まつりのHPはこちら

ブログ内関連記事(2013年の陶器まつり)はこちら

 


東山山頂公園 帰り道

前回記事のつづきです。(いい加減しつこいです。)

 

展望台です。街中は翳んで見えます。やっぱり空気が汚れてるのかな。

 

 

さあ、もう帰りましょう。ここから円山公園の方に下りるつもりです。

 

この先でも倒れている木を何回も見ました。昨年9月の大きな被害をもたらした台風から来月でもう1年。爪痕は残ったままなのですね。

 

お地蔵さまと道標。道標には 左 知恩院 四町 蛍が窟 参町 と彫られていました。

 

 

またまたお地蔵様。こちらはお花も飾られて綺麗でした。大分麓に近くなりましたから、何方かお世話をされているのでしょう。

 

 

山道に流れる細〜い川に架けてある橋(というより板)を渡って、少し歩くと突然現れた不思議な場所。大きな石碑には「法垂窟」とあります。「ほーたるのいわや」と読むそうです。(ほうたるじゃないのね。)さっき見た道標の蛍が窟 参町の「蛍が窟」のことでしょうか?距離的にも合うし。

 

 

通りかかっただけで写真もあまり撮りませんでしたが、気になったので後で調べてみました。ここは中国の僧 善導大師が法然上人の夢に現れ、専修念仏の道を説いたという伝承があり、また法然が法を説いた草庵跡、若き親鸞が六角堂で夢告を聞き、法然上人を訪ねた出会いの場所とも言われています。つまり浄土宗・浄土真宗にとっては大変貴重な場所のようです。

 

 

もう少し下って知恩院の鐘楼に出ました。

この後、知恩院の境内で夫の太腿が攣るという大変なアクシデントに遭いました;つД`)

 

道中たまたま撮影したキノコさんたち。

清水山の山頂に近い所にありました。

 

これは帰り道で。一瞬、金属でできてるのかと思った。

 

これも帰り道。赤くてキレイなすり鉢状。

 

 

円山公園に入ると満開のサルスベリの花が迎えてくれました。

 

 

小川もいつのまにか工事が終わって、水の流れがサラサラと気持ちいいです。

 

そして・・公園内でついに私の脹脛も攣ってしまいました(ノД`)・゜・。

動くの嫌いな夫婦が清水さんで予想外の大移動(普通の人では何でもない距離)をしたからでしょうか。い〜や、それが無くてもやっぱり攣ったと思います。だって2人とも恒常的に運動しませんから。坂道も滅多に登らないし。

たまたま携帯していた漢方薬、自販機のポカリスウェット、アクエリアス。あって良かった!

2016年の東山山頂公園(将軍塚)の記事はこちら

 

(この記事のカテゴリーは前回までと変わり円山公園・ねねの道〜にしました。)

 


東山山頂公園まで。

さて、気を取り直して、坂道を登りましょう。(前回記事のつづきです。)

 

前に来た時より何故か明るい山道だわと思ったら、木が少なくなってる?

 

 

そこかしこで倒木に出会うのは、昨年9月の台風のせいでしょう。

 

 

清閑寺山 石塔。(三年前の記事にも載せたなぁ。)

 

 

うわ〜!シンドイ、年取った!と言いながら歩いているうちに、そろそろ清水山頂上。(この画像も3年前と被ってる。)

ここまで来ても、ホーホケキョの声といっしょに道路を走る車の音が聞こえていました。以前はこんな所まで車の騒音は聞こえなかったと思うけれど・・。

 

 

お地蔵様を道中度々お見かけします。

前に来たときはお水やお花のお供えがあったと思いますが、今はお世話されてないようです。よし、この次来るときには持っていこう!この次っていつになるのか?それ以前に覚えていられるだろうか?と危ぶまれますが(^^;

 

 

清水寺に行く(下る)道は台風被害のため、通行止めになっていました。それで境内の登り口は閉鎖されていたのかしら?

 

 

通る度に気になるこの東屋。道から奥まった場所にあって、そこまで行きにくいです。使われることがあるのかな。

 

 

貯水池脇のこの階段を上っていきます。

 

 

この石碑が見えると山頂公園まであと少し。この碑については→(いしぶみデータベース)

 

 

着きました。あの柵の向こうは東山山頂公園!

 

 

何もないところですけどね。

 

 

右の平らな地面はヘリポート。

傍の東屋でコンビニのおにぎり🍙食べました。

そういえば、3年前もおにぎりだったなぁ。変化がないのね、ヨボヨボになった以外は。

2016年の東山山頂公園(将軍塚)の記事はこちら

 

Googleマップ

 

せっかく来たのだから、展望台から景色を眺めて帰るとしましょう。

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM